kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

何度も作った!我が家の「こんにゃく」殿堂入りレシピ…煮ても炒めてもメチャうま

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ぷりぷりの食感が美味しい「こんにゃく」。味にクセがないので、煮て良し、焼いて良し、炒めて良しと、いろいろな料理に活用できる便利な食材です。カロリーが低いので、量を気にせずおなかいっぱい食べられるのもうれしいですよね。

『kufura』では女性500人に、「家でよく作っているメチャうまこんにゃくレシピ」を教えてもらいました。皆さんがどんなこんにゃく料理を作っているのか、早速見ていくことにしましょう。

「おでん」「味噌田楽」やっぱり定番料理は外せない!

「おでん」(47歳/その他ほか)

「こんにゃくの味噌田楽」(33歳/その他ほか)

「こんにゃくの甘辛煮」(25歳/営業・販売ほか)

「こんにゃくステーキ」(26歳/コンピュータ関連技術職ほか)

「さしみこんにゃく」(28歳/主婦ほか)

「こんにゃくのきんぴら」(29歳/主婦ほか)

「玉こんにゃく」(40歳/総務・人事・事務ほか)

「筑前煮」(56歳/主婦ほか)

「牛すじ煮込み」(30歳/主婦ほか)

「どて煮」(24歳/総務・人事・事務)

「豚汁に入れる」(45歳/その他ほか)

「肉じゃがに糸こんにゃくを入れる」(24歳主婦ほか)

「すき焼きに糸こんにゃくを入れる」(39歳/主婦)

定番料理がズラリと並びましたが、いちばん人気はやっぱり「おでん」。だし汁がしっかりしみ込んだこんにゃくは格別の美味しさですよね。

「こんにゃくの甘辛煮」もかなり人気がありましたが、「こんにゃくとひき肉の甘辛煮」(40歳/主婦)、「こんにゃくとささがきごぼう、細切れ牛肉の甘辛煮」(56歳/主婦)など、こんにゃくといっしょにいろいろな具材を煮込む人が多いようです。

山形名物の「玉こんにゃく」は、さきイカやするめをつゆに入れて煮込むのがポイントとのこと。素朴な味わいの丸くてかわいらしい形のこんにゃくは、子どもから大人まで大人気です。

いつもの料理に加えれば新たな食感が楽しめる

「豚の角煮に入れる」(47歳/その他)

「鍋料理に入れる」(41歳/公務員ほか)

「スープに刻んで入れる」(41歳/その他)

「きんぴらごぼうに入れる」(45歳/主婦)

「炊き込みごはんの具として加える」(41歳/主婦)

「お好み焼きに入れる」(26歳/医師)

「カレーに入れる」(45歳/その他)

こんにゃくは味にクセがないので、意外とどんな料理に入れてもOK。味もしっかりしみ込むので、美味しくいただくことができます。こんにゃくを入れることで、あの独特な食感が楽しめるのはもちろん、カサ増しできるのもうれしいポイント。定番家庭料理の「カレー」に加えても美味しいそうなので、ぜひ試してみてくだいね。

〇〇の代わりに使えばカロリーもコストもダウン!

「しらたきをパスタの代わりに使ってカルボナーラ」(24歳/学生・フリーター)

「とうふの代わりにこんにゃくを使って麻婆こんにゃく」(36歳/主婦)

「タコの代わりに使ってタコ焼き」(76歳/主婦)

「鶏肉の代わりに使ってこんにゃくの唐揚げ」(62歳/その他)

特に多かったのが、パスタの代わりにしらたきを使うというレシピ。ご紹介したカルボナーラ以外にも、明太子やミートソースなど、どんなソースでも美味しくいただけるようです。カロリーを大幅にダウンできるので、ダイエット中の人にもおすすめ。

「こんにゃくの唐揚げ」は、1cm幅にスライスしたこんにゃくを一晩冷凍し、解凍して水けを拭き取ってからめんつゆにくぐらせ、唐揚げ粉を付けて揚げていくとのこと。鶏の唐揚げと同じような味と食感が楽しめるのに、食費はグンと抑えられるのがいいですね。夕食のおかずはもちろん、酒のつまみにもピッタリです。

簡単で美味しい「炒める」レシピが大人気

「雷こんにゃく」(42歳/その他ほか)

「切った糸こんにゃくを明太子と青ネギといっしょに炒め、しょうゆで味付け」(29歳/主婦)

「こんにゃくと鶏肉のピリ辛炒め」(40歳/総務・人事・事務)

「こんにゃくとえのきのピリ辛炒め」(28歳/総務・人事・事務)

「こんにゃくとにんじん、ピーマンの塩昆布炒め」(25歳/その他)

「こんにゃくのガーリック炒めコンソメ風味」(55歳/主婦)

「こんにゃくをオリーブオイルで炒めて鷹の爪としょうゆで味付け」(72歳/主婦)

「ネギとこんにゃくを塩だれで炒める。七味をかけても美味しい」(32歳/主婦)

「糸こんにゃくをツナ缶といっしょに甘辛く炒める」(43歳/主婦)

こんにゃくを炒めるレシピも人気がありました。肉や野菜といっしょに炒めて、しょうゆや砂糖、鷹の爪などで味付けすれば、簡単に美味しい一品が出来上がるようです。和風味が大半を占める中、オリーブオイルを使ったり、コンソメを使って洋風に仕上げるレシピもあったので、ぜひ皆さんも試してみてください。

「こんにゃく×たらこ」の相性抜群!まだある…こんにゃくを使った絶品レシピ

「こんにゃくを豚バラ肉で巻いて甘辛く味をつける。ボリューム満点でもカロリーは低いのでおすすめです」(26歳/学生・フリーター)

「こんにゃくの天ぷら」(36歳/総務・人事・事務)

「アク抜きしたこんにゃくをキムチの素で煮込むと美味しい」(32歳/営業・販売)

「たらことこんにゃくを砂糖としょうゆで煮込む」(44歳/学生・フリーター)

「茹でたしらたきを千切りにんじん、たらこといっしょに和える」(65歳/主婦)

いろいろなレシピがありましたが、「こんにゃくの肉巻き」はボリューム満点でとても美味しそうですね。カロリーを抑えられるのも二重丸。「こんにゃくの天ぷら」も、ぜひマネしてみたいレシピです。

「こんにゃく×たらこ」はとても相性がいいようで、この組み合わせのレシピを挙げてくれた人も目立ちました。炒める、和える、煮込むなど、どの調理法でも美味しくいただけるようですよ。

いかがでしたでしょうか? こんにゃくは、思っていた以上にいろいろな料理に活用することができるんですね。こんにゃくレシピは、美味しく、簡単、ヘルシー! 今回ご紹介したレシピを参考に、ぜひ皆さんも新たなこんにゃく料理にチャレンジしてみてください。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載