子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

Tシャツ一枚でもおしゃれに見える!「グリーンパークス」のオレンジスカート(4,400円)【4ケタアイテムで叶えるオシャレvol.11】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

こんにちは、editor_kaoです。ファッション誌やウェブサイトなどの編集者として活動する私が、4ケタ(1万円未満)の新作から、いいなと思ったアイテムを紹介するこの連載。もう夏の気配すら感じる今の時期に、ぴったりな一枚を見つけたので、早速お見せしますね。

見た目以上、お値段以上に凝ったデザインなんです

こちら、「グリーンパークス」のコットンボイルスカート(4,400円)です。定番色から差し色まで、なんと全8色展開! 私は迷いに迷ってオレンジにしましたが、そこは好みで選んでいただければ。

マキシ丈ですが、身長156cmの私がはいて足首が隠れるくらいの長さです。同色の裏地付きで透けにくいのも、気が利いてるねポイント。

インド綿の軽やかさは、ジメジメするこれからの季節にぴったりですし、ウエストゴム仕様でストレスフリーなのも、洋服をまとうことすら、うっとうしい真夏に向けて、とてもありがたい。家でジャボジャボ洗える点も優秀です。

またこちら、パターンが特徴的で、生地が斜めにはぎ合わせられているんです。さらにすそに向かうほどに生地がボリュームアップしているから、フレアラインだけど太ももまわりはすっきり。実際に着て動くと、すそがふわっと広がり、きれいなシルエットが生まれます。お値段以上の凝った仕立てにびっくりです。

カラースカートってだけでおしゃれに見える

今回は「カラーボトムを提案したいな」と、いろいろ探したところ、このアイテムにたどり着いたわけですが、今シーズンはこういった優しい差し色をよく見かけます。ご時世柄、というのもあるのでしょうか。洋服くらいハッピーでいたいというか。

もともと私は、どんなに強い色でも抵抗なく着ちゃう派(そんな派があるのか知りませんが)なのですが、やっぱりカラーアイテムを着るのは楽しいです。あと、意外とコーディネートが簡単。

オールブラックやモノトーンといったシックなコーディネートは、小物など細部まで気をつかわないと“ただの手抜き”に見えてしまいますが、色を使った着こなしは、それだけで“気をつかってる感”が出るので、たとえばトップスが白いTシャツ一枚だったとしても、成立するんです。

これはこれからの時期、けっこうありがたい話で、真夏って着こなし考えるの面倒じゃないですかー(切実)。毎年猛暑で、体に布が張り付くこと自体許しがたいのに、さらに凝った組み合わせを考えるなんて、もう、もう……。

とどのつまり、「パッと着られてそれなりに見えて、さらに家で洗える」アイテムが最強なんです。そういった意味で、このスカートは優勝! 色が華やかなだけで装飾はないから、汎用性も広いですしね。

カラースカートを甘く見せない大人コーディネート

そういうわけで、大人の女性に合うコーディネートを2パターン考えてみたので、ご紹介します。あ、さっきの白Tシャツとの着こなしは、想像しやすいのであえて避けてみましたよ。

【Style01】足元のスポサンでアクティブな雰囲気に

トップス/エイトン スカーフ・バングル/頂き物 バッグ/和光 靴/ナイキ

オーバーサイズのトップスを合わせて、全体をゆるっとしたシルエットに仕上げました。

足元はボリューミーなスポーツサンダル。部分的にオレンジが使われているので、スカートとも相性がいいです。さらにこのスポサンにちらっとあるターコイズを拾って、襟元と手元に同色の差し色を。色×色って難度が高いですが、小物なら挑戦しやすい。その分トップスはシックなネイビーにして、安心感を与えています。

【Style02】さわやかなボーダーにカーゴジャケットで辛さをプラス

ジャケット/MHL カットソー/楽天で購入したノーブランド 時計/スウォッチ /レトラ 靴/ロックポート

実は、オレンジのコーディネートって今までほとんどしたことがなかったのですが、「元気が出る色だし、思った以上に合わせやすいですよ」と、kufura編集長・サトウさんの後押しがあって、今回挑戦することに。

「正統派だとボーダーとか」というアドバイスそのままに、コーディネートしてみました。これだけではあまりに自分の工夫がないので、カーゴジャケットをON! やわらかなムードのオレンジのスカートに、シャープさが加味されて、秋口も着られそうな着こなしに。

夏はカラーコーディネートのはじめどきです

繰り返しになりますが、色を取り入れた着こなしは本当におすすめ。特に夏はアイテムも豊富だし、街でも色を着ている人が多いから、悪目立ちすることもありません。挑戦するなら今!です。

組み合わせも難しいことを考えず、まずは着慣れた白のTシャツからはじめてはいかがでしょう。あ、黒Tシャツでもいいですよ。そのほかネイビーでもグレーでも、とにかくいちばん着慣れてるやつ!

あと、ボトムだとトップスほどに「色、着てまーす!」という感じもしないんですよね。顔映りも気にせず、好きな色を選べますし。「ちょっと、着てみてもいいかなぁ……」なーんて思ったら、ぜひトライしてみてください。そうやって少しずつ色の着こなしに慣れて、秋も冬もカラーコーディネートをするようになったら素敵。最終的には、きれい色のコートをまとう女性になってみるのはいかがでしょう。

今回も、いいお買い物できました!


editor_kao

エディター。大人の実用ファッションを中心に、人物インタビューや日本の伝統文化など、ジャンルレスで雑誌やブランドサイト、ウエブマガジンで活動中。また、インスタグラム@editor_kaoでは、私服コーディネートを紹介するかたわら、さまざまなブランドや百貨店とのコラボレーションも手がけている。ウエブマガジン「みんなの暮らし日記ONLINE」でコラム『30〜40代、「いつもの服が似合わなくなった」と思う人の服選び』も連載中。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集