子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

かまぼこ1本で、おつまみにもおかずにも!知っておくと便利なかまぼこレシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

かまぼこは、おせち料理やうどんに入っているイメージが強いですが、切り方を変えたり、一手間加えたりするだけで普段遣いできる数々の料理に大変身! そこで今回『kufura』では女性285人にアンケートを実施し、お弁当におかずに、おつまみにと使える「かまぼこの美味しいアレンジレシピ」を聞いてみました。

新食感!?「かまぼこサンド」に「かまぼこおにぎり」

「かまぼこを粗みじん切りにし、マヨネーズとからしと混ぜ合わせ、パンの間に挟みホットサンドにすると、コリコリした歯ごたえが美味しさを増します」(65歳/その他)

「かまぼこトースト。パンにかまぼこをのせ、マヨネーズをかけてトーストするとボリュームが出て美味しい」(54歳/主婦)

「かまぼことチーズを一緒に焼いて、パンに挟んで食べるとおいしい」(41歳・主婦)

「かまぼことマヨネーズのおにぎり。かまぼこは細かく刻み、それをマヨネーズと和えておにぎりの具にします。意外にも食べ応えがあり、グッと旨味も増して、大人にも子どもにも人気のおにぎりです」(57歳/主婦)

「かまぼこの手巻き寿司。かまぼことレタスを海苔で巻いて、醤油とマヨネーズを少し付けて食べます」(49歳/総務・人事・事務)

かまぼことパンの組み合わせはかなり斬新ですが、卵サンドのようにかまぼこを細かく刻むことで、スライスとはまた違った食感が楽しめそうですね。また、おむすびの具材はツナマヨに次ぐ新たな具材としてお弁当作りの定番メニューになるかも!?

かき揚げ、チップス…「揚げかまぼこ」

「細かく切って、かき揚げの具にする」(58歳/主婦)

「天ぷらにして天むすを作る」(54歳/その他)

「かまぼこを薄く切って揚げる、かまぼこチップス」(23歳/総務・人事・事務)

「かまぼこの間にひき肉を挟み、天ぷら粉を付けて油で揚げる。子どもが食べやすくて好きなようなので、お弁当のおかずにもよいです」(44歳/その他)

「ハムを挟んで揚げる」(40歳/主婦)

「揚げかまぼこ」は冷めても美味しく、彩りもきれいなのでお弁当に最適、と評判でした。また、薄くスライスして作るチップスは子どもにも喜ばれそうです。

挟むだけで簡単!かまぼこで1品完成「おつまみ各種」

「かまぼこの海苔チーズ挟み」(42歳/主婦)

「切れ目を入れて、シソの葉を挟んで醤油で食べる」(47歳/その他)

「かまぼこのわさび漬け挟み。酒のつまみにオススメです。刺身醤油で食べると旨い!」(51歳/その他)

「カマボコねぎ焼き。ねぎを挟んでマヨネーズをかけて焼く」(49歳/総務・人事・事務)

「わさびとマヨネーズを混ぜたのを挟み、醤油をつけて食べます。ちょっとしたおつまみに出しています。想像できる味ですが美味しい」(36歳/主婦)

ちょっとしたおつまみが欲しい時に、挟むだけでできる「かまぼこおつまみ」は簡単! ご紹介したレシピ以外にも、いくらやとびっこなどを挟むという人もいて、乙な味が楽しめそうです。

卵でとじたりオムレツにも「卵料理」

「かまぼこの卵とじ。かまぼことネギを麺つゆで煮込んで、卵でとじるとおいしい」(49歳/デザイン関係)

「冷凍ミックスベジタブルと一緒に、刻んだかまぼこをフライパンに敷き詰めて、溶き卵を流し込み、オムレツに。彩りも栄養バランスも良く、かまぼこの食感が面白い」(45歳/主婦)

「茹で卵の黄身をくりぬいて、チーズと細かく切ったかまぼこを黄身に混ぜ、戻す」(47歳/総務・人事・事務)

「残ったかまぼこを細く切りキャベツと炒めて卵とじにする。ボリュームがあって美味しく夫が喜びます」(63歳/その他)

「かまぼこだし巻き卵。だし巻き卵を焼くときにかまぼこを入れると、ボリュームも出るし美味しい。母のお気に入りです」(26歳/総務・人事・事務)

かまぼこと卵は相性抜群! 野菜と一緒に卵でとじたり、だし巻き卵やオムレツの具材として加えたり、卵と合わせた美味しそうなかまぼこレシピが続々登場しました。

「かまぼこグラタン」など、その他おかず系アレンジ

「かまぼこのグラタン。マカロニの代わりに刻んだかまぼこを混ぜ入れる。味わい深い美味しさがあって、家族に大好評です」(51歳/その他)

「かまぼこの照り焼き。甘辛に味を付けて、お弁当に合うおかずにする」(43歳/その他)

「かまぼこの醤油漬け。薄く切ったかまぼこを数時間醤油に漬けるだけ。かまぼこと醤油の組み合わせが合い、食べた時、醤油の香りが広がりご飯に合う」(36歳/その他)

「かまぼこのきんぴら。唐辛子と醤油、みりんでピリ辛に」(69歳/主婦)

「かまぼこのとろろ昆布和え。かまぼこに塩とごま油を加えて混ぜ合わせ、とろろ昆布とかつお節をトッピングするだけで完成する簡単和え物です。短時間で手早く作れるから忙しい朝にぴったり」(36歳/その他)

「かまぼこと長芋のガーリックバター炒め。両方ともバターで炒めてニンニクを少々。かまぼこは焼くと美味しいし、シャキシャキホクホクした長芋の食感と相性がいい」(47歳/出版・マスコミ関係)

「春巻き。チーズと青紫蘇、かまぼこを巻いて揚げる。お弁当にもおつまみにも美味しい」(32歳/デザイン関係)

分厚くスライスして照り焼きにしたり、細切りしてきんぴらにしたり、どれも食欲をそそりそうなアレンジばかり。ご飯がすすむこと間違いなしですね。

 

いかがでしたか。レシピのレパートリーが増えにくいかまぼこも、味付けを変えたり、調理の仕方を変えたりすれば、いろいろな料理に応用できます。おかずに、おつまみに、お弁当に、1本冷蔵庫に常備しておくと何かと便利ですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集