子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「H&M(メンズ)」のギンガムチェックシャツ(1,999円)はあえて女っぽい着こなしで!【4ケタアイテムで叶えるオシャレvol.10】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

こんにちは、editor_kaoです。普段はファッション誌やウェブサイトなどの編集者として活動中。この連載では、4ケタプライス(1万円未満)の新作アイテムから、私がいいなと思ったものを選んで、その魅力とコーディネートをご紹介しています。

“普通のシャツ”って、意外と見つからないのね…

連載がスタートして、記念すべき第10回(早い!)。お手ごろな価格で、大人の女性でも楽しい着こなしが叶う洋服を探してきたのですが、今回はどちらかというと定番アイテム。早速ご紹介しちゃいます、はいこちら!

「H&M」のスリムフィット イージーアイロンシャツ(ダークブルー/ホワイトチェック)です。メンズ商品で、お値段なんと、1,999円!

ジャケットのインに着る用につくられているシャツで、メンズだけどスリムフィット。女性が着ると、肩まわりは多少余裕がありますが、背中側が絞られているので、ウエストがとにかく細く、サイズ選びは要注意です。

私は色々検討した結果、Mサイズに。ポリエステル65%、コットン35%で、ストレッチ性もあります。

最近よく思うのですが、こういったベーシックなシャツって、レディースだと見つかりにくいですよね。リラクシーなオシャレが流行ということもあって、ビッグシャツやデザインブラウスは多く見かけるけれど、きちんとしたシルエットで着られる(かつ真面目すぎない)シャツって、あまりないなぁって。

トレンドに反抗したくなる、あまのじゃくなところがあるので、ときどき、ごくベーシックなアイテムを着たい日が来るのです。

実は、ギンガムチェックのシャツを買うのは数年ぶり。これまでも好きでもっていたのですが、しばらく着ておらず、今年久しぶりにそでを通したら、びっくりするくらいシルエットが古くなっていたので、さよならしました。

定番アイテムとはいえ、やはり多少のアップデートは必要です。なんとなくの今の気分は、ルーズにではなく、程よくフィットしたシルエットで、好感度高くきちんと着たい。そう考えていろんなブランドを探したのですが、今“普通のシャツ”って、本当にないんですよ!

「えー、まじか!」と思っていたら、やっとHMのメンズコーナーで出合いまして。

大きすぎない襟や主張しないボタンのあしらい、生地のハリ感も理想的! あとボタンを全部留めて着たいと思っていたのですが、メンズだと首まわりがきつくないから、これまたうれしい! それでいて2,000円しないなんて……。

メンズシャツだけど女っぽく着ちゃう着回しコーディネート

ギンガムチェックシャツの好きな理由は、きちんと見えて、清潔感があるのに真面目すぎないところ。

汎用性もかなり高いですが、今回はヨーロッパを意識して、ラフになりすぎない、女っぽいコーディネートをつくってみました。それではどうぞ〜。

【Style01】レディな着こなしをギンガムチェックでドレスダウン

スカート/ティアラ ネックレス/両親からの成人のお祝い バッグ/アニヤ・ハインドマーチ 靴/ロックポート

こういう着こなしがしたくて、ルーズすぎないシルエットを探していたのです。どこかパリっぽい感じがしませんか? フィット感のあるシャツと、すそが広がるタックスカートの全身バランスが女らしい。

シャツのすそはイン(←してると想像してください)。レザーのハンドバッグ、バックストラップパンプスと、小物もフェミニンなデザインです。ほとんど見えてないけど、ボタンをきっちり閉めた襟元には、パールネックレスを。

組み合わせはかなり正統派なのですが、これが白シャツだとフォーマルすぎ。ギンガムチェックなことで、初夏に合う軽やかさが生まれます。

【Style02】カラーパンツで休日スタイルに色気をプラス

タンクトップ/オールドネイビー パンツ/ル フォワイエ ピアス/ZARA バッグ/ケイト・スペード 靴/ダイアナ

妄想がとまらなくなっていますが、こちらはヨーロッパの避暑地で過ごすセレブリティをイメージ。ボタンをグイッと開けて、羽織ものっぽく着ています。ボトムは華やかなピンクのパンツで、ちょっとセクシーに見えたらいいなっていう(あくまでも希望ですが)。

でもどこか上品にまとまるのは、ギンガムチェックのもつクリーンな印象のおかげではないでしょうか。

私がメンズアイテムを選ぶ理由

今は、女性がメンズアイテムを着ること(またはその反対も)があたりまえとなっています。ジェンダーレス、リラックスといった言葉がファッションのキーワードだから、ということが大きいですが、私が何より思うのは、「メンズは裏切らない」。

メンズは洋服の種類がレディースに比べて圧倒的に少ない分、トレンドアイテムもあるけれど、隣りには必ずベーシックアイテムも並んでいます。カラーバリエーションだって落ち着いていて、「なんでレディースには、この色がないの⁉︎」と、思うこともしばしば。

あまり装飾がないのもいいところ。レディースアイテムでときに出くわす余計なデザイン、あれはいったいなんなのでしょう……?  ほかとの差別化を図らなくてはならない“ブランドらしさ”が大事なのもわかるのですが、「このディテールさえなければ……」と、買うのを断念したのは、一度ではありません。うーん、アイテム選びって難しい。

そういうわけで私は、シャツだけでなく、ニットやTシャツ、パンツすらも、レディースとメンズの両方をチェックするようにしています。ポジティブにとらえれば、選べる洋服の数が2倍になったということ。もちろんシルエット自体が無理なアイテムもありますが、4ケタアイテムなら挑戦もしやすいし、今まで着たことのないシルエットや色も、手に取りやすいと思うのです。それに、女性がメンズを着る萌え感って、昭和の時代から引き継がれる日本の伝統文化ですしね(笑)。

今回も、いいお買い物できました!


editor_kao

エディター。大人の実用ファッションを中心に、人物インタビューや日本の伝統文化など、ジャンルレスで雑誌やブランドサイト、ウエブマガジンで活動中。また、インスタグラム@editor_kaoでは、私服コーディネートを紹介するかたわら、さまざまなブランドや百貨店とのコラボレーションも手がけている。ウエブマガジン「みんなの暮らし日記ONLINE」でコラム『30〜40代、「いつもの服が似合わなくなった」と思う人の服選び』も連載中。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集