子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

女性454人に聞いた「レタスのあったかおかず」レシピ集。サラダだけじゃもったいない!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

年中スーパーマーケットに並び、食べる機会が多いレタス。よく買うけれどいつもサラダになってしまってちょっとマンネリ……という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回『kufura』では、生で食べる以外の「レタスの温かいおかずレシピ」を20〜50代の女性454人に伺いました。早速、回答をみていきましょう。

あったかレタスメニューと言えば、コレ!チャーハン

「卵とご飯、ベーコンと一緒に炒めて、チャーハンにする。味は創味シャンタンか、ない場合は塩胡椒と醤油と胡麻油で◎。サッと作れて、ボリュームもあり、レタスのおかげで色どりもいいです」(24歳/主婦)

「ソーセージ・卵でチャーハンを作り、味付けはマヨネーズと鶏ガラスープ、最後にレタス・醤油を数滴入れて軽く混ぜたレタスチャーハンが子供に大好評です」(39歳/その他)

「チャーハンにレタスをのせて食べる。冷凍食品のチャーハンをレンジで温めてからレタスをのせて食べますが、おいしいです」(40歳/その他)

「レタスのチャーハン!レタスをサラダにすると子供達はあまり好まないのですが、ベーコンもいれて塩コショウ鶏がらスープの素を混ぜたチャーハンなら食べてくれます」(29歳/主婦)

「カニカマや卵と一緒にカニレタスチャーハン。チャーハンのシャキシャキした食感とカニカマの食感がチャーハンに合ってとても美味しいです」(52歳/その他)

「チャーハン。レタスがいたむのがはやいので、色が変わってきそうになったらきざんでチャーハンの具にします。かさましになるし食感もいいし、使い切る時にべんりなメニューです」(52歳/主婦)

人気だった回答のひとつが、レタスチャーハン。筆者も大好きです! 脂っぽくなりがちなチャーハンもレタスを入れることでサッパリと仕上がります。シャキシャキのレタスがパラパラのご飯にベストマッチ!

優しい甘みが溶け込む!スープ・味噌汁・カレー

「レタスとウィンナーのスープ。シャキッと食感を残したレタスとウィンナーのジューシーな感じが美味しく食べ応えのあるスープができる」(45歳/主婦)

「レタスと卵の中華スープ。鶏がらスープの素を入れたお湯にレタスを入れ、片栗粉でとろみをつけた後、卵を投入。シンプルだが、レタスの甘みが出ておいしい」(40歳/主婦)

「レタスとミックスベジタブルとベーコンのコンソメスープ。レタスが柔らかくなってより甘味やうまみが増し、口溶けも抜群。おまけにレタスの他に2~3種類の野菜も摂れる。ベーコンや少々黒コショウを利かせたコンソメスープとも絶妙な味わい。朝のパン食にぴったりの一品です!」(42歳/営業・販売)

「トマト缶を鍋に投入、ベーコン入れて煮立てて、レタスを丸ごと入れて煮て食べる。チーズを足しても良い」(49歳/総務・人事・事務)

「レタスとトマトの中華スープ。レタスはしっかり火を通してトロッとさせるもよし、歯ごたえを残すもよしです。お好みでしょうがを効かせると体が温まります」(53歳/主婦)

「レタスとベーコンを白だしの薄めたスープにして、さっとレタスを最後に入れるだけなので、食感も良く美味しい」(43歳/主婦)

「レタスの味噌汁。最後の仕上げにレタスを入れ、さっと温めて出来上がりです。シャキシャキが少し残った感じが良いです」(46歳/その他)

「シナシナになるまで煮込んだレタスの水気を切って、カレーに入れる。カサが増すのと、カレーには本来ない、ちょっとしたシャキシャキ感が味わえて新鮮」(36歳/その他)

スープ・汁物に入れるという意見も多く見られました。さっと煮てシャキシャキでも、じっくり煮てクタクタにしてもおいしさは抜群です! 和風・洋風・中華とアレンジ自在なのもいいですよね。

シャキシャキの食感がたまらない!炒めもの

「細切りにした牛肉とキノコと一緒にオイスターソースで炒めるとご飯が進む」(35歳/総務・人事・事務)

「レタス入りの海鮮あんかけ。お好きな海鮮、シーフードミックスと鶏ガラスープでラストにレタスを入れて、とろみをつけて生姜をすりいれ完成です」(45歳/主婦)

「レタスのマヨネーズ炒め。オイルの代わりにマヨネーズを使うだけ。優しい味わい」(47歳/総務・人事・事務)

「ハムとレタスのソテー。ハム、レタス、塩コショウのみ。レタスのかさが減って沢山食べられるしさっぱりして美味しい」(49歳/その他)

