子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

奮発して豪華に!お正月だからこそ食べる「スペシャルなものランキング」TOP5

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

お正月といえば、おせち以外に、ちょっと奮発して豪華料理を味わうのも楽しみのひとつ。みなさんの家庭ではどんなごちそうで新年のお祝いをしますか?
『kufura』では、20代~50代の女性267人を対象に“お正月だからこそ食べるスペシャルなもの”をテーマにアンケート調査を実施しました。トップ5をご紹介!

第5位:マック、ケンタ、モス「高級食材ではなく敢えてファストフード!」・・・8票

「ケンタとモス、マック。おせちに飽きた頃に食べると美味い。いろんなものを沢山買ってシェアするのが楽しい。何も作らなくていいから楽」(24歳/その他)

高級食材よりもあえてのファストフード! あっさりしたおせちの後のジャンクな味は、格別なものがありますよね。筆者もここ数年、三が日にマックのグラコロを食べるのが恒例になっています。

第4位:ケーキ、アイスクリーム「スイーツ爆買い!」・・・31票

「デパ地下スイーツ。いつもはコンビニスイーツですが、ちょっと奮発します」(58歳/総務・人事・事務)

「デコレーションケーキのホール食い! 正月にシャトレーゼの1ホールを購入して食べます」(51歳/その他)

「ミスドの福袋を買って、その引換券でいっぱい買ってみんなで食べる」(42歳/主婦)

食事ではなく、スイーツ系を奮発しちゃうという人も。上記コメント以外では、ハーゲンダッツ、サーティワンといったアイスクリームを推す声もありました。寒い日に暖かい部屋でアイスを食べるのは至福のひとときですよね。

第3位:すき焼き、焼肉、ステーキ「いつもより高級な牛肉!」・・・45票

「黒毛和牛のすき焼き。ふるさと納税の返礼品のお肉をここぞと言わんばかりにふんだんに使用する」(49歳/総務・人事・事務)

「牛肉。地元の名物松阪牛をすき焼きにして家族で食べます」(38歳/その他)

「ミスジの肉を肉屋さんでキロ買いして、豪勢な焼き肉大会。焼き肉屋さんでミスジを大量に食べたら高いが、お肉屋さんで買うと1/4ほどの金額になるし、美味しいので、毎年の楽しみです」(50歳/総務・人事・事務)

「黒毛和牛のステーキ。これから1年頑張れるように自分と家族へのご褒美です」(53歳/主婦)

スペシャルデーのごちそうといえば、viva牛肉! すき焼きや焼肉など、家族で食卓を囲むとおいしさも倍増です。それにしても、みなさんのコメント内容の豪勢なこと……。ちょっとお宅訪問して、ご相伴に預かりたいくらいです。

第2位:冬の味覚の王様「やっぱりカニ!」・・・46票

「カニ。普段は買わない食材で、子どもと夫が楽しみにしているため」(42歳/その他)

「カニ。身がたっぷりのカニを市場で買ってきます」(42歳/その他)

「カニ。ここぞとばかりに正月は北海道から取り寄せた、カニを食べてカニでお腹を一杯にするのが至福のひと時」(46歳/研究・開発)

「毛ガニ、タラバ、ズワイのカニを順番に食べたい」(57歳/主婦)

僅差ながら牛肉を一歩リードしたのはカニ。牛肉は一年中、流通していますが、カニはこの季節ならではの特別感がありますよね。ちなみに、カニと牛肉を両方お取り寄せするという、うらやましい声もちらほら聞かれました。まさしくグルメ三昧ですね。

第1位:回らない店で奮発「いつもより高級な寿司、刺身!」・・・47票

「お寿司。回転ではなく高級なお寿司屋さんに行き、好きなものを好きなだけ食べる」(30歳/営業・販売)

「お寿司。いつもは回転寿司の持ち帰りだが、銀のさらなど回ってない出前をとる」(27歳/その他)

「刺身盛り。できるだけたくさんの種類のサクを買って豪勢に盛り付けたい」(54歳/主婦)

「ブリのブロック。自分好みの厚さ(約1.5センチ)に自分でカットして食べるのが年に一度の贅沢」(57歳/営業・販売)

“お正月だからこそ食べるスペシャルなもの”の第1位は寿司、刺身! 普段よりも高級なお店や素材で奮発するというコメントが続出しました。特に、お寿司はいろんなネタがあって、老若男女だれもが楽しめるという点でも、親戚の集まりなどにぴったりですよね。

その他、こんなごちそうでお祝い!

「てっちり。フグの季節ですから!」(31歳/営業・販売)

「モツ鍋。通販で美味しいモツ鍋をおとり寄せ」(32歳/主婦)

「毎年、朝のパンは近くの高めの菓子パン」(50歳/主婦)

「お酒。日本酒、ワイン、ウイスキーなどなど、いつも手を出せないクラスの、ちょっと良いものを買いそろえて、ゆっくり飲みたいです。今年は末の娘も20歳になったので、家族みんなで楽しめそうです」(56歳/主婦)

どのコメントからもお正月ならではの華やかな食卓の雰囲気が伝わってきますね。

 

以上、“お正月だからこそ食べるスペシャルなもの”ランキングをご紹介しましたが、いかがでしたか? 仕事に家事に育児にと、2022年もパワフルに活動すべく、お正月休みはごちそうで存分に英気を養ってくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集