子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

大人だから楽しみたい夏の黒!「アントマリーズ」のタックワンピース(4,290円)【4ケタアイテムで叶えるオシャレvol.13】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

こんにちは! editor_kaoです。ファッション誌やウェブサイトなどで編集者として活動する私が、リアルに欲しいなと思った4ケタ(1万円未満)の新作アイテムを取り上げている、この連載。

このところ、元気な気持ちになるビビッドな色や柄が続いていましたが、vol.13は一転、ぐっとシックに。夏に避けがちな黒いアイテムを、どう涼やかに着るかを考えてみました。

フロントのピンタックデザインが都会的

今回選んだのは、アントマリーズの「ショルダータックノースリーブワンピース」です。その名のとおり、肩に深いタックが入っているので、ノースリーブでも腕がすっきり見える優秀デザイン。

割としっかりとした落ち感のいい素材で、実際に身につけると、ストンときれいなシルエットを描いてくれます。程よくゆとりがあるから、体のラインも拾わないし(肌に張りつきにくい利点も!)、自宅で洗えるというのも、今の時期は特にうれしい。

きちんと感のあるアイテムなのに扱いもラクって、うれしいですよねー。

身長156㎝の私が着て、かなりのマキシ丈。色は黒のほかに、白とカーキもありました。

私がこのブランドを知ったのは今年に入ってからなのですが、適度なトレンド感と驚きのプライスゾーンがいいなと思って、こまめにチェックしています。特にこの“ピンタック&ショルダータックデザイン”は名品らしく、定期的にワンピースやブラウスなどが登場。

実は私、長そでのブルーのワンピースもすでに愛用していて、こちらも重宝しています。私のインスタにも何度か登場させたのですが、同じシャツワンピースでも、ピンタックがあることでカジュアル感が抑えられるんですよね。

夏の黒スタイルに大事なのは、「肌見せ」と「抜け感」

暑苦しくて、夏に黒を着たくない人もいると思いますが、アイテム選びとコーディネートを工夫すればクリアできるのでは。むしろ私は積極的に着たい派で、サマーブラックって、とても大人っぽい選択だと思うんです。クールで、上手に扱えば清涼感も生まれるのではないでしょうか。

じゃあ具体的にどうしたら、ということですが、大きくふたつのポイントがあると思っていて、それは「肌見せ」と「抜け感」。

特にワンピースなんて、全身に占める黒の分量がかなり多いですが、ノースリーブだから、どこかすっきりした印象。あとすそがラウンドカットなので、両サイドから足首がチラリとのぞくのも、いいバランスです。肌は露出すればいいというものでもなく、胸元も、腕も、脚も……となると、黒だけにセクシーすぎる印象。バンドカラーで胸元は隠しつつ、でも腕と足首は見せてすっきり、くらいが理想的ではないでしょうか。

ふたつめの「抜け感」というのは、コーディネートするときのことで、これは着こなし例を見ていただいたほうがわかりやすいかと。それではいきますよー!

夏でも重く見えないサマーブラック・コーディネート

【Style01】デニムをレイヤードしてカジュアルなムードに

デニム/ユニクロ(すそは自分でカット) 眼鏡/ジンズ バッグ/ビリティス 靴/ユニクロ

ワンピースにパンツを重ねるコーディネートは今や定番ですが、これも例外でなく。すそをカットオフしたデニムで、さらにカジュアルダウンしています。これがいわゆる「抜け感」。小物も夏らしさを意識して、軽やかに。

ちなみサンダルは、『kufura』のレビュー記事(【ユニクロ試着レビュー】今っぽくて痩せて見える「Uniqlo and Mame Kurogouchi」で名品見つけました!)を読んで、速攻ユニクロに買いに行ったもの!

【Style02】シルバーがモノトーンスタイルに清涼感を与えて

スカーフ/オーシバル×マニプリ バングル/ノーブランド ブレスレット/ユナイテッドアローズ ベルト/ノーブランド バッグ/ジル・サンダー 靴/ダニエラ アンド ジェマ

ここでの「抜け感」は、アクセサリーをゴールドでなくシルバーにこだわったところ。黒×ゴールドは女性らしくはあるのですが、“涼しげ“を優先するならシルバーがおすすめ。

ほかのアイテムも余計な色を加えず、クールにまとめました。ワンピースだけど、辛口な雰囲気にしたいなと思って、ベルトはスタッズ付きのものを。スカーフはバンダナ柄なのですが、ベルトのスタッズに寄せて、都会のカウボーイ気取りに(笑)。

大人の女性が着る、サマーブラックって魅力的

夏でも、黒を上手に着る女性って素敵です。「重く見えがち」「怖く見えがち」ではありますが、対照的に、とても洗練された色だとも思うから。

実はこれって、若いうちは、なかなか実現できないんです。抽象的な表現ですが、黒という色に、意味が出てこないというか。佇まいや肌の質感に落ち着きがある大人だからこそ、「わかったうえで黒を選んでいる」感じがして、洗練されて見える。着こなしにも説得力が表れてくると思うんです。

この夏は、無難だからじゃなくて、素敵だから、という理由で黒を楽しんでみてはいかがでしょう。

ではでは!


editor_kao

エディター。大人の実用ファッションを中心に、人物インタビューや日本の伝統文化など、ジャンルレスで雑誌やブランドサイト、ウエブマガジンで活動中。また、インスタグラム@editor_kaoでは、私服コーディネートを紹介するかたわら、さまざまなブランドや百貨店とのコラボレーションも手がけている。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集