子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「カラーボーダー」で好感度UP!華やかで新鮮な大人の着こなしを調査 

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

カジュアルコーデに欠かせない定番アイテム「ボーダートップス」。春はカラフルなボーダートップスや、きれい色と組み合わせたボーダーコーデが、より季節感を感じさせてくれます。そこで今回の【kufuraファッション調査隊】では、Instagramで見つけた素敵なボーダートップスのコーディネートを調査してきましたよ。それでは早速ご紹介いたします。

元気をくれる「赤」「ピンク」ボーダー

null

@riiiiiko_146さんのコーディネートをご紹介しました。デニムにトレンチというフレンチカジュアルに、赤のボーダートップスを合わせた可愛らしいコーディネートです。赤ボーダーのトップスは『GU(ジーユー)』のものを着用されています。

@kns._______さんも同じくデニムに赤ボーダーそしてトレンチコートというフレンチカジュアルです。このコーディネートは間違いない鉄板コーデですね。ボーダートップスは『6mu.ROMU』です。

@___9453119さんのピンクボーダートップスをご紹介しました。ピンクを選んでコーディネートすると、より春らしさを感じますよね。気分を上げてくれるきれい色カラーは、1着持っていたいですね。

「グリーン」ボーダーなら爽やかさとおしゃれさを両立

null

@kanaripo216さんのコーディネートをご紹介しました。グリーンは甘すぎるコーディネートが苦手な人にも取り入れやすいのでおすすめです。グリーンボーダー以外はベージュでまとめることで、より大人っぽコーディネートに仕上がっています。ボーダートップスは『H&M(エイチ・アンド・エム)』です。

@loverara.loveraraさんのコーディネートをご紹介しました。ライトアウターのインナーにもボーダートップスがぴったり。お尻まで丈が長いので体型カバーにも。『earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)』のものを着用されています。

夏まで着たい「ブルー」「ネイビー」ボーダー

null

@nuttueさんのコーディネートをご紹介しました。『しまむら』のボーダートップスは肩のボタンを外せばカットアウトTシャツとしても着られる2wayアイテム。袖と裾が広がるデザインなのでデザイン性も高く、1枚での着こなしにもぴったりです。

@_aomi_125さんの『UNIQLO(ユニクロ)』のボーダートップスを使ったコーディネートをご紹介します。ボーダートップスにチノパン、そしてバレエシューズを合わせたきちんと感あるコーディネートです。肩まわりにボーダー柄がないので、顔まわりがスッキリして見える効果も。ボーダーは膨張して見えないか心配ですが、これなら安心。自分に合うボーダートップスを見つける参考になりますね。

@janakana777さんの『無印良品』のボーダートップスのコーディネートをご紹介しました。ジャケットのインナーにボーダートップスを合わせると、きちんと感も出せてキレイめな印象に。ボーダートップスをカジュアルすぎない装いにするには、ジャケットがいい相棒になってくれます。ジャケットの色とボーダートップスの色をリンクさせれば、より統一感あるコーディネートの完成です。

@yoahiru.wさんのコーディネートをご紹介しました。端正な印象のネイビーボーダーを選んだ@yoahiru.wさん。ボーダートップスに、トレンドのカーゴパンツやワイドデニムなどを合わせています。イエローのカーディガンを肩がけすると差し色になってより春らしい印象に。ぜひ真似したいアイディアです。ボーダートップスは『OPAQUE.CLIP(オペーク ドット クリップ)』のものを着用されています。

@__ri__haさんのコーディネートをご紹介しました。ネイビージャケットとネイビーのボーダートップスを合わせています。差し色にピンクのハンドバッグがあることで、より春らしい装いに。ボーダートップスを選ぶときは、手持ちのジャケットに合わせた色をにして、きれい色はバッグやボトムスで取り入れると挑戦しやすいですね。

@1xxxhrさんのコーディネートをご紹介しました。ダークブルーのボーダーTシャツに明るいブルーデニムを合わせた春らしいカジュアルコーデです。ドロップショルダーのシルエットなので華奢に見えますね。ボーダーは太って見えないか心配という方は、デザイン選びでカバーしてあげるといいですよ。@1xxxhrさんは『JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)』のものを着用されています。

 

以上、Instagramで見つけた素敵なカラーボーダーのコーディネートをご紹介しました。カジュアルの定番アイテムも、色やシルエットで着こなしの幅が広がりますね。ぜひコーディネートの参考にしてみてください。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集