子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

着回し女王!プラステのセットアップ(9,990円)は、体型カバーもきちんと見えも【4ケタアイテムで叶えるオシャレvol.16】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

こんにちは! editor_kaoです。普段は、ファッション誌やウェブサイトで編集者として活動しています。この連載では、私が実際にいいな、と思った新作の4ケタ(1万円未満)アイテムを取り上げて、着こなしとともにご紹介。今回、連載史上、最強に使えるアイテムを見つけたかも……。とうわけでいきますよー!

きちんと見えて、体型カバーできて、着回しが効いて……知ってたけど、やっぱりプラステはすごかった!

セールが落ち着き、各ブランドからも、季節の変わり目に使える新作が、ちらちらと登場しています。猛暑のときは、ついつい洋服もラクしちゃおうという気になりますが、秋に向かうにつれて、もう少しちゃんとオシャレをしたくなる。

でも、いきなりきちんと系にシフトするのも無理がありますよね。そんなときにおすすめなのが、このプラステの「カットソーリラックススカートセットアップ」です。カタカナ多め。

 

とろみはありつつしっかりした生地感のカットソーを使用した、プルオーバーとフレアスカートの組み合わせです。
ブラック、カーキも含めた3色展開ですが、選んだのはグレー。割とゆったりした着心地だったので、普段はMなのですが、今回サイズはSにしました。

以前から、プラステはセットアップに熱いブランドで、毎シーズンいろんなデザインを展開しているのですが、しかしセットアップで4ケタなんて!

プルオーバーは、身ごろはゆとりがあるのに、自然とウエストがフィットするつくりなので、だらしない印象になりません。さらに背中はタック入りで、丸みを帯びたシルエットに。

スカートは、両サイドの三角のマチがボリュームを出しつつも、素材の落ち感で広がりすぎない、いいバランス。カットソー素材だから着心地はラク、だけどエレガントに見える一枚(二枚?)です。

トップス、ボトムスともに、パターンに手を抜いていないのがすごい。どちらも立体的なつくりで、二の腕や背中、太ももといった、大人の体のコンプレックスを、軒並みカバーしてくれるんです。

あと、金具をまったく使用していない点も優秀だと思います。洗濯するときに余計な心配がいらないし、コーディネートでも、アクセサリーやバッグの金具とのぶつかりを気にしなくていい。金具を使わないことで、価格を抑えられているのかもしれません。企業努力ですね。

うーん、このアイテムについては、正直まだまだ語れそうなところがたくさんありますが、それだけでコラムが終わってしまいそうなので、そろそろ着こなし実例へといきましょう。

今回、セットアップで着るパターンは大体想像できると思うので、単品使いのコーディネートを考えてみました。まずはスカートから!

振り幅ありありなセットアップの着回しコーディネート

【Style01】スカートの特性を活かしたフェミニンな着こなし

カットソー/アンフィーロ ヘアターバン/クリームドット ネックレス・バッグ/頂き物 靴/イパネマ

まだまだ続きそうな暑い日におすすめ。

セットアップだときちんと感が強いので、トップスをエクリュのカットソーに替えて、カジュアルダウン。スカートのボリューム感が、女らしさをキープしてくれます。

小物はゴールド〜ブラウン系にして、華やかさを足してみました。

【Style02】印象を180度チェンジしてスポーティな雰囲気に

インに着たカットソー/ヘインズ パンツ/ギャルリー・ヴィー ピアス・バングル/ノーブランド バッグ/コールマン 靴/コンバース

トップスのボートネックも、インに白いクルーネックのノースリーブカットソーを入れることで、カジュアルなムードに変わります。

白のカットソーは、襟元もすそも、1〜1.5㎝くらいの幅で見えるくらいが理想。白いラインが1本入ることで、軽さが生まれます。

黒のワイドパンツで全体をリラクシーなバランスに、クロスボディバッグやスニーカーで、セットアップのときとは真逆の着こなしに仕上げました。

もはや「着回しが効く」だけではアイテムって選べない

着回しが効くアイテムって、やっぱり便利だと思うのですが、「着回しが効くから」という理由だけでアイテムを選ぶと、コーディネートがどんどんつまらなくなる可能性も。汎用性を求めると、どうしてもシンプルなデザインになりがちですから。

大人の洋服選びは、ディテール(装飾)じゃなくてシルエットが大事だと思っています。シンプルでも、シルエットがよければ、着こなしは素敵になる。このセットアップが優秀なのは、シンプルだけどシルエットに、こだわりがあるからなんです。あってもなくてもいいような装飾は、大人にとっては邪魔。華やぎは、お気に入りの小物で足しませんか?

今回も、いいお買物できました!


editor_kao

エディター。大人の実用ファッションを中心に、人物インタビューや日本の伝統文化など、ジャンルレスで雑誌やブランドサイト、ウエブマガジンで活動中。また、インスタグラム@editor_kaoでは、私服コーディネートを紹介するかたわら、さまざまなブランドや百貨店とのコラボレーションも手がけている。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集