kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

わかめスープで炊き込みご飯も!色々な「スープの素」を使った簡単アレンジ料理

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

気温が下がってくると温かいスープが恋しくなります。そんな時、重宝するのが「インスタントスープ」。お湯を注ぐだけで完成という手軽さが魅力です。そして、最近はスープ以外で料理に使う方も多いようです。

そこで今回『kufura』では、女性486人を対象に「カップスープの素」を使ったアレンジ料理を大調査! するとスープとして楽しむだけでなく、ご飯やパスタ、春雨、サラダチキンなどをちょい足ししている方、または料理の味付けとして利用している方など、さまざまな意見が集まりました。特に多かった「カップスープの素」ごとに、みんなのアイディアレシピを紹介していきます!

「わかめスープ」を使ったアイディアレシピ

「胡麻油、キムチ、ご飯を加えてクッパに」(34歳/その他)

「お餅を入れてお雑煮風」(38歳/金融関係)

「炊き込み御飯にする」(43歳/女性)

カロリー控え目でダイエット中でも安心して食べられると人気の「わかめスープ」。春雨や卵、野菜などでかさ増しするとの意見も多かったです。一方、ご飯を足す派は、キムチなどピリ辛食材も入れて、クッパ風に楽しむとの意見が目立ちました。

「コンソメスープ」を使ったアイディアレシピ

「コンソメスープに豆乳とカボチャを入れてカボチャスープにする」(21歳/その他)

「コンソメスープの素をつかってペペロンチーノ」(57歳/総務・人事・事務)

「ご飯を炊く時に入れて洋風炊き込みご飯にする」(42歳/その他)

「野菜炒めの味付けに使う」(55歳/主婦)

「トーストとチーズを浮かべて電子レンジでチン。オニオングラタンスープ風になり美味しい」(33歳/その他)

「コンソメ」とはフランス語で「完成された」という意味があるそう。素材のうま味を引き出したコンソメスープは、それだけで味が整っています。なのでカボチャ+豆乳でカボチャスープに変身させるなど、アレンジも自由自在。1袋(粒)加えるだけで、味がキマるのも魅力なようです。

「松茸風味のお吸いもの」を使ったアイディアレシピ

「お吸いものの素を水で溶かす。そこに溶き卵を混ぜれば茶碗蒸しに」(39歳/主婦)

「ご飯を炊く時に一緒に入れて松茸風味のご飯に」(43歳/主婦)

「お餅を入れて雑煮風にして食べる」(62歳/その他)

「松茸のお吸い物で、キノコ雑炊」(56歳/主婦)

「お吸いものの素を使ったうどん。だしとして使って塩気を調節。卵やねぎなどの具をのせる」(29歳/主婦)

「茹でたパスタとあえて和風パスタに」(42歳/その他)

「ご飯に松茸味のお吸い物を振りかけてお湯を注ぐ。ちょっと豪勢な気分のお茶漬けになる」(41歳/その他)

松茸の風味が楽しめるお吸いものの素。粉末の中には、商品によっては、かつお節粉やかつおエキス、醤油、海苔、しいたけなど、うま味成分がたっぷり入っているので、だしの素として応用できます。

今回のアンケートでも「茶碗蒸し」を作る際、愛用しているという方が多数。「お吸いものの素+水+溶き卵を電子レンジで温めるだけ。簡単に茶碗蒸しができます」(38歳/主婦)との声もありました。

「コーンスープ」を使ったアイディアレシピ

「濃いめに溶き“ポタージュフォンデュ”として野菜やパンなどをつけて食べる」(22歳/学生・フリーター)

「コーンスープの素を少なめのお湯で溶いて、茹でたそうめんを漬けて食べる。冬は特に美味しい」(36歳/主婦)

「フライドポテトにまぶす」(33歳/主婦)

「コーンポタージュの素でカルボナーラ」(21歳/学生・フリーター)

「クリームコロッケを作る際に使う」(34歳/学生・フリーター)

「コーンスープが入ったカップにパイ生地を乗せてオーブンで焼く」(36歳/総務・人事・事務)

「ご飯と溶けるチーズを入れてチーズリゾットにする」(48歳/総務・人事・事務)

「チヂミの生地に混ぜる」(42歳/主婦)

「コーンスープの素を濃い目に溶いたものをパンを捏ねる時、牛乳や水の代わりにして生地に練り込む」(37歳/その他)

「ホットケーキミックスに混ぜ込む」(36歳/その他)

今回、最も多くの方が挙げていたのが「コーンスープ」を使ったアレンジレシピ。使い方も、スープの素をそのまま粉末調味料としてまぶしたり、コロッケやグラタンのホワイトクリーム代わりにつかったり、生地にねりこんだりと様々。その他、「残ったシチューにコーンスープの素を入れて味を変える」(32歳/その他)といった面白い意見もありました。

「クラムチャウダーをグラタンに」など少数意見も紹介!

「トマトスープにミックスビーンズを入れてミネストローネ風に」(55歳/主婦)

「チゲスープの素にご飯を入れてチーズを乗せて電子レンジで温める。韓国風グラタンとなり美味しい」(36歳/主婦)

「クラムチャウダーをホワイトソース代わりに使ってグラタン」(27歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「中華スープにお酢とキムチとごま油、さらに麺を入れると冷麺風な味になる」(47歳/その他)

このほか、「中華スープに春雨や溶き卵を入れて豪華なスープに」(36歳/主婦)など、ベースのスープにお好みの具材を加えるといった意見が多かったです。

 

こんなにスープ以外の使い方があるとは! 驚きですね。

溶く水や牛乳の量で好みの濃さに調整できたり、バランスよく調味料が配合されているのでだしの素として使えるなど、想像以上に使い勝手がいいようです。お家にあるスープの素で、ぜひトライしてみてください!

 

文/鳥居優美

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載