子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

あなたは「GU派」「ユニクロ派」?それぞれの愛用者の「お気に入りの理由」に納得

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

毎日着る洋服は、シンプル、カジュアル、そしてコスパも大事! ということで、オンでもオフでも、GUやユニクロを愛用している人も少なくないでしょう。

そこで『kufura』では、「あなたはGU派? それともユニクロ派?」かをアンケート調査し、283人の方から回答を得ました。みなさんはどちらがお好きでしょうか?

スバリ「GU」と「ユニクロ」どちらのブランドがお気に入り?

まず、283人に率直にどちらのブランドが好きかを聞いたところ、

GU・・・93人(32.9%)

ユニクロ・・・152人(53.7%)

わからない・・・38人(13.4%)

となり、ユニクロ派が約20%の差をつけて、多くなりました。

ユニクロもGUもじつは同じ「ファーストリテイリング」という会社が親会社のファストファッションブランドです。

ユニクロは、世代に関わらず、あらゆる人が良いカジュアルを着られるようにと、低価格・高品質で提供するカジュアルブランドです。一方、GUは主に10代後半から30代前半の若い層がターゲットで、ブランドのコンセプトも、もっと「自由に着よう」。「自由」が、ブランド名である「GU」の名の由来にもなっています。

では、実際にみなさんはどんな思いがあるかを聞いてみました。

ユニクロ派の意見は…「定番・質・機能性」が抜群!

ユニクロ派と答えてくれた方の意見で多かったのは、

「定番」(44歳/主婦)

「定番のものが好きなのでUNIQLO派」(47歳/その他)

「ユニクロはベーシック」(35歳/その他)

「定番商品が、豊富だから」(49歳/その他)

と、定番モノとして着られるのが好きという意見が多くありました。また、

「シンプルな、デザインがすきだから」(46歳女性/主婦)

「シンプルなデザインで長く使える」(31歳女性/主婦)

など、定番でシンプルが結局使い勝手がいいという声が多く上がりました。

また、同様に多かった意見は、

「ユニクロの方が質がいい」(45歳女性/主婦)

「物がしっかりしている」(45歳/主婦)

「ユニクロの方が頑丈で、しばらくしても飽きない」(38歳女性/主婦)

など、縫製が好きだという意見も。

そして、ユニクロといえば、機能性が高い下着などのシリーズも大人気ですが、

「ヒートテックがあるから」(46歳/コンピュータ関連技術職)

「ヒートテックが好き」(43歳/その他)

などの、季節によっては欠かせないアイテムとして、認知されているものもありました。

そのほかにも、

「ユニクロのほうが、あれユニクロだと分かりづらい。GUはいかにもGUという商品が多い」(40歳/主婦)

「どちらかと言うと、ユニクロの方がGUよりビジネスシーンでも活用できるから」(45歳/主婦)

「服のサイズが豊富で、店の雰囲気も、ユニクロの方が好き」(45歳/その他)

「子ども服が充実しているから」(27歳/公務員)

「ユニクロは年代問わずみんなに優しい。値段も、デザインも。日本人大好きだと思う」(38歳/営業・販売)

と、もはや定番を通り越して、子どもから大人まで、私たちの生活に欠かせないアイテムになっている印象を持っている方が多いようです。

GU派の意見は…、とにかく「安さ」が好きな理由!

GUは低価格ブランドで展開されていますが、今回のアンケートでGUの方が好きと答えた93人中、なんと63人の方の回答の中に、

「安い、お手頃、リーズナブル、低価格」

という“ロープライス”につながるワードが入っていて、

6割を超える方が、「安さ」がお気に入りの理由という結果になりました。

 

「安いしかわいいから」(26歳/主婦)

「安くてカジュアルで可愛い」(34歳/主婦)

「デザインが今時なのと、何より安い」(28歳/その他)

「お手頃価格で、若作りにならないファッションが楽しめる」(48歳/主婦)

「安いしコスパが良い」(43歳/主婦)

「失敗しても腹が立たない、ロープライスが好き」(41歳/その他)

など、とにかく「価格」に納得できるという意見がダントツでした。

他にも、

「商品が見やすいし店内が広い。レジがセルフレジで楽」(32歳/主婦)

など、店全体がカジュアルなのがいいという意見や、

「とにかく安い! 試してみたい流行モノをGUで買って、気に入ったら他のブランドでもその形を買うことが多い」(24歳/主婦)

など、低価格を利用して、他の買い物につなげたり、

「色違いで買いやすい」(46歳/主婦)

など、安いからまとめ買いも気にならないという声も見られました。

 

それぞれのブランドの特徴や違いはありますが、どちらのブランドも女性からは多くの支持を得ているという結果に。さて、みなさんはどちら派ですか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。