kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

カルボにお茶漬け!真似したくなる「チキンラーメン」アレンジレシピ6つ

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

今年、発売60周年を迎えた「チキンラーメン」。シンプルにいつもの食べ方もいいですが、実はいろいろな食べ方があるようなんです。今回は、日清食品ホールディングス広報部・内田沙希さんから教えてもらった「チキンラーメン」を使ったアレンジレシピを紹介します。真似したくなる美味しいレシピが満載です。

つけ麺風に食す「つけたま」

<材料>

チキンラーメン 1食

卵 1個

ねぎ(お好みで) 適量

<作り方>

(1)チキンラーメンを作る。

(2)別容器に卵を割って溶く。

(3)お好みでねぎを入れる。

チキンラーメン×卵の組み合わせはテッパンですね! 「つけたま」は、つけ麺のように、チキンラーメンを溶き卵につけて食べるスタイルです。卵を麺にたっぷり絡ませて食べるのがおすすめです。

洋風アレンジ「カルボなチキラー」

<材料>

チキンラーメン 1食

卵黄 1個

パルメザンチーズ 大さじ1~2(お好みで)

クルトン 5個

黒こしょう 適量

<作り方>

(1)チキンラーメンを作る。

(2)1が完成したら、ザルなどで麺とスープを別々に取り分ける。

(3)麺が熱いうちに卵黄とまぜる。仕上げにチーズと黒こしょうをかける。

(4)別に取り分けたスープにクルトンを浮かべる。

チキンラーメンを洋風にアレンジしたメニューです。スープは捨てず、クルトンを入れたら、もう一品完成。麺料理にプラスして、旨みがギュっと詰まったチキンスープも楽しめます。

ご飯のお供に「ふりかけチキラー」

<材料>

チキンラーメン 1食

ちりめんじゃこ 約20g

黒ごま 適量

七味とうがらし 適量

<作り方>

(1)チキンラーメンを袋の上から細かく砕く。

(2)1と、その他の材料をよく混ぜる。

これらをご飯にのせて食べると、よく合うんです!

ちりめんじゃこの量はお好みで調整を。七味の量を多くするとピリっと辛味の効いた大人な味になります。

お夜食に「おぉ日本お茶漬けチキラー」

<材料>

チキンラーメン 1食

ごはん お茶碗1杯分

塩こんぶ ひとつまみ

ねり梅 1個

熱い煎茶 適量

<作り方>

(1)チキンラーメンを袋の上から細かく砕く。

(2)器にご飯を入れる。熱い煎茶を用意する。

(3)ご飯の上にお好みの量の1と塩こんぶ、ねり梅をのせる。

(4)煎茶をかける。

熱い煎茶をかけると、「チキンラーメン」の鶏ガラスープの味わいが広がります。「チキンラーメン」が“あられ”的な役割となり、いいアクセントに。わさびを入れても美味しそうですね。

親子で作ろう「お子様向けまるむすびチキラー」

<材料>

チキンラーメン 1食

ソーセージ 1本

ベビーチーズ 1個

ご飯 適量

<作り方>

(1)チキンラーメンを袋の上から細かく砕く。

(2)ソーセージ、ベビーチーズをひと口サイズに切る。

(3)2を具材に、まるおにぎりを握る。

(4)おにぎりに1をまぶす。

子どもも食べやすいひと口サイズのまるおにぎりです。いつもと違う味に、子どもも喜ぶかも! チキンラーメンはなるべく細かく砕くと、食べやすいです。

豪快なアウトドア料理「チキンラーめし」

<材料>

チキンラーメン 2食

白米 2合

卵 2個

水 430cc

ねぎ(お好みで) 適量

<作り方>

(1)ダッチオーブン等の鍋に、お米2合と水430ccを入れる。

(2)チキンラーメンを袋の上から細かく砕く。

(3)2を1の上にかけて、蓋をする。強火にし、沸騰したらその後弱火で、合計約15分で炊き上げる。

(4)火を止め、卵2個を真ん中に入れる。再び蓋をし、3分蒸らす。

(5)軽くかき混ぜ、最後に刻みねぎを加える。

コツとしては、予めお米は水につけておくと、おいしく炊きあがるとのこと。また、ダッチオーブン以外に、土鍋でも調理可能なので、お家で試してみてもグッド! 麺に味がしっかりついているので、食べ応えも十分。インパクトがあるので、おもてなしメニューとしてもいいかもしれませんね。

 

ちなみに「チキンラーメン」の生みの親・安藤百福さんは、チキンラーメンに冷ごはんを入れて“リゾットチキラー”として食べるのがお気に入りだったそうです。

他にも、チキンラーメンのトッピングとして、ごぼうサラダやトマト、いなりあげなど、意外と何でも合うようです。

スタンダードの食べ方もいいですが、たまにはちょっとひと手間、アレンジを加えて食べてみるのもいいですよ!

 

文/鳥居優美

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載