子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ブランド品も…残念!フリマアプリで「意外と高く売れなかったモノ」調べ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

春は新生活を迎えるにあたり、引っ越しなどで不要品がたくさん出てきたりしますよね。そんな時、いらないものを「フリマアプリ」に出品してみようかなと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

『kufura』では、20代~50代の女性325人に、フリマアプリ利用の有無をアンケート調査したところ、およそ2人に1人が利用したことがあると答えました。今や、不要品処分の選択肢の一つとして認識されているようですね。さらに、利用者には、フリマアプリで「意外と高く売れたモノ」、「売れなかったモノ」についてもうかがいました。

前回の「意外と高く売れたモノ」に続いて、今回は「高く売れなかったモノ」をご紹介していきます。早速、回答を見ていきましょう!

出品時季が重要な場合も!洋服・服飾小物など

「オーバーサイズのコート。出す時期のタイミングがずれたのがだめだった」(39歳/その他)

「洋服。買った時に高かった物も安かった物も、あまり値段が変わらなかったです」(49歳/総務・人事・事務)

「ブランドの服。流行遅れなのか値段が安かったです」(44歳/その他)

「ブランド品のバッグ。送料もかかるので利益がそんなに出なかった」(23歳/総務・人事・事務)

「新品のブランドネックレス。高値設定すぎて今でも売れていません」(49歳/主婦)

「『CHANEL』のポーチ。『CHANEL』だけど、人気のないかたちだったからか」(56歳/主婦)

「『ナイキ』のエアマックスのスニーカー。靴はサイズや汚れなどの点でネットでは購入しづらいのかと」(29歳/学生・フリーター)

洋服などには流行があるため、デザインが古くなると高くは売れにくいよう。また、出品時季がずれてしまい失敗したという声も。そのアイテムが必要になる時季の少し前を狙って、出品することを心掛けたいところ! 洋服に限らず、フリマでは注意すべきポイントかもしれませんね。

使用感が気になる…?子どものおもちゃ・洋服など

「子どものおもちゃ」(39歳/その他)

「ベビー服。ブランドのものじゃないとなかなか売れない」(49歳/その他)

「貰い物の『ジェラートピケ』のベビー服。『ジェラートピケ』好きな人は、新品の方が好きなのかなと思った」(33歳/その他)

「19cmの子どものローファーは安くしても、なかなか売れませんでした。新品に近くないとだめかもしれません」(54歳/主婦)

子どものおもちゃや靴などは、衛生面や使用感が気になったりして、敬遠される面もあるのかも……。その他、子ども服はブランドのもの以外は売れないという意見もありました。もし、ノーブランド品を出品したい場合は、“まとめ売り”で価格を抑えるというのも一つの手段かも!

ブランドものでも高値設定はNG!? 美容関連アイテム

「化粧品。未使用なのにだいぶ値段が下がってしまう」(34歳/公務員)

「人気ブランドのアイシャドウ」(40歳/その他)

「ブランドものの香水」(30歳/その他)

「『リファカラット』。未使用なのに7,800円でも売れず、7,300円に下げて未だ売れていません」(35歳/主婦)

フリマアプリでは、デパコスなどの高級な化粧品を安く買いたい!という人もいるよう。そういった人は、やはりお得感を求めているでしょうし、ブランドのものだからといって強気の価格をつけていると、なかなか売れずに結局値下げをすることになりそう……。

ギターにアニメの数量限定品…趣味関連のモノ

「昔の好きだったアーティストのCDが売れなくて、今もそのままです」(38歳/営業・販売)

「バンドのライブグッズ。他にも出品している人がたくさんいた」(30歳/主婦)

「ジャニーズの雑誌。500円でした」(43歳/主婦)

「『鬼滅の刃』の限定カップ。限定数量が多くて一向に売れない」(46歳/研究・開発)

「アニメのぬいぐるみ。送料込みでほぼ0円だった」(38歳/デザイン関係)

「ギターは配送料が高くて、かなり安く売れた」(40歳/その他)

「楽器。1万円は行くだろうと思っていたが、“演奏する人の少ない楽器なので”と言われ、4千円にしかならなかった」53歳/その他)

ギターやぬいぐるみなどのカサが大きいものは、送料にお金がかかってしまって、結果利益が少なかったという苦い体験談も……。また、流行りのものなどは、すでにたくさんの数が出回っているため価値が低くなり、高値では売れにくい傾向にあるようです。

高く売れなかったモノは他にも…

「フリフリのワンコの服。2点セットにして値引きもしてやっと売れた」(40歳/主婦)

「手作り品。何時間かけて作っても、安く売られている既製品程度の価格でしか売れない。馬鹿馬鹿しくなった。ただ、デザインが良いと、高く売れます」(49歳/総務・人事・事務)

「スマホケース。他サイトで人気のデザインで新品未開封だったが、売れなかった」(41歳/主婦)

「未使用の食器。100円ショップでもいいのが売っているので」(42歳/主婦)

「スープジャー。黒無地で使いやすそうだったが、スヌーピーとかキャラクター柄の方が売れ筋のようでした」(53歳/主婦)

コメントにもあるように、ペットの洋服も“まとめ売り”にしたら売れたという人もいました。前述した子ども服、また婦人服なども、どうしても売ってしまいたい!というものは、セット価格にしてみるのもアリなのかも。

 

いかがでしたか? 買い手がつきそうな品物なのに、なかなかうまくいかないと嘆く声が聞かれましたね。誰だってフリマアプリに出品するからには、できるだけ高く売れてほしいもの。これらの体験談をヒントに、売りたいものの相場や、売り方などをよく下調べして、フリマアプリをうまく活用していけたらいいですね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集