「みじん切りのにんにくを炒めて豚肉を入れて火が通ったらレタスを入れて、塩コショーして鶏がらスープの素を入れて火を通してクタクタになる前にお醤油を少し回しいれる。レタスが縮むので沢山食べられます」(57歳/その他)

「シーチキンと一緒に炒めて醤油かコンソメベースで味付け。あっさりとした感じで手間があまりかからない。準備が面倒なときとか良い」(31歳/その他)

短時間ですぐ火が通るレタスは、炒めものにするとシャキシャキの食感がたまりません。炒めることで、レタスが味や旨みを吸い込んで、美味しさが格段にアップ! 濃いめの味付けでも優しい味付けでも、箸が止まらないこと間違いなしです。

レタス丸ごと食べられちゃう美味しさ!しゃぶしゃぶ・鍋

「しゃぶしゃぶでよく食べます。お手軽で、お肉や鰤と一緒に食べるとシャキシャキ美味しいです!」(30歳/学生・フリーター)

「レタスしゃぶしゃぶ。薄切りのお肉と一緒に食べるといくらでもいける」(44歳/主婦)

「レタスをしゃぶしゃぶする。程よい食感も残るし、おなかが膨れる。冷たくないのでたくさん食べられる」(29歳/総務・人事・事務)

「白菜の代わりに鍋に入れます。意外とシャキシャキ感は失われません」(56歳/その他)

「レタスの鍋が美味しいです。ベーコンとトマト、玉ねぎなどを入れて、トマト缶で煮ます」(43歳/主婦

白菜の代わりにしゃぶしゃぶや鍋にレタスを入れるという意見も。こってりお肉、あっさりレタス、と順番に食べるといくらでも食べられちゃいますね。またトマト鍋などの洋風のお鍋は、子どもにも喜ばれそうです!

絶妙な旨みが絡まってウマウマ!麺メニュー

「玉ねぎと牛肉と塩胡椒、醤油で炒める。ごま油で炒めてラーメンにのせる」(56歳/主婦)

「レタスのスープパスタ。コンソメスープにいれしんなりしたら良い」(39歳/その他)

「焼きそばにキャベツがわりに入れる。火がすぐ通るし優しい歯ざわりで焼きそばによくなじみいい味わいになる」(50歳/その他)

「インスタントの袋麺に入れるだけで味わいが変わって美味しく食べられる」(46歳/その他)

レタスと合うのは、チャーハンだけじゃない! 炒めたり、煮たりすると、麺とも相性良しです。ラーメン、パスタ、焼きそばなどはお手軽ランチにもピッタリ。しかも、子どもも大好きなメニューです。レタスって意外と主婦の味方なのかも!?

ロールキャベツ、ロール白菜だけじゃない!ロールレタス

「ロールレタス。少量の油を入れたお湯にくぐらせる。白菜やキャベツより扱いやすい」(37歳/その他)

「ロールキャベツのキャベツの代わりにレタスを使用したら柔らかくて美味しいです」(31歳/主婦)

「レタスでお肉を巻いて、ロールレタスにする」(26歳/学生・フリーター)

みんな大好きロールキャベツ! でもキャベツってちょっと剥きづらい……。そんなときはレタスを使いましょう! 作りやすく、料理の時短にもなります。薄いレタスなら、白菜やキャベツよりお肉感もUPしそうですね。

すぐ火が通るから副菜にピッタリ!和えもの

「レンチンしてポン酢をかけて食べる。手軽だし美味しい」(32歳/総務・人事・事務)

「レタスを軽く湯通ししてしぼり、すりおろし生姜とだし醤油で和えると、めちゃくちゃ美味しい」(50歳/その他)

簡単に火が通るレタスは副菜にも向いている野菜です。サッと火を通して柔らかくなったレタスにポン酢や醤油をかけるだけで、和えものの完成! 他にはオリーブオイルやレモン、ごま油などを使っても◎です。

その他こんな意見もありました

「レタスと玉ねぎと人参を入れてオムレツ。レタスは柔らかくなり、卵とよく絡んで美味しいです」(33歳/その他)

「豚バラで巻いたレタス串。トースターでチンするだけで楽チンだし、レタスのおかげでさっぱり食べられて美味しい」(39歳/主婦)

ふわふわ卵と舌触りよいレタスのオムレツはぜひ挑戦してみたいアイディアです。お肉の旨みを柔らかくなったレタスが吸い込んだ串も美味しそう! こちらはベーコンやハムなどおうちにあるものをアレンジしてでも良さそうです。

 

いかがでしたか? 今回のアンケート調査では「レタスは生でしか使わない」という意見もありましたが、こんな美味しそうなおかずがお手軽にできるなら、たまにはあったかメニューにしてみてもよいかもしれません。ぜひ、温かいレタスの食感や優しい甘みを楽しんでみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。