子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

水や米だけじゃない!皆が「あえてネットで購入している食料品」とその理由とは

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

普段、食料品はどこで購入していますか? 仕事帰りに近くのスーパーに寄ったり、週末に大型ディスカウントストアでまとめ買いしたりと、自分の足を利用するほか、現代ではネット注文という方法もメジャーになってきました。そこで『kufura』では330名の女性を対象に、“あえてネットで買っている食料品”を調査。実店舗ではなく、ネットで買う理由も併せて教えてもらいました。

水、お酒、コーヒーなどをまとめ買い!「飲料」

「飲料水。ネットのほうが安いこともあり、重たいので玄関先まで届けてもらえるのはありがたい。重いし、ネットのほうが安いから」(31歳/デザイン関係)

「チューハイを大量購入する際は“Amazon”の定期便が安い。しかも送料無料です。とにかく価格が安い。スーパーで購入するより数千円単位で安いし、運ばなくてよい」(37歳/金融関係)

「ペットボトルなどの飲み物をケース買いする時はネットスーパーを使っている。重いものを運ぶ手間が省けるので助かる。子どもが小さいため、極力買い物の荷物を少なくしたい。ネットスーパーで子ども割引が適用されるので配送代が100円で済む。一緒に特売のものや、重い野菜類なども購入できる」(31歳/その他)

普段よく飲むものは、まとめ買いしている人も多いのではないでしょうか? 飲料の大量買いは、車であったとしても積み下ろしが大変ですよね。重いものを運ばずに配達してくれるネット注文は、一度やってしまえば次からも利用したいと思うはず。

そのうえスーパーで買うより安いのであれば、ネットを利用しない手はありません!

毎日食べるものだからこそこだわりたい「米」

「米。重いし、味もスーパーより断然美味しい。ポイントがつく日に買えば、送料を入れても店舗と変わらない、もしくは安い」(44歳/主婦)

「お米。美味しいごはんが食べたいのでお取り寄せする」(43歳/その他)

「お米。選択肢が増える。配送してもらえる」(48歳/女性)

近所のスーパーで取り扱っていない品種も食べてみたい! そんなこだわり派の方こそ、ネットを利用してほしいのがお米です。産地や種類が豊富で、その中から自分好みのものを探すことができます。

また、お米の一般的なサイズは5キロや10キロ。飲料同様、重いものは配達してくれると助かりますよね。

家ならゆっくり選ぶことができる「スイーツギフト」

「バレンタインチョコ。住んでいるところが田舎なため、百貨店に売っている美味しいチョコはなかなか買えないのです」(26歳/公務員)

「他人に送るもの。母の日にスイーツなど。送料無料のものを探して送っています。夫と相談しやすい。送料無料のものがある」(33歳/主婦)

「お菓子ギフト。いろんなご当地のお菓子がみられるから。いろんな所のお菓子がみられて、レビューとかもついているから買いやすいし失敗しない気がするから」(29歳/主婦)

誕生日や母の日などに贈るプレゼントや、挨拶代わりのお中元やお歳暮に、ネットを利用している人も。家にいながら複数のお店から、選りすぐりの品を送ることができます。

大切な人に贈るものだからこそ、過去に購入したことのある人が書いた商品レビューを参考にするという意見もうなずけますね。

遠方までは買いに行けないから…「ご当地品」

「遠い地域の食べ物全般はネットが便利です。特にうどんはよく買います。遠くて出掛けられないから」(46歳/主婦)

「ご当地限定ラーメン。日が持つし、特別感がある」(44歳/総務・人事・事務)

「遠くて購入することが難しいお菓子。通りもんとかマルセイバターサンド。購入するのが現住所では困難なので」(46歳/主婦)

通常はその地域や店舗でしか買えないものが、ネットを介せば購入できる商品も多々あります。旅先でしか購入できないのであれば、送料がかかっても、旅費と比較すれば安いものです。

食べ物には気を遣いたい「オーガニック食品」

「シリアル。添加物が入っていない商品で、店舗では見かけない」(36歳/主婦)

「ウインナーやハムなどの加工食品は、添加物の入っていないものをネットで購入。子どもが好きだから食べさせてあげたいが、添加物が気になる食べ物なので、なるべく安全安心のものを食べさせたい」(33歳/主婦)

「自然農法米。スーパーで取り扱っていないから」(39歳/主婦)

直接口に入るものだからこそ、その安全性が気になるものです。ネットでは莫大な量の商品が売られていますから、近くのスーパーには売っていないようなこだわりの商品も多数。自分や家族のためにいいものを、とネットを利用する声があがりました。

鮮度が命!「生鮮品」

「うに。取れたてを直送してもらった方が絶対おいしい」(47歳/主婦)

「顔の見える野菜。新鮮なうちに届く」(49歳/総務・人事・事務)

「生鮮品はスーパーでしょ!」と思われるかもしれませんが、ネットで産地から直送してもらえる商品も多数。農家や漁師さんからしても、新鮮なうちに食べてもらいたいと思うのが本音ではないでしょうか?

その他…ネットで買う理由・買わない理由

その他、ネットで買う理由には以下のようなものも挙げられました。

「夏場の冷凍食品。スーパーに子どもを2人連れて出かけると、どうしても時間がかかるので結構な割合で溶ける。ネットでは配送料がかからないお店もあるので、週に一回まとめ買い。冷凍食品の鮮度が保てる。寄り道しようとする子どもにイライラしなくて済む」(35歳/主婦)

「すぐ食べるもの以外はすべてネットで頼んでいる。買い物に行って無駄なものを買わないため」(27歳/その他)

「お茶。いろいろな産地のお茶農家さんから直接買う。お茶農家さんから直接買う事ですごく身近に感じる」(42歳/主婦)

子どもがいる、スーパーだとつい無駄買いが増える、など、それぞれの事情や思いがあることがわかります。

反対にネットで食料を買わない派の意見には、

「食料品は見て決めたい気持ちがある」(25歳/主婦)

「食料品は送料がかかったりすることも多いので、ネットでは買わないようにしている」(42歳/主婦)

といったものがありました。こちらの意見に共感する人も多いのでは?

 

みなさん、あえてネットで購入するのにはそれなりの理由がありました。

大手ECサイトでは買い物することによりポイントが付与されたり、ネットスーパーでは「○円以上で送料無料」といったサービスもありますので、上手に利用すればコストと時間の節約にも。

今まで食料品はネットで買っていないという人は、これを機に利用を検討してみてはいかがでしょうか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載