子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

リピ買いしたくなる「おやつ」教えます!編集部員のお気に入り

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア『kufura』では、編集部メンバーが“これはイイ!”と思ったお気に入りのアイテムをご紹介する【本日のお気に入り】を連載しています。

その中から、今回は、編集部メンバーをほっこりさせてくれたこだわりおやつをピックアップ! お取り寄せできる逸品もあるので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

1:チャリティーにつながるクッキー缶!泉屋の「盲導犬アート缶」(2021年版1,620円・税込)

我が家は祖父母の代から、家族全員犬好きです。そのため私も筋金入りの犬好きに育ちました。
子どもの頃から“盲導犬”の姿を見ては、母と何度も“パピーウォーカー”のボランティアに申し込もうかと話し合いました。パピーウォーカーというのは、パピーを“立派に送り出すこと”が使命。しかし私も母も自分の“人間ができていないこと”はよーくわかっていましたので、いつもボランティアの話は頓挫していました。でも少しでも盲導犬の力になりたくて、長年、募金をしていました。

今から数年前。偶然通りかかったクッキーの「泉屋東京店」で何やらかわいい犬の絵が描かれた缶がありました。これが“盲導犬アート缶”との出会いでした。

そのときは“かわいい!”と思って買っただけでしたが、調べてみると「一般社団法人 盲導犬総合支援センター」のオリジナルデザインで、売り上げの一部は、こちらの盲導犬総合支援センターを通じ、補助犬育成及び障がい者の社会参加の支援活動に役立てられるとのこと。子どもの頃からなじみある“泉屋”さんが、こんな取り組みをしているとはこのときまでまったく知りませんでした。

この「盲導犬アート缶」シリーズは2016年よりスタート。「『泉屋東京店』のファンの人にも盲導犬支援の輪を広げたい」「ギフト向けのチャリティーグッズを作りたい」という盲導犬総合支援センターからの声かけからスタートした企画だといいます。

イラストを手がけるのは、セツサチアキさん。自身も犬を飼われていたため、犬たちの表情やしぐさがとてもリアルで、犬を飼ったことがある人なら“思い当たる”姿がたくさん描かれていて、犬好きに送るととても喜ばれるんです。

お菓子でこうした取り組みができるって、ちょっと素敵だと思いませんか?

今年4月に発売された「ねこ缶」1,512円(税込)

そしてこちらは今年4月に発売された「ねこ缶」1,512円(税込)。

「盲導犬アート缶」と同じ、セツサチアキさんがイラストを手がけています。筋金入りの犬好きですが、実はうちには猫もいるため、こちらも“推し”です(笑)。

中には8種類のクッキーが入っているのですが、今の時代に合わせてか、すべて個包装。こうした気遣いはうれしいですよね。
またオリジナルのミニ絵本も入っています。

盲導犬缶もねこ缶もかわいいので、食べ終わったあとももちろん“収納箱”として活用。子どもの折り紙やUVレジンの道具を入れています。

ライター・中田ぷう

2:カルビーポテト「黄金ポテト インカのめざめ」(1,080円・税込)は疲れたときのご褒美に!

「インカのめざめ」。この文字を見ると、パブロフの犬のように、ついついよだれが出る私……。ただのじゃがいもの一品種ではありますが、さすが希少品種。黄色の身の甘さと味の濃さといったら! もう、たまりませーーーん!

そんな「インカのめざめ」を使用した贅沢なおかしが、『カルビーポテト』の北海道限定商品「黄金ポテト インカのめざめ」。彦摩呂さんではありませんが、まさに黄金のスナック!宝石箱!なんです。

「インカのめざめ」は非常に甘みが強く、その味わいはさつまいもや栗に似ていると言われています。糖度に関しては、普通のじゃがいもが4〜5度、インカのめざめは6〜8度という説も。流通量がまだまだ少ないのが悲しいところです。

マチュピチュをはじめ、神話、文化、産業で有名な古代文明「インカ帝国」が再び目覚めるほど、衝撃的に美味しいというネーミングもいいですよね。

そのインカのめざめを使った贅沢なスナックをネットで発見。楽天ポイントがたまっていたのをいいことに、購入しました。旅行や物産展に気軽に行けない今、ネット通販でこういったものが手軽に買えるのはありがたいかぎりです。

上:濃厚な甘みと塩気のハーモニーが絶妙! 下:1箱に小さい小分け(18g)が8袋入り

前置きが長くなりましたが、いざ、実食です!

「本当に黄金色じゃん!」

パッケージを開けると、こがね色のスナック。

さてお味のほどは……あ、あああ甘い! インカのめざめらしい濃厚な甘みとスナックの塩気のハーモニーが、絶妙な美味しさ!!

