子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ちょこちょこ困ったこと勃発…レジ袋が有料になって不便に感じること

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

今年7月1日、全国でレジ袋が有料化されました。その前からエコバッグを利用している人がいる一方で、まだ今の生活に慣れない人たちも大勢います。
そこで『kufura』では20~50代の男女を対象に、レジ袋が有料になって不便に感じることを伺いました。みなさん、やはり少なからず不便さを感じているようですが、共感できるものはあるでしょうか?

かさばって不便…「袋を持ち歩くのが面倒」

「いつもかさばるマイバッグを持ち歩く」(47歳女性/主婦)

「買ったものが少なくても大きなマイバック・エコバックを利用しなくてはいけないので、運ぶのに面倒である」(44歳男性/その他)

「ちょっと買い物に行くのも、袋を持って行かなければいけないので不便です」(38歳男性/営業・販売)

「一度買い物に行くと何件かまわることが多いので袋をたくさん持っていかなくてはいけない」(54歳女性/主婦)

「店に行くたび、袋の事を思いだし、車に戻るはめになる」(44歳男性/営業・販売)

日常的に買い物で袋詰めしてもらっていたため、エコバッグの持ち歩きには慣れないという声が多数あがりました。特に、出先など突発的な買い物や、お店を数件まわるときなど、いつでも買い物体勢が整っているとは限りません。

「常に袋を持ち歩かないといけないため買い物やお出かけした時にカバンが小さいと入らないし、デパートとかでは洋服や日用品も買うので袋が足りなくなる」(33歳女性/その他)

「エコバックをよく忘れてしまい、レジ袋を買ってしまう」(46歳男性/その他)

このように、結果としてレジ袋を買ってしまうという人も。同じような経験、ありませんか?

活用していたのに…「ゴミ袋を買う必要がある」

「スーパーの袋でごみを出していたが、新たに袋を買わなくてはいけなくなって不便だし、本末転倒だと思う」(40歳男性/コンピュータ関連以外の技術職)

「レジ袋をゴミ袋にしていたので、なくて困るから50枚入のをわざわざ買っている」(24歳女性/その他)

「レジ袋をゴミ箱に被せてごみ袋の代わりに使っていたのにそれがなくなってしまって困る」(38歳女性/主婦)

「これまでは、スーパーやコンビニのレジ袋を、家庭菜園で作った野菜をおすそ分けする時に入れる袋として使っていました。今は貯めていたレジ袋を使っています。貯めていた袋がなくなったら、袋を買わなければなりません。おすそ分けするのにわざわざ袋を買うのは無駄な出費に思える」(56歳男性/その他)

レジ袋を家で活用していた人にとっては、無料でもらえていたレジ袋がなくなるのは痛手。そのまま捨てていたのならともかく、無駄にすることなく使っていたとしたら、お金をだして袋を買うことに疑問を感じてしまうのも理解できますね。

毎回聞かれるのが面倒…「レジ袋いりますか?」

「いちいち袋いりますかと確認されるのが面倒だなと思う」(28歳女性/弁護士)

「いちいち袋を出すことや袋がいるかどうか聞かれるのが面倒」(35歳男性/学生・フリーター)

「ゴミ袋に使っていたので最初から袋を買う気で買い物に行くがそのたびに必要かどうかサイズはどうするかと聞かれるのが鬱陶しい」(52歳男性/その他)

レジ袋が有料化して間もないからなのか、スーパーでもコンビニでも「レジ袋いりますか?」が定番の一言に。そのやり取りが面倒だという人も少なくありませんでした。

購入できるレジ袋のサイズについても、お店によっては様々あり、どれが適当なのか迷うこともありますよね。

衛生管理が大変…「汚れがつく」

「マイバックにシミや汚れがついたら目立つから嫌だ」(54歳男性/その他)

「エコバックが汁漏れなどですぐに汚れてしまう」(59歳男性/その他)

「元々エコバックを利用していたので、レジ袋の有料化は不便を感じないが、よくいくスーパーで、ぬれた食材などを入れる小さなビニール袋まで撤去されてしまった。食べ物と洗剤を同じ袋に入れなければならないときに使ったり、お惣菜でシルがでるのを防ぐのに欲しい」(45歳女性/企画・マーケティング)

レジ袋だと、買い物で汁汚れが袋についてしまった場合、レジ袋ごと捨てられますが、エコバッグとなると再利用が前提。それが汚れると、洗ったり染み抜きしたり、家庭での手間が発生するため、そこに不便を感じる方もいます。

「冷たいものを買ったときに、マイバックやカバンに水滴がついてしまう」(39歳女性/その他)

「熱いものや冷たいものをひとつにするので温度が移ったり水滴が付く」(51歳男性/その他)

エコバッグにつく水滴にお悩みの方も多いのでは? 家に持ち帰ってから拭いたり乾かしたり……やはり家での手入れが必要です。

買いたいのに…「買い物をセーブする」

「予定外に買いたいものがあっても、エコバッグに入りきらなくなったらマズイので、セーブしながら買い物をするのがなんだかストレスに感じる」(51歳男性/その他)

「コンビニで袋詰めする時に混雑しているとレジ圧を感じる。たくさん買わなくなった」(39歳女性/その他)

「コンビニで買い物する際に、有料の袋を意識して、気軽に買い物しにくいなと立ち寄る頻度が減りました」(36歳男性/会社経営・役員)

エコバッグありきで買い物するため、そこに入りきらない量や、袋詰めする時間などを気にして購入量が減少。無駄買いが無くなったと言えば聞こえはいいですが、買いたいものを買えないのは少々ストレスです。また、今まで無料だったレジ袋が有料だと思うと、買い物自体を控えるという方も。

自分で袋詰めするのはいいけど…「時間がかかる」

「コンビニで購入品数が多いときに、レジでエコバッグに詰めるのに時間がかかる。後ろに並んでいる人がいると気が引ける」(51歳女性/その他)

「袋詰めスペースが無いところだと、詰めるのに焦る」(48歳女性/その他)

「ドラッグストアなどレジで店員が入れるタイプの店は、レジ袋に入れてもらった方がスムーズだと思う」(51歳男性/コンピュータ関連以外の技術職)

エコバッグ持参になってからは、購入したものの袋詰めも自分で行うことになりました。しかし、コンビニのように袋詰めスペースがないところはレジ台で入れるしかなく、会計後に袋詰めとなると後ろの人に迷惑がかかりそう。自分で袋詰めするのが常態化すれば、別にスペースを設けるなど対策が取られるかもしれませんが、少なくとも現状は気を使っての作業です。

 

環境に配慮した政策ではありますが、その一方で買い物に不便を感じることも多いのが現状のようです。まだ始まったばかりなので、慣れていないということもありますが、消費者のこうした声から、いい解決案がでてくるといいですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事