子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

さっぱりが旨すぎて箸が止まらない!「大根おろし」をたっぷり使ったレシピ集

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

料理をさっぱり美味しくするのに欠かせない「大根おろし」。根の部分には、タンパク質や脂質の消化を助ける酵素が含まれ、胃腸の調子を整えてくれると言われています。食材をあっさり食べやすくしてくれるので、残暑で食欲が落ちがちなこの時期に、ピッタリですよね。

今回はそんな「大根おろしをたっぷり活用したオススメレシピ」を20代から50代の女性486人に伺いました。早速、回答をみていきましょう!

一品が即完成!前菜・副菜・おつまみ

「大きい厚揚げをオーブントースターで焼きめがつく程度に焼いて、大根おろしをかけて更にポン酢または出汁醤油をかけるとお手軽おかずになります。香ばしさと大根おろしがマッチして美味しい」(39歳/その他)

「アボカドを輪切りにして大量の大根おろしをかけて醤油で食べる。甘くてめちゃくちゃ美味しいです」(50歳/コンサルタント)

「ほうれん草、なめこ、大根おろしを醤油、みりんなどで(面倒な時はめんつゆ)しばらく煮立たせてから、冷奴にかける。すごく美味しいしっかりとしたおかずになります。ダイエットレシピかなんかで見かけたのですが腹持ちも良いです」(41歳/主婦)

「たっぷりの大根おろしと麺つゆを混ぜたものにだし巻き卵、きゅうりのスライス、トマトのざく切りを入れて食べる。大根おろしと卵焼きがマッチして、暑い日や食欲のない時にピッタリ」(56歳/デザイン関係)

「じゃこ天を炙って3等分くらいにして、上からどっさり大根おろしとネギをかけてポン酢で食べます。あっさりしていてお酒のあてなどにもよく合います」(58歳/その他)

大根おろしと豆腐製品や野菜、だし巻き、練り物などを合わせれば、それだけでちょっとした一品料理に。家にある食材と組み合わせてできる手軽さもGOODです!

ガッツリジューシーを、さっぱりと!肉料理

「手作りハンバーグをフライパンで焼いて、直に大根おろしをフライパンの中にすって、ポン酢をかけます。ひと煮立ちして出来上がりです。美味しいです」(55歳/その他)

「鶏肉のみぞれ煮! めんつゆでカンタン味付け。大根の甘さとめんつゆの優しい香りが鶏肉をおいしくしてくれる!」(33歳/主婦)

「焼いた薄切りの豚肉(ロース又はバラ)の味付けに、すき焼きのタレ+大根おろし。お好みで万能ねぎのみじん切りをのせて。牛肉でもOK。丼にするもよし。味は市販のすき焼きのタレなので絶対間違いない味」(39歳/その他)

「ナスと豚バラのみぞれ煮。ナスと豚を炒めたところに大根おろし、醤油、砂糖、みりん、酒を加え、少し煮立てる。しっかりと味を含んだ大根おろしが、ナスや豚肉を包み込み、和食特有のほっとする味を楽しめます。お酒も進みそう」(25歳/その他)

「鶏肉を唐揚げにして、醤油、砂糖、酢、土生姜のみじん切り、青ネギの輪切りを加えた少し濃い目のタレを作り、揚げた鶏肉に大根おろしをのせて、そのタレを上からかけます。濃い目のタレが、大根おろしでほどよく美味しくなりますよ」(40歳/その他)

ちょっと重めなお肉メニューも大根おろしがあれば、さっぱりと仕上がります。ハンバーグなどは、大人は大根おろし、子どもはソース味と分けて食べるのも◎ですね。

身体にも、心にも優しい!味噌汁・汁物・スープ

「えのき、椎茸、なめこのきのこと大根おろしたっぷり味噌汁。大根は冷凍して、そのまますり下ろしてます。きのこと大根おろしで腸活と胃に優しいです」(41歳/主婦)

「すまし汁や味噌汁に入れ、すり流し汁にする。寒い日はカタクリでとろみをつけてもおいしい。とろみをつけたものを冷まして冷蔵庫で冷やすと、夏の食欲が落ちる時期にも美味しい」(59歳/主婦)

「大根おろしのお味噌汁。あらかじめ製氷皿で凍らせた大根おろしを用意しておき、好みの分量をお味噌汁に入れます。栄養価がアップするだけでなく、お味噌汁の具材が少ない時にはボリュームが出せます」(46歳/その他)