中身がギューっと詰まっていて、スナックなのに罪悪感が薄い感じがします。スーパーで売っている黄色のじゃがビーとそんなに変わらないんでしょ?と思っていたことを正直謝りたいくらい。お、美味しい〜。

お値段が普通のスナック菓子の2〜3倍しますが、また食べたいと思える味。味の良さを噛み締めて食べるにふさわしい、カリカリの歯応えもいいですね。

小さい一袋18gを食べてこんなに満足度が高いスナックは、生まれてはじめてです! 子どもと一緒にバクバク食べるというよりも、大人がこっそり至福の時間に楽しむ、贅沢の極みの味わい、というのがふさわしい商品。

ちなみに、『カルビーポテト』はあの『カルビー』の原料部門が独立した北海道の会社で、じゃがいもにとことんこだわっているようです。「黄金ポテト インカのめざめ」はまさに産直! 美味しさの理由はこんなところにもありました。

インカのめざめ好きの方はもちろん、北海道のスイーツを購入する予定のある方に、ぜひおすすめしたい商品です。

ライター・小池麻美子

3:週一限定販売スイーツ!『あんこと』の「あんこチーズケーキ」(1ホール3,780円・税込)

普段は辛党、酒党を自認しているわたしですが、ときどき(といっても月に数回)、無性にスイーツが食べたくなるときがあります。そんなときはたいてい、体が「ちょっと特別感のあるスイーツにしてよ!」とワガママを言うので、おいしいスイーツ探索は欠かせません。

今回は、スイーツ探索をした中から、ほっこり癒やされた『あんこと』の「あんこチーズケーキ」をご紹介します。

『あんこと』は、東京の五反田・恵比寿にある和食『それがし』で愛されている“あんこ”をお取り寄せで食べられるようにオープンしたスイーツブランド。毎週土曜日朝10時から売り切れ次第終了で販売しています。

「あんこチーズケーキ」(1ホール3,780円・税込)は『あんこと』の第一弾スイーツとして発売された人気商品。わたしは(タイミングもあってか)3週間ほど買い逃して、やっと手に入れました。

冷凍で届き、室温で1〜1.5時間解凍してからいただきます。長さ22cmほどあるので、1ホールをお好みでカットして食べることができます。

我が家は、大食漢の夫、あまり食べない息子、気分で食べたいわたし、とそれぞれ一度に食べたい量が異なるので、好きなようにカットしていますが、めやすは1ホール8カットくらいだそう。

毎日職人さんが北海道産の小豆を丁寧に練って炊き上げた“あんこ”と、「チーズの王様」とも言われるフランス産の“ブリー・ド・モー”をたっぷりと使ったケーキは、小麦粉を一切使わないグルテンフリー。てんさい糖だけを使ってつくられていて、上品な甘さとしっとりとした口当たりです。

口に入れる前からチーズのいい香りがして、濃厚なのにすっきりした甘さが“ザ・大人のおやつ”!

コーヒーに合わせて至福のおやつタイムを楽しむだけでなく、ワインを合わせてもよさそうな上品な甘さと濃厚なチーズの香りが、まさに好みドンピシャでした。ひとつ残念だったのは、半解凍でアイスケーキのような楽しみ方もできるのを解凍後に知ったので、次回はアイスケーキとして食べてみたい!

また、『あんこと』では“あんこ屋が作る本格アイスバー”の「あんこミルクバー」(夏季限定/6本入り2,268円・税込)も発売しているそう。激戦が予想されますが、次の注文のときは「あんこチーズケーキ」と一緒に頼んで、今夏の暑さに対抗できるエネルギーチャージにしようともくろんでいます。

編集部・アベ

4:ひんやり美味しい夏のおやつに!新しくなった無印良品の「果汁100%ゼリー」(390円・税込)

ひんやりお菓子がおいしい季節となりました。この時期になると買っているのが『無印良品』の「果汁100%ゼリー」です。前からある商品なのでご存じの方も多いかと思いますが、少し前にリニューアルされて新しくなっていました!

「果汁100%ゼリー 3種のフルーツ」は、りんご・ぶどう・みかんと3種類の味が楽しめるアソートタイプ(各種8個ずつ計24個入り)。

袋を開けたとたん、ふわりとフルーツの甘い香りが……。それもそのはず、このゼリーは濃縮還元果汁100%で作られているんです。だから味が濃厚! 酸味もほどよく、どれも果物そのものを食べているかのような味わいで、一口サイズなのに満足度が高い!

リニューアルでは、ポーションタイプからご覧の小袋タイプへと1個ずつの包装がガラリと変わりました。

この小袋、片手で簡単に押し出せて手も汚れず、とっても食べやすいんです。

そして地味にイイ!と思ったのが、1個ずつが平たくなったことで24個入りの大袋でもそれほどかさばらないこと。

1個あたりの内容量は以前と変わっていないそうですが、平たくなったことで扱いやすいなぁと感じました。

冷蔵庫で冷やし、つるんと滑らかな喉ごしのよさを味わうのもたまりませんが、凍らせるのもまた格別です!

シャーベットのようなシャリシャリ感と、凍らせても残るゼリーのもっちりとした弾力がなんとも絶妙。これはクセになります……。

そのままはもちろんのこと、私は、開封前にすこし砕いてヨーグルトに入れて食べたりもしています。果物の味わいとシャリッとした食感がプラスできるのでオススメですよ! ぜひお試しを~。

凍らせたものは、この時期のお弁当のデザート兼保冷剤代わりにも使えそうですね。この夏のひんやりおやつにいかがでしょうか?

編集部・モグ

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集