子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

万能食材「ズッキーニ」の最強においしい食べ方を聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

見た目はきゅうり、食感はナスに似ている「ズッキーニ」。夏野菜のひとつとしておなじみですが、生でも食べられること、そして味わいが淡白であることから、さまざまな料理に活用できる便利な食材です。

『kufura』では、そんな「ズッキーニを最強においしくいただくレシピ」について、20代から50代の女性260名にアンケート形式で聞いてみました。今日の昼食や夕食に取り入れられる簡単レシピが満載です!

シンプルな味付けで充分おいしい!「ソテー」

「ズッキーニのソテー。フライパンにオリーブオイルかごま油をひき熱してズッキーニをこんがり焼いたら、醤油、塩コショウをふって完成」(21歳/その他)

「ズッキーニのガーリックバター焼き。みじん切りのニンニクをバターで炒め、輪切りのズッキーニを入れて焼き目をつけるように少し炒める」(24歳/その他)

「輪切りにしたズッキーニと夏野菜(ナスやパプリカ)を一緒にバターで炒め、塩コショウで味付け。シンプルな味付けが旬の食材の味わいを引き立てます」(23歳/その他)

「ズッキーニのソテー。マジックソルトで炒めるだけだけど、本当においしいです」(43歳/主婦)

「オリーブオイルでソテーし、シンプルに塩をかけて食べる。ズッキーニの甘さと食感が最大限に楽しめます」(41歳/その他)

「豚こまと輪切りにしたズッキーニをマヨネーズで炒めて肉に火が通ったらポン酢で味付けする。お酢のおかげで1本くらいペロッと食べられる」(41歳/その他)

「輪切りにしたズッキーニに焼き目をつけ、みそマヨネーズで食べる」(48歳/主婦)

「オリーブオイルでこんがり焼いて粉チーズをかけて一品」(47歳/主婦)

アンケートの回答でもっとも多かったのが、シンプルなソテー。塩コショウだけでも十分おいしいですが、マヨネーズや粉チーズ、ポン酢などの味付けもバリエ豊富に楽しめますね。

「揚げもの・天ぷら」で食感も楽しむ!

「天ぷらにして、塩で食べるとおいしいですよ」(52歳/主婦)

「片栗粉をつけて素揚げにして塩をつけて食べる」(45歳/総務・人事・事務)

「天ぷら。甘みがありおいしい。野菜嫌いな子どももたくさん食べる」(49歳/主婦)

「ズッキーニの天ぷら! ほどよい苦味と食感が良いです!」(53歳/主婦)

素材の味を堪能したいなら、素揚げや天ぷらも人気です。外はサクッと、中はふわトロ食感がたまりませんよね。ズッキーニ自体の甘味やほどよい苦味もまた癖になるかも。

「オーブン焼き」でピザやラザニアもヘルシーに

「チーズをのせてオーブンで焼いてオリーブオイルとペッパーで味付けして食べる。ピザ風ズッキーニはヘルシーで罪悪感なく食べられます」(33歳/出版・マスコミ関係)

「ミートソースの上に薄切りのズッキーニをしき、ホワイトソースをかけてチーズをのせてオーブンで焼いた物。単純においしい」(47歳/総務・人事・事務)

「輪切りにしたズッキーニ、茄子などの夏野菜をオーブンで焼いて、デミグラスソースとホワイトソースを何層にも重ねていき、一番上にチーズをトッピングした夏野菜のラザニア」(35歳/学生・フリーター)

オーブンを使ったレシピの回答も寄せられました。ピザ生地やラザニア用の生地のかわりにズッキーニを使えば、重くなりすぎずヘルシーに。オーブンで焼くだけなら手間もかからず簡単に作れますね。

パパッと済ませたい「パスタ」にもってこい!