「大根おろしを使ったスープ。鶏がらスープとごま油で味付けして、野菜を一緒に煮る」(24歳/学生・フリーター)

大根おろしを汁物に入れることで、汁に旨みと栄養が加わります。元気がないときや食欲がないときも口当たりよく、するすると食べられるのもいいですね。

軽めのランチにピッタリ!麺・ごはん

「大根おろしと納豆のパスタ。醤油ベースで家にあるネギやオクラなど野菜を入れて食べる。小学校の給食で大根おろしが入っていたのを思い出して、オリジナルで作っています。ツナ缶も美味しい、味付けはその時によって違いますが、醤油ベースの和風がおすすめ」(34歳/その他)

「パスタにおろしをどっさり置いて、その上に納豆、かつお節(たっぷり)あればオクラ、お醤油を上からかけて出来上がり。あっさりとしてヘルシーな和風パスタになります」(52歳/その他)

「うどんに何も具がないとき、お汁に片栗粉を少し溶いたあとで、大根おろしをのせると体も温まり本当に美味しい」(57歳/その他)

「お蕎麦に胡麻油でさっと焼いた豚バラとナスなどの野菜、シソや茗荷などの薬味と大根おろしをたっぷり乗せて、麺つゆとラー油をかけて食べる」(35歳/主婦)

「大根おろしにちりめんじゃこと鰹節をまぶして、ごはんの上にのせてお醤油をかける。夏場の食欲が無いときも食べられます。ぽん酢もすっきりしておすすめです」(36歳/総務・人事・事務)

定番系和風パスタからうどん、そば、ごはんまで。大根おろしは、炭水化物との相性も抜群!  納豆やシラスなどのタンパク質をプラスすると栄養バランスもGOODに。大根おろしをたっぷりからめて召し上がれ。

臭みを消して、旨みUP!魚介類といっしょに

「鮭と大根おろしの辛煮。煮汁をよく含んだ大根おろしを鮭に絡めた、辛煮のレシピ。大葉と一味唐辛子が、風味のアクセントになっています。大根おろしは、最後に加えてサッと火を通すだけでOKです」(44歳/その他)

「サバフィレに片栗粉をつけて揚げて、甘酢だれをかける。その上に大根おろしとおろししょうがをのせて食べる」(36歳/その他)

「塩だらにたっぷりの大根おろしをのせて、ポン酢で食べる。おいしくてみんな大好きです」(38歳/その他)

「焼いた牡蠣の身を、大根おろしに漬け込む。牡蠣はあっさり食べやすく、大根は牡蠣の旨味を吸い込んで、何とも贅沢な味わいになります」(40歳/その他)

大根おろしの辛味は魚介類の臭み消しに役立つだけではなく、美味しさも倍増させること間違いなし! シンプルな塩焼きに大根おろしでいただくのも、煮汁などの味を大根おろしに染み込ませていただくのも、たまりません。

優しい旨味が加わってまろやかに!鍋

「白雪鍋。醤油ベースの出汁で作った水炊きの上に、たっぷり大根おろしをかけます。本当においしいです。出汁もまろやかになります」(52歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「みぞれ鍋。大根一本分をすりおろして、好きな具材と一緒にグツグツ煮込むだけです。締めはうどんかすいとんにするととっても美味しいです。たれはポン酢やわさびドレッシングなんかも合います。みずみずしい大根のおかげで、いつもよりたっぷり栄養をとれた気分になります」(34歳/主婦)

「みぞれ鍋。豚肉、タラ、ブリ、牡蠣、餅などの具材と一緒に大根おろしをたっぷりと食べられ、最後までおいしく味わえます」(48歳/その他)

「柔らかさが好きで豚バラを使いたいが、豚肉の脂分がつらくなってきた年代としては、たくさんの大根おろしが入っているみぞれ鍋に限る。消化にも良いし、味も好きにできるので、楽ちんです」(47歳/主婦)

寒い時期に欠かせないお鍋。大根おろしを加えると、旨みもアップします。小さいお子さんと一緒に食べるときは、大根おろしを一度流水で洗うと苦味が抑えられるそう。具材と大根おろしの旨みをたっぷり吸い込んだ汁も、ぜひいっしょに食べたいところです。

 

いかがでしたか? いろいろなメニューに使えて、美味しい「大根おろし」。ぜひ今回の皆さんのレシピを参考に、もっと食卓に取り入れてみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集