子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【野菜たっぷりミネストローネ】楠さんちのホットクックレシピ Vol.35

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ホットクック愛用者の中で意外と多い、「いまいち使いこなせない」「定番のレシピにもうひと工夫してみたい」というお悩み。そんな方のために、野菜ソムリエでありママでもある料理家の楠みどりさんが、ホットクックで作るからこそおいしい、オリジナルレシピをご紹介します。

今回は、お腹に優しく、野菜がたくさんとれる「ミネストローネ」を教えてもらいます。煮込み料理が億劫になりがちな時季でも、頼りになるのがホットクック! アレンジメニュー2種もご紹介するので、たっぷり作っても安心です。

栄養補給にもぴったりのミネストローネ

ミネストローネは、「具だくさんのスープ」という意味の、イタリアの家庭料理。たっぷりの野菜がやわらかく煮込まれた優しい味わいは、季節を問わず食べたくなりますね。

とはいえ、暑い夏はスープのように長時間煮込む料理は作るのがちょっと面倒。その点ホットクックなら、汗をかかなくてもおいしいスープが作れます。

しかも野菜そのもののおいしさを引き出してくれるので、スープといえども食べ応えがあり、お腹もしっかり満たされますよ。

夏はどうしても冷たい麺類などを食べる機会が増え、栄養バランスも偏りがちです。そんな時こそ、野菜たっぷりのスープで体調を整えたいですね。野菜が苦手なお子さんや、日頃の野菜不足が気になる方にもおすすめです。

2〜4人分が作れる1.6Lタイプを使用

今回使用したホットクックがこちら。我が家は3人家族なので、扱いやすい2~4人用、1.6Lタイプを使用しました。炊飯器と同じくらいの大きさなので、それほど場所もとりません。

こちらは2021年9月に発売されたもので、現在の最新型よりひとつ前のモデルです。

野菜の旨味がぎゅっ!基本のミネストローネ

【材料】(3~4人分)

・じゃがいも(1cmの角切り) 中1個
・玉ねぎ(1cmの角切り) 1/2個
・にんじん(1cmの角切り) 1/2本
・セロリ(1cmの角切り) 1/4本
・ベーコン(短冊切り) 50g
・トマト缶(カットタイプ) 1缶
・コンソメ顆粒 小さじ2
・塩 小さじ½
・こしょう 適量
・水 200ml
・ローリエ(あれば) 1枚

【作り方】

(1)ホットクックの内鍋に材料を全て入れます。ホットクックの本体にセットして、まぜ技ユニットを装着します。

●ポイント:野菜の大きさを揃えることで火の通りが均一になります。

(2)「カテゴリーで探す」→「スープ」→「野菜スープ」を選んでスタートボタンを押します。約25分で完成します。

●ポイント:「ミネストローネ」のメニューボタンはありませんが、具材が似ているので「野菜スープ」ボタンを使いました。

(3)できあがり直後がこちらです。じゃがいもやにんじんなどの根菜も柔らかく煮えています。味をみて塩こしょうで味を調えます。

器に盛り付けて、オリーブオイル少々(分量外)を回しかけて完成です。お好みでパセリのみじん切りを散らしても!

トマトが大好きな娘は、トマトの旨味が詰まったミネストローネも大好物。器に盛り付けている時から「早く食べたい!」と急かされました(笑)。

味付けはシンプルですが、野菜のおいしさが存分に感じられて、食べ応えもあります。パンを添えれば朝食にもぴったり。レシピの通りでなくても、野菜は季節やお好みによりアレンジしてください。ズッキーニやキャベツなどを入れてもおいしいですよ。

 

続いて、ミネストローネのアレンジレシピをご紹介します。ミネストローネに野菜の旨味が詰まっているので、ちょっとしたひと手間で風味豊かなトマトソースとしても楽しむことができます。

にんにくの風味をプラス!ミネストローネパスタ

フライパンにオリーブオイル少々とにんにくのみじん切り(お好みの分量)を入れて中火で熱し、香りが立ってきたら、ミネストローネを適量加えます。全体が馴染んだら、茹でたスパゲッティを加えて絡めます。

器に盛り付けて、お好みでパセリのみじん切り、粉チーズ、ブラックペッパーなどをふって完成です。

にんにくの香りが食欲をそそる一品です。ミネストローネがあればすぐにできるので、在宅ワークの日の一人ランチなどにもおすすめ。

スープを多めにしてペンネなどのショートパスタを入れてスープパスタにしたり、ごはんを加えてリゾットにしたりとお好みに合わせてアレンジしてみてくださいね。

オムレツのミネストローネソース添え

パスタと同様に、オリーブオイルでにんにくのみじん切りを炒め、ミネストローネを適量加えます。水分を飛ばすようにして少し煮詰めてから、オムレツにかけています。

トマトケチャップをかけたオムレツももちろんおいしいですが、こうするとお店で食べるオムレツのような、ちょっぴりお洒落な雰囲気に仕上がります。ミネストローネは卵とも相性が良いので、卵と組み合わせることでアレンジの幅も広がりますよ。

 

ミネストローネは具材を炒めたり、柔らかくなるまで煮込んだりして意外と手間も掛かりますし、火元から離れられなくて夏場は汗だくになることも。

ホットクックを使えば、野菜をたくさん切るところだけ頑張れば、あとはおまかせ! あっという間にスープが完成するので本当に助かります。

ミネストローネに限らず、ポトフやお味噌汁などの汁物も簡単に調理できるので、我が家の毎日の食事作りにも大活躍してくれています。

夏は冷たいものばかり食べてしまいがちですが、野菜たっぷりのスープで疲れた体を労わってあげたいですね。エアコンで体が冷えた時などにもおすすめなので、ぜひ試してみてください。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集