子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

グラタン、ドレッシング、味噌汁にもイン!? 意外だけどハマってしまうヨーグルトレシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

グラノーラにかけたり、ハチミツと混ぜて食べたり、そのまま食べても美味しいヨーグルトですが、いつもの食材の代用として料理に使ったり、隠し味に入れたり、美味しい使い方が他にもいろいろ。

そこで『kufura』では、女性500人にアンケートを実施し、「意外だけどハマる、ヨーグルトレシピ」を聞いてみました。食べ方がマンネリ化してきたかたは是非参考にしてみてください! ヨーグルトの魅力がさらに広がります。

酸味がチーズとあう!ヨーグルトグラタン

「グラタンの隠し味にヨーグルトを入れるとまろやかになる」(32歳/出版・マスコミ関係)

「ホワイトソースの代わりに使うことで酸味が効いておいしい」(40歳/総務・人事・事務)

「固めのヨーグルトとグラタンソースを混ぜて、チーズをのせてチンするだけ。チーズと酸味がよく合うので子どもにも人気」(43歳/その他)

グラタンソースにヨーグルトを使っているという声が多数ありました。ヨーグルトの酸味が濃厚なチーズとマッチして美味しそうですね! ホワイトソースよりも簡単に作れるので、時間のない日にも活躍してくれそうなレシピです。

タンドリーチキンなど、お肉料理

「タンドリーチキンの味付けに。程よい酸味がスパイシーな味をほどよくまろやかにしてくれる」(21歳/学生・フリーター)

「鶏肉をカレー粉を混ぜたヨーグルトに漬けてから焼く」(48歳/主婦)

「お肉を焼く前にヨーグルトに少しつけておくと柔らかくなる気がしてやってます」(36歳/総務・人事・事務)

「ヨーグルトと味噌、醤油、砂糖を混ぜ合わせてタレを作り、鶏肉と炒めます。あっさりした味でお肉に馴染みます」(32歳/主婦)

スパイスと相性の良いヨーグルト。ヨーグルトの酸味がスパイスをまろやかな味わいにしてくれて、美味しくなります。また、お肉を焼く前にヨーグルトに漬け込んでおくという声も。ぜひ真似してみたいですね。

他にも、カレーやシチューに入れるとコクが出る、と隠し味にヨーグルトを使っている人も。

「カレーの中に入れる。コクが出る。美味しい」(40歳/総務・人事・事務)

「激辛スープカレーにプレーンヨーグルトを入れる。マイルドになっておいしい」(47歳/主婦)

「ビーフシチューの最後の仕上げに入れると味がまろやかになる」(58歳/その他)

「シチューの仕上げにプレーンヨーグルトを少しいれると、さっぱりとしたシチューになり食べやすいです」(38歳/主婦)

ヨーグルトティラミス、豆腐ヨーグルトアイス…デザート

「ヨーグルトを水切りして、ティラミスに使うマスカルポーネチーズの代用として使う。カロリーとコスト面で気に入っている」(50歳/総務・人事・ 事務)

「ヨーグルトにマシュマロを漬け込んで冷蔵庫で冷やしてしばらく置くと、ムースのようになります」(45歳/学生・フリーター)

「泡立てた生クリームを加えてゼラチンで固める、ババロア感覚のヨーグルトデザートがおいしいです」(40歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「木綿豆腐とヨーグルト、砂糖などを混ぜて作る豆腐アイスがサッパリしていて、美味しいです」(30歳/主婦)

「ヨーグルトをビスケットに挟んで冷蔵庫で冷やすとチーズケーキ風に」(66歳/その他)

「ヨーグルトと豆腐のケーキ。ダイエットに良いし炊飯器で簡単にできる」(27歳/金融関係)

「ホットケーキに大さじ1杯入れると、もちもちになって美味しい」(40歳/主婦)

どれも簡単で美味しそうなヨーグルトのデザートレシピが続々。特に、ティラミスの味がヨーグルトで再現できるとは目からウロコですね! カロリーが気になってしまうデザートも、ヨーグルトで作れると知ったら罪悪感なく食べられそうです。

フレッシュな野菜や果物との相性バツグン!

ポテサラ、カプレーゼ風…サラダ

「ポテトサラダ、カボチャサラダに混ぜる。マヨネーズと半々。マヨネーズだけより軽く、美味しい」(61歳/主婦)

「サツマイモをマッシュしてヨーグルトで和える」(50歳/総務・人事・事務)

「おからサラダを作るとき、同量ぐらいのマヨネーズとヨーグルトで和える」(44歳/主婦)

「水切りヨーグルトのカプレーゼ。オリーブオイルでもバジルソースでも合う」(35歳/その他)

「ヨーグルトにトマトを刻んで入れています。さっぱりとサラダ感覚でおいしく食べられます」(32歳/主婦)

「玉ねぎヨーグルトをサラダ感覚で食べる」(46歳/その他)

フルーツサラダにもヨーグルトが大活躍!

