子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

キャラチョコ缶・ラインナップ2020!かわいくって「自分チョコ」に絶対欲しい

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

「キャラもの~?」と笑うことなかれ! いくつになってもキャラ好き女子は存在します! 現に“アラフィフおばさん“の私もキャラもの大好き。

そして毎年、バレンタインになると登場するかわいい“キャラチョコ缶”。今年もたくさん出ています。その中でも、“大人が買っても恥ずかしくないキャラチョコ缶”を厳選してご紹介! 今年新聞連載開始70周年を迎えたスヌーピーや長く愛され続ける“ミッフィーことうさこちゃん”、猫好きにはたまらない猫チョコ缶も登場しますよ!

祝今年連載開始70周年!歴代のスヌーピーに再会できる

(c)2020 Peanuts Worldwide LLC
左から「スヌーピー70周年スペシャル缶」(1,188円)、「スヌーピー80年代アート缶」「スヌーピー90年代アート缶」(各1,080円)

見てください、このかわいさ! 実は私、キャラ好きと言っても“アメコミ系”キャラヲタクなので、特別“スヌーピーびいき”というわけでもないのです。でもこの歴代スヌーピー缶を見たときはあまりのかわいさに狂喜! しかも数量限定とのこと。慌てて「PLAZA」に買いに行きました。無事購入。

しかも中もかわいいんですね。包み紙にもピーナッツのキャラクターたちが描かれていて、これは絶対に“買い”だと思います。

缶の大きさも片手で持てる程度のサイズなので、食べ終わったあともクリップなどの小さな文具を入れたり、薬入れとしても使えそうです。

こちらも大人買いしちゃうかわいさ “ハートシェイプ缶”

“歴代スヌーピー缶”と一緒に売られていたのが、この「スヌーピー ハートシェイプドティン」(各1,080円)。……全デザインともかわいくて、大人買い。ちょっと恥ずかしい気持ちでレジに持って行くと、レジの女の子が「これ、すっごくかわいいですよね! 私も入荷したときから目をつけていて、絶対買おうって思っているんです!」と言われ、2人で大盛り上がり(笑)!

中はシンプルな丸型チョコが18個入っています。
でもこの缶の何がかわいいって、この大きさ。右上の写真を見てください。最初、「PLAZA」の公式HPで商品を確認したときは、手のひらサイズの小さいハート缶だと思っていましたが、実際見たらかなりの大きさ! でもこの“大きい”のがかわいいんです! ぜひ皆さんも、お店で実物を見てみてください。

洋菓子の「モロゾフ」からは “ミッフィー”のチョコレートが今年も登場!

<右>ミッフィーコレクション(ホワイト)(4個入り)500円、<左>ミッフィーコレクション(11個入り)650円/ともに税抜き

2016年より、バレンタイン商品としてオランダの絵本作家ディック・ブルーナ氏の“ミッフィー”をモチーフにしたチョコレートを販売している「モロゾフ」。

日本では1964年に翻訳出版されたミッフィー(うさこちゃん)。それだけに「親子共々ファンです!」という人も多いはず。私も子どものころ、「うさこちゃんとうみ」という絵本が大好きで、何度となく読み返した記憶があります。

今回は缶にしぼって紹介しましたが、ポーチや紙箱タイプもありますよ。

「ミッフィーコレクション(11個入り)」は、2020年の新商品。ふたの一部がマグネットになっており、取り外すことができます。

こちらのシリーズ、缶がかわいいだけでなく、中のチョコレートもちゃんとかわいいところが最大の魅力。ミッフィーの形をしていたり、ミッフィーがプリントされていたりするんですよ。

Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv,1953-2020  www.miffy.com

毎年完売!ゴンチャロフ製菓の「アンジュジュ」シリーズ

1923年、神戸・北野において創業され、100年近い歴史を持つ「ゴンチャロフ製菓」。バレンタイン専用ブランドを持ち、その中の1つである「アンジュジュ」。イラストレーター宮崎一人さんの描く猫のイラストが目印です。

2018年からスタートし、今年3年目を迎えるこのブランド。わが家は猫を飼っているせいか、このシリーズが大好き! 毎年バレンタインになると必ず購入している“コレクター”です(まだ日が浅いのですが。笑)。このシリーズ、非常に人気があるので、まさに早いもの勝ち! なるべく早く店頭に行って手に入れてくださいね!

「アンジュジュH」(1,620円)

こちらは手のひらサイズの缶にチョコレートが入った“H”。「アンジュジュ」シリーズはすべて、アルファベットで商品名が書かれています。

こちら缶ぶたの一部がマグネットになっていて、取り外せるようになっています。

「アンジュジュG」(1,296円)

こちらは「アンジュジュH」よりもふたまわりほど大きいサイズの缶で、やはり同様に缶ぶたの一部がはずれ、マグネットになります。

(左)アンジュジュD(756円)、(右)アンジュジュB(540円)

こちらは1,000円以下で買える“プチプラシリーズ”。このペンケース型の“アンジュジュD”。こちら去年も違うデザインで出ていたのですが、下の子のお友だち何人かにプレゼントしたら大喜びでした。

アンジュジュI(2,160円)

缶のかわいさもさることながら、中身のかわいさも天下一品! 24個ものチョコレートが入っていますから、開けたときのときめきが違うんですね。でも、これだけのクオリティの缶にきちんと入って2,000円台は私は“安い!”と思います。

どれも今年激推しのキャラチョコ。
ぜひ“自分チョコ”としていかがですか?

 

撮影/中田ぷう

※掲載商品はすべて中田さんが個人的に購入されたものです。

※価格は、税抜き表記があるもの以外は、中田さん購入時の価格(税込み/編集部調べ)です。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。