「ベーコンとズッキーニのシンプル塩パスタ」(42歳/その他)

「ズッキーニのパスタ。ペペロンチーノ味にしても、トマトベースソースにしても、抜群にあう。炒める時間も短時間ですむから助かる」(40歳/その他)

「ズッキーニとえびのペペロン炒め」(29歳/総務・人事・事務)

「ズッキーニのトマトパスタ。輪切りにしたズッキーニとベーコンを炒め、ホールトマトとコンソメで煮込みソースを作って、茹でたパスタにかけます。ズッキーニの食感とベーコンの脂がトマトに溶け込みおいしいです」(37歳/総務・人事・事務)

ズッキーニはパスタとの相性抜群。トマトソースに入れて煮込んでもいいですが、火の通りが早いのでさっと炒めてパスタと和えるだけでもOK。時短料理になりますね。

「マリネ・漬け物」で夏にうれしい箸休めに

「ポン酢和え。レンチンしたズッキーニに、ポン酢と鰹節で和える。あっさりとしていて、食べやすい」(45歳/主婦)

「塩麹漬け。きゅうりとはまた違った食感で、つかり過ぎない状態でチーズにのせてオリーブ油をたらすとワインにも合います」(49歳/主婦)

「スライスしたズッキーニを塩揉みして、じゃこ、ごま油、鶏ガラスープのもと、酢で味つけ。もりもり食べられる」(54歳/主婦)

「パプリカと一緒にマリネにしています。彩りよくておいしいです」(32歳/その他)

「ナムル。ズッキーニを2~3ミリにスライスし、昆布茶、オリゴ糖、ごま油、ごま、小口切りの鷹の爪、にんにく、少量の黒酢をポリ袋で揉み込む」(57歳/主婦)

「ズッキーニを薄く輪切りにして、ツナ缶、中華だし、ごま油、いりごまで和える。簡単にできて、ごはんが進みパクパク食べられます」(30歳/総務・人事・事務)

あっさりとした味わいのズッキーニは、マリネや漬け物にしても美味。ポリポリとした歯ごたえもいいアクセントに。夏に食欲が落ちているときでも、さっぱり食べられそうです。

kufuraで連載中の【ちょこっと漬け】では、「ズッキーニのみそ漬け」の作り方を紹介! 調味料は、みそ、はちみつ、オリーブオイルと意外な組み合わせですが、一度食べたらクセになるおいしさですよ。こちらもぜひお試しを!

その他

「ズッキーニのサラダ。薄切りの輪切りにし、いつものサラダにプラスするだけで十分おいしいです」(33歳/総務・人事・事務)

「オリーブオイルとにんにく、スライスしたズッキーニを蒸し焼きにして塩で味をととのえるだけで無限ズッキーニができます。パスタにあえても、トーストにのせても合います」(50歳/総務・人事・事務)

「ズッキーニのトマト煮。玉ねぎや豆と一緒にトマト缶で煮ると美味しい」(55歳/主婦)

「ズッキーニ、パプリカ、マッシュルームのクリーム煮。バゲットにのせてもオシャレでおいしいです」(53歳/主婦)

「ラタトゥイユ。茄子やパプリカ、トマトなどと煮込み、パンにのせて食べるとおいしいです」(39歳/主婦)

「ズッキーニ入りのキーマカレー。キーマカレーによく合います」(38歳/主婦)

その他には、サラダ、トマト煮、カレー、ラタトゥイユなどの回答が寄せられました。

 

ズッキーニを使った料理というと、「レパートリーが限られてワンパターンになりがち……」という方がいるかもしれません。でも、焼いたり、炒めたりするだけでなく、生のまま楽しんだりと、さまざまな料理に使えます。合わせる食材を選ばないというのも使い勝手がよくて助かりますよね。旬のいま、ぜひさまざまなズッキーニレシピにチャレンジしてみてくださいね。

プロフィール

佐藤まきこ
佐藤まきこ

雑誌・ウェブ編集者やファッションビルの広告・プロモーションのプランナー、コピーライターとして長年経験を積み、現在はフリーランスのプランナー、エディターとして活動中。ハワイ、オアフ島在住。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集