「フルーツサラダ。甘夏やキウイ、バナナなどを適当な大きさに切って、ヨーグルトで和える。夏などの暑い時期、食欲がなくても美味しく食べられる」(60歳/主婦)

「ヨーグルトにお酢を少し混ぜて分離させたものを濾してフルーツやサラダに乗せる。あっさりしたチーズみたいで美味しい」(47歳/金融関係)

もったりしがちなポテトサラダやカボチャサラダも、マヨネーズとヨーグルトで作れば、味が軽やかに。程よい酸味がマッチしそうですね。ヨーグルで和えたフルーツサラダは見た目も華やかなので、ぜひホームパーティーなどで取り入れたいですね。

ヨーグルトドレッシング&ヨーグルトディップ

「サラダのドレッシングとして塩、胡椒、粉チーズなどと混ぜてかけると美味しいです」(25歳/その他)

「ヨーグルトドレッシング。アボカド、トマト、胡瓜、ゆで卵をサイコロ状にして、プレーンヨーグルトとケチャップ、ガーリックパウダーを混ぜ合わせて和える。ヘルシーだけどコクもあって美味しいです」(37歳/主婦)

「プレーンヨーグルト、塩コショウ、カレー粉、オリーブオイルを混ぜて野菜にかける。しっかりコクのある感じだけどヘルシー」(49歳/金融関係)

「ギリシャヨーグルトとりんご酢とマヨネーズでヨーグルトソースを作る。茹でたカリフラワーや焼いたブロッコリーと焼いたサツマイモに合う」(50歳/その他)

「ヨーグルトと味噌を和えて作るディップで、野菜スティックを食べる。マヨネーズよりヘルシーな気がする」(52歳/主婦)

「ヨーグルトにクミンパウダーを混ぜると簡単で本格的なディップができます。野菜スティックがよく合います」(52歳/その他)

ヨーグルトの酸味が新鮮な野菜のよいアクセントになりそう。マヨネーズの代用としてドレッシングに使っている、という人もいました。粉チーズやカレー粉、味噌などと混ぜて、いろんなアレンジが楽しめそうです。

ヨーグルトの漬物

「ヨーグルトに味噌を混ぜて、塩揉みしたキュウリや人参などを漬け込んだ浅漬け、ぬか漬のようなもの」(50歳/主婦)

「ヨーグルトと味噌を同量混ぜて漬物を作る。まろやかでおいしい」(72歳/主婦)

「お野菜のヨーグルト漬け。様々な野菜をヨーグルトに漬けます。ぬか漬けの要領です。美味しいので是非お試しを」(72歳/その他)

“ぬか床”をやってみたが管理するのが大変!という方にオススメなのがヨーグルトの漬物。キュウリや人参、大根、カブといった普段漬物にしているようなものであれば、なんでも美味しい“ぬか漬けもどき”ができちゃうそうです。

味噌汁にイン!?

「味噌汁にたっぷり入れる」(59歳/総務・人事・事務)

「味噌汁に少し入れる。濃い目の味のものが馴染みやすい」(57歳/主婦)

「味噌汁にヨーグルトを少々入れると、意外とマイルドになって美味しかった」(36歳/総務・人事・事務)

味噌汁×ヨーグルトはなかなか想像しなかった組み合わせですね! ヨーグルト少し派とたっぷり派、好みが分かれるようなので、自分はどちら派なのか、チャレンジしてみたいですね。

ほかにもこんな意外な食べ方しています!

「ヨーグルトと納豆と醤油を混ぜて食べる。ご飯にはかけません」(36歳/営業・販売)

「ヨーグルトに大根おろしを入れて食べます。酸味が緩和されて美味しいです」(36歳/総務・人事・事務)

「トマトジュースと混ぜる。トマトがまろやかになる」(52歳/その他)

「キムチと混ぜて食べるのが好き」(31歳/総務・人事・事務)

「トロトロなタイプを紅茶に入れて飲むのが好き」(54歳/主婦)

「ヨーグルトに生タマネギのみじん切り、醤油を少し回してかけて温かいご飯にかけて食べる。意外とおいしい」(57歳/営業・販売)

「パンにヨーグルトと砂糖、マヨネーズをかけて焼く。美味しい」(36歳/その他)

「焼き鮭にソースのようにかけて食べる」(43歳/その他)

どれも試したことがないものばかりですが、意外に和食での需要も多いようです。ヨーグルトが余って、いつもと違った味に挑戦してみたい、というようなときなどにいかがでしょうか?

 

いかがでしたか。もったりしたヨーグルトやトロトロ食感、豆乳ヨーグルトなどいろんなヨーグルトが出ているので、料理や使い方によって変えてみてもいろんな発見がありそうです。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。