子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「富澤商店」で見つけたごはん党アイテムが優秀!混ぜごはんの素からドレッシングまでご紹介!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

お菓子作りやパン作りの材料を取り扱う『TOMIZ 富澤商店(以下、富澤商店)』。パンなどほとんど食べない・作らない私にとって縁のないお店かと思っていましたが、よーく見てみると、おいしそうな混ぜごはんの素やお茶漬けの素があるではありませんか! しかも食べてみるとクオリティ高ッ!

前回の、食べ切りスナック編に続き、今回はごはん党&お酒好きも楽しめる“富澤アイテム”をご紹介します。

SNSでも話題の“混ぜごはんの素”

こちらSNSでも話題の「青唐辛子ご膳」「しょうがご膳」。どちらも二合用で429円(税込)です。

「青唐辛子ご膳」は、竹の子、青唐がらし、ぶなしめじ、人参、えのき茸、椎茸、茎わかめ、水菜、「しょうがご膳」はしょうが、ぶなしめじ、椎茸、竹の子、人参、せりが入っています。

使い方は簡単! 炊き上がったごはんに混ぜるだけ。

どちらも青唐辛子、しょうがのピリッと感が効いた大人味。味はかなり濃い目なので、2.5合に混ぜ入れて使ってもいいと思います。

疲れたときに手軽においしい混ぜごはんが食べられるありがたさから、固定ファンも多い商品です。

明らかにひと味違う!“料亭の味”のお茶漬け

左から『大盛食品』の「さけ茶づけ」291円、「真鯛茶づけ」302円、「ふぐ茶づけ」270円、「うめ茶づけ」172円(すべて税込)

永谷園の「お茶づけ海苔」が大好きで常備しています。なので“富澤”でこのお茶漬けの素を見たとき、お値段の高さに驚きました。何しろ“ひと袋”172~302円(税込)。もはや「これでおいしくなかったら許さない……」という気持ちでした(笑)。

しかしやはり“高い”からには訳がある !鮭茶漬けにしても、梅茶漬けにしても、

具の大きさが違う!
海苔の香りが違う!
1杯の満足度が違う!

つまりは料亭、贈答品の高級茶漬けの味なんです。これは最後、お値段納得でしたね~。

バラエティに富んだふりかけ

左から「辛子納豆」334円、「ごましおうめ」172円、「モロヘイヤ」226円、「梅とろろ昆布」334円(すべて税込)

そしてもはや“果てしなくあるんじゃないか!”と思うほどのふりかけラインナップ! 超ごはん党の私としては、見ているだけでドキドキワクワク(笑)。

海苔、たまご、かつおなど定番品もありますが、ちょっと変わった“ひとクセ”あるものもあり、それでこそ“富澤商店”!

上記の写真以外にもしそ唐辛子やみそごまアーモンド、おからなどもありました。ちなみにこのふりかけもお茶漬け同様、福岡のふりかけメーカー『大盛食品』が手がけています。

●辛子納豆
ホントに辛く、納豆の香りもかなりします。わが家は納豆が大好きなので、納豆を切らしたときや、納豆を混ぜることすら面倒なときに大活躍。が、納豆が苦手な人にはかなり強烈だと思います。

●ごましおうめ
まずいわけがない! ごま塩に梅が入っただけで「こんなにおいしくなるのか!?」というくらい。間違いないおいしさ。

●モロヘイヤ
青菜のふりかけでもなく、まさに“青汁の香りと味がする”ふりかけといえばイメージが沸きますでしょうか。単独だとシンプルなおいしさを楽しめますが、私は辛子納豆と混ぜ合わせて使うのも好きです。

●梅とろろ昆布
昆布のにおい強ッ! とろろが効いているのでお茶漬けに加えてもおいしくいただけます。

パスタに使うだけじゃもったいない「ペペロンチーノ」

ごはんから離れますが、この「ペペロンチーノ」302円(税込)も長年人気の商品です。

オリーブ油にこの「ペペロンチーノ」を浸しておき、あとはゆでたパスタをからめるだけの簡単パスタ・スパイス。なのですが、そこらの“ぺペロンチーノ”スパイスと違い、旨味が深い! めちゃくちゃおいしいんです!

なのでパスタだけに使うのではもったいない! 肉、魚、パンに使ってもいいですし、アヒージョ、自家製トマトソースの隠し味として使っても◎。

中でも魚介と相性がいいので、私はよく冷凍のえびとブロッコリー、マッシュルームをオリーブオイルで炒めて、この「ペペロンチーノ」だけで味付けをしています。おかずにもなるし、ワインやビールにも合う1品にもなります。

ドレッシングのラインナップも見逃せない!

「北海道道南産 がごめ昆布のうまとろドレッシング」「チョレギドレッシング」ともに410円(税込)

そして驚いたのが、“富澤”のドレッシングの品揃えの良さ! ごまドレやイタリアンなどよくあるドレッシングはいつものスーパーで買えばいいのですが、“ちょっと変わった”ドレッシングは“富澤”で探すのがおすすめ!

今回、購入したのは「北海道道南産 がごめ昆布のうまとろドレッシング」「チョレギドレッシング」。“がごめ昆布”は、木桶仕込みの本醸造醤油に、北海道道南産がごめ昆布とたまねぎ、ゆずの皮を加えたドレッシング。“がごめ”が入っているのでとろみあるテクスチャー。

“チョレギドレッシング”はごま油とにんにく風味のドレッシングにレモン果汁が入ったドレッシング。フライドガーリックのコクと香味が特徴的です。

“がごめ昆布”は、サラダに使ってもいいですが、私はお刺身をこれで漬けにして、海鮮丼にするのがおすすめ!

このバットで漬けにしている写真、見てください! めちゃくちゃ細かく“がごめ昆布”が入っているのがわかりますよね。しかもこれで漬けた“漬け”はしょうゆで漬けるよりもさっぱりしていて、食べやすいですよ。

チョレギドレッシングは、コクと香味があるので、やはりさっぱりとした野菜と好相性。わが家の鉄板である、「水菜とお揚げのサラダ」に合わせています。作り方は簡単。水菜をざく切りにし、そこへ乾煎りしたお揚げを混ぜ合わせ、チョレギドレッシングをかけるだけ。

 

いかがでしたか? 私のようなパン作り、お菓子作りをほぼしない人でも楽しめるアイテムが富澤商店にはいっぱいありました。他店で取り扱いがない“富澤オンリー”のものも多く、だからこそ買いに行く価値があるというもの! ぜひ、機会があったらのぞいてみてくださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集