子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

レンジで本場沖縄の味!冷食なのにレベルがすごい「日清の沖縄風ソーキそば」【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

時折無性に食べたくなるものって、ありますよね。私にとって、そのひとつが「ソーキそば」! カツオだし香る優しいスープ、柔らかいお肉、あのなんともいえない麺のハーモニーがたまりません! ですが、これまでは材料はどこでも手に入るものではなく、お取り寄せか、物産展で購入していたので、“ああ、どうしても今食べたいのに!”と思いながら我慢した日もあります。

今はこの日清の「沖縄風ソーキそば」(近所のスーパーで税込274円)が冷凍庫に常備されているから大丈夫! 近所のスーパーやドラッグストアで手に入る冷食&レンジ調理でここまでの味が再現されるなんて!と驚いた一品です。

お肉、麺、スープ、具材ともにまさに沖縄ソーキそば!

沖縄料理でも人気の高い、「ソーキそば」。私は沖縄出身ではありませんが、一定期間たつとソーキそばが食べたくて食べたくて震えるくらい好きです(大げさ)。

ある日、楽天西友ネットスーパーでお買い物をしていると「沖縄風ソーキそば」を発見! これはソーキそば好きとしては買うしかありません。とはいえ、冷食ですしね、そんなに期待はしていませんでした。食べて、反省。かなり推せる美味しさです。

中身は、具材(ねぎ・かまぼこ)がのった麺、スープ、紅生姜が入っています。シンプルですね。

パッケージに書いてある作り方は……

(1)電子レンジで加熱する(600Wなら約4分)

(2)スープを作る(液体スープをどんぶりに入れ、熱湯300mlを注ぎよくかき混ぜる)

(3)盛り付ける(温めた麺と具を湯はねに注意して、どんぶりに移してほぐしたら出来上がり)

とめちゃくちゃ簡単。鍋でもできるそうですが、今回はレンジでササッと作って、早速実食です。

これは……

まごうことなきソーキそば!

さっぱりカツオだしに濃厚な豚だしが合わさった、優しい味の澄んだスープ!

うどんとラーメンの間のような、絶妙な硬さ(やわらかさ)の平打ち麺!

 

3cm×5cmサイズのソーキは、ジューシーで美味しい! 細い骨まで柔らかくなっており、全部食べられます。しっかりお肉を食べた気分になりますね。

その他の具材は少量ながら、ソーキそばの味をしっかり支えています。さすが日清さん、冷食ながらクオリティが高い! 特にソーキは感動もの。クセや臭みがなくしっかりとした味付けで、小さいサイズながらも満足感がすごいんです。

スープも普段は塩分を気にして残そうとしていますが、ついつい飲んでしまう美味しさ! ちょっと足りないときは、ごはんを入れて食べても良さそう。

私は主にひとりランチのときに食べていますが、子どもの夏休みなどの長期休みに楽チンメニューとして親子でランチにすることも。

お肉も入っているので、子ども受けもバツグン!

ただ、どうしても野菜が足りなくなるので、レンチンした青梗菜やほうれん草などをのせると◎です。

大好きだからこそ、唯一のマイナス点をあげてみます。薄い平麺だからか(また麺がちょっと日清の「どん兵衛」を厚くした感じだからか)、麺がややのびやすい気がします。普段はさほど感じませんが、撮影後食べたときは“いつもより若干麺が柔らかいなぁ”と思いました。

1〜2分ほど撮影に時間を割いているので当たり前と言えば当たり前ですが……。作ったら、即食べることをオススメします!

こちらの日清の「沖縄風ソーキそば」は店頭価格で200円後半〜300円前半と、手に取りやすい価格も魅力。沖縄そば好きな方はもちろん、お手軽ひとりランチのバリエーションを増やしたい方は、ぜひ試してみてくださいね!


ライター・小池麻美子

大手広告代理店にコピーライターとして10数年勤務後、専業主婦、ファッション誌ライター、WEB編集を経てフリーに。広告やWEBメディアで活動中。小学生男児の母。湘南在住。「日日是好日」をモットーに、迷いながら愉しく生きるアラフォーです。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集