子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

忙しい!疲れた!ときの救世主。「生協」の激うま冷凍食品6選

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

コロナの影響でおうちごはんの回数がぐっと増え、今まであまり冷凍食品を買わなかったわが家も以前に比べ、買う回数が激増! いろんな冷凍食品を試してみたのですが、中でも“生協の冷凍食品”はヒット! SNSなどでもコスパの良さとおいしさで話題ですよね。
今回は、我が家が推す6品を紹介します!

具材付き冷凍うどんは、まさに神!

『生協』のHPによれば、<『生協(コープ)』とは、正式には『生活協同組合』といい、数ある『協同組合』の一つです。一人ひとりがお金(出資金)を出し合って組合員となり、みんなで利用、運営しながら暮らしを向上させていくことを目的とした、消費者自身の組織です。

『コープ』とは、『協同組合』を意味する英語『co-operative(コーペラティブ)』からとったものです>とのこと。

私も以前は宅配を頼んでいましたが、今は実店舗利用ばかりの会員です。ただ家からちょっと不便な場所に店舗があるため、普段はつい「西友」や「いなげや」、「ヨークマート」にばかり行ってしまうのですが、先日久しぶりに「生協」に行ってみると、オリジナル商品に関してはとくに値段が良心的なことに感動!

そして、試しに買ってみた“具材付き冷凍うどん”がおいしくて、家族で感動してしまいました!

「生協」の冷凍うどん、めちゃくちゃ評判がいいのはSNSなどでなんとなく知っていましたが、こんなにも便利でおいしいとは!

きつねうどんもあるようですが、私が行った店舗には「10種具材の鍋焼うどん」516円(税込・以下同)と「国産野菜のけんちんうどん」516円(どちらも2食入り)、そしてカレーうどんがありました。私は“10種の具材”と“けんちんうどん”を購入。

どちらも具がうどんと一緒に冷凍されているため、具材を別途用意する必要なし! 味は薄味でやさしい味わいです。

仕事に追われてごはん作りができないときや、風邪を引いたときに、これが冷凍庫にあると本ッ当に!助かります。

しかも普通、こうした具材・つゆ付き冷凍うどんというと高いものだと2食入りで800円くらいしますが、これは税込みで516円。お値段的にも非常にありがたいんです。

売り切れちゃうこともある“冷凍オムライス”

“生協の冷食”の中でも高い人気を誇る「ふっくら卵のオムライス」213円(ちなみについ最近、新商品として「オムそばめし」213円も登場!)。

単なる偏見なのですが、私、こうした“出来合いの冷食”っておいしくないんじゃないかと思い込んでいるところがありました……。ですので、これを友達から勧められたときも疑っていましたが、食べてみたら普通にうまい! 冷食とは思えない!

袋に切り込みを入れて、あとは電子レンジでチンするだけで出来上がり! なのにおいしいんです!

夫も「これは、うまいわ!」と驚いていたほど。今の冷凍食品の技術ってすごいんですね~……。“ときには売り切れることもある”と言われるほど人気があるというのも納得です。

便利!ごはんや麺に使える「中華丼の具」

そしてこちらも「おいしい」と評判の「中華丼の具」386円。電子レンジでチンしてごはんにのせるだけで中華丼の完成です。

こういうのって、「あれ!? 具が……見えない!? 」というくらい少ないものもありますが(笑)、「生協」のものは白菜、キャベツ、たけのこ、にんじん、枝豆、きのこ、きくらげのほか、えび、いかまでも入ったゴロゴロタイプ。なので食べ応え抜群!

“町中華”の中華丼みたいです。ごはんのほか、堅焼きそばやラーメン、チャーハンの上にのせてもおいしいですよ。

おやつには「今川焼」と「ミニたい焼き」が推し!

どちらも電子レンジでチンすれば出来上がり(チンしたあとフライパンやトースターでちょっと焼いて表面をカリッとさせても美味)。あんこもやさしい甘さで、食べやすい味。

子どもたちは「ミニたい焼き」が大好きですが、私と夫は“今川焼“派。何がおいしいって、このふわっふわの皮がおいしいんです!

ぜひ1度食べてみてください。濃~く淹れた緑茶とよく合います。

 

いかがでしたか、「生協」の冷凍食品。ここでご紹介したのはほんの一部。まだまだ“名品”があると思います。ぜひ自分ならではの“名品”も探してみてくださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集