子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

年末年始は「みかんのむきかた」で家族一緒に盛り上がろう!#1【へびのむきかた】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

日本の冬のくだものといえば、みかん! こたつといえば、みかん! ですよね。

そんなみかんを、ただむくだけではもったいありません。工作えほん『あたらしいみかんのむきかた』(小学館)には、下描きに沿って切っていくだけで動物のかたちになる“むき方”がたくさん掲載されています。

子どもから大人まで夢中になること間違いなしの「むかんのむきかた」。今回は”へび”、をご紹介します。動画をみながら、家族みんなで作ってみましょう。

みかんをむく前に…準備するもの

・みかん

みどりの作品にしたいときは、極早生みかん。みかんの無い季節は、オレンジ、夏みかん、はっさく、ゆずなどを使ってください。書籍担当者によると、「書籍制作時は、たくさんのみかんで試作しました。個人的にむきやすかったのは、静岡の三ヶ日みかんです。身離れがよいので、むくときに楽でしたね」とのことですよ。

・油性ボールペン

油性のボールペンなら、にじまずに細い線が描けます。編集部では口に入れてもいい「フードペン」も使ってみましたが、にじんでしまい切るころには線が消えてしまいました。

・小さいはさみ

細かい作業になるので、刃が短く、先の細いはさみがおすすめ。今回はお弁当(デコ弁)作り用のはさみを使用しました。はさみではなく、カッターを使ってもきれいに切れますが、子どもが使う場合は大人が一緒に使うなど、じゅうぶん注意してください。

・つまようじ

むくときに活躍するのが、つまようじや竹串。皮と果実の間の白いせんいを切りながらむくと上手にむけます。

さぁ、へびをむいてみよう!

難易度はそれほど高くないので、子どもにもおすすめです。

(1)下描きをする

真上からみかんをのぞいて、展開図のまんなかの図を描きます。つぎに、たくさん線がある図から描いていきましょう。

とちゅうで間違えたら、消しゴムの角を使うと消えます。やぶれやすいみかんの下描き線を消すときは、市販のエタノールを布に染みこませて拭き取ると消えます。(エタノールは子どもの手が届かないところで保管しましょう)

(2)切れ目をいれる

描いた線に沿って、はさみで切っていきます。深く刃を入れてしまうと果実が切れて果汁が出てきてしまうので、皮だけを切っていきましょう。

(3)あとはむくだけ!

コツは、とにかく焦らないこと!

特に細いところは慎重に。破れそうだったら、つまようじを使って少しずつ皮をはがしていくと上手にできます。

 

実際に作ってみましたが、むき終わって“へび”の形ができたときには感動します! 皮すべてを使って動物が描かれているので、ゴミが出ないのもすごい!

次回は、来年の干支「ねずみ」のむき方をご紹介します!

【参考】

岡田好弘作・神谷圭介絵(2010)「あたらしいみかんのむきかた」(小学館)

続編もあります!


岡田好弘作・神谷圭介絵(2010)「あたらしいみかんのむきかた(2)」(小学館)

工作絵本「あたらしいみかんのむきかた」の公式twitterアカウント(@ATARASHII_MIKAN)もあります。上手にみかんがむけた方は、ハッシュタグ #mikamuki つけて写真をアップすると、大晦日にコメントが返ってくるそうですよ。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。