子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

その手があったか!「夏に食べたいブロッコリー料理」ピクルスからアヒージョまで

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

『kufura』では、これまでにブロッコリーを使った美味しいレシピを数々ご紹介してきましたが、今回は女性450名を対象に“夏に食べたいブロッコリー料理”を調査しました。

シンプルにマヨネーズ和えが美味しいブロッコリーですが、せっかくなのでこの時期ならではの美味しいレシピに挑戦してみませんか?

体の中からひんやり美味しい「冷製スープにする」

「茹でブロッコリーと豆乳をミキサーにかけて冷製スープ」(54歳/主婦)

「冷製スープ。食欲がなくても冷たかったら意外と飲める」(46歳/学生・フリーター)

「サラダに添えるが基本だけど、たくさんあれば冷製スープにします。ジャガイモと一緒に入れると美味しいです!」(45歳/その他)

「ブロッコリーの冷製スープ。冷たくて美味しいので食欲のない日でもこれなら食べられる」(53歳/主婦)

「ブロッコリーとトマト缶を組み合わせた冷製スープ」(40歳/主婦)

「ブロッコリーを牛乳と一緒にミキサーにかけカップスープの素を入れて冷たいスープにする」(71歳/主婦)

暑い時期には冷たいものが欲しい! そんな方にオススメなのは、ブロッコリーを使った冷製スープ。緑黄色野菜なので栄養たっぷり、スープなので食欲がないときでも食べやすい一品です。

牛乳を使ってもよいですが、豆乳に置き換えても美味しいですね。

食欲をあおる!「ニンニクと和える」

「ブロッコリーのアヒージョ。ニンニクが効いていてスタミナがつく」(28歳/コンピュータ関連技術職)

「ブロッコリーと小海老をたっぷりのニンニクとオリーブオイルで炒める。ニンニクの香りが夏でも食欲をそそる」(44歳/総務・人事・事務)

「刻みニンニクと塩こしょう、オリーブオイルをかけてレンジでチン。夏バテ防止にニンニクが効く気がします」(33歳/主婦)

「ブロッコリーとトマトを、ニンニクみじんぎりたっぷりのオリーブオイルで炒める。軽く塩をして出来上がり。さっぱりだけど、ニンニク風味がっつりで、もりもり食べられる」(37歳/主婦)

暑さで体力が消耗しがちな今の時期は、ニンニク料理はいかがでしょうか。夏が旬のニンニクは、疲労回復や強壮に効果があると言われており、この時期摂取したい食材の一つです。

ブロッコリーとの相性も抜群で、ニンニクの香りが食欲をそそります。

パスタじゃなくてもOK「冷製麺と和える」

「トマトの冷製パスタに混ぜる」(40歳/主婦)

「ブロッコリーの冷製パスタ。色がきれいだし、たくさん栄養もとれて、あっさりしているので子どもも喜んで食べてくれる」(41歳/その他)

「冷やしうどんの上にブロッコリーを乗せ、麺と一緒に麺つゆで食べる」(39歳/主婦)

「そうめんに散らして汁をかけます」(71歳/主婦)

ブロッコリーを使った麺料理はパスタが真っ先に思いつきますが、冷製となると、うどんやそうめんという選択肢も。

特にうどんやそうめんの場合、単品で食べると野菜不足が気になります。栄養面への配慮の意味も含めて、ブロッコリーを使用してみてはいかがでしょうか。

火を使わないから暑くない「オーブン料理」

「ブロッコリーと鶏モモとじゃがいも(ほかにもお野菜なんでも)にオリーブオイルに塩胡椒でオーブン焼き。火を使わなくていいので夏に良い」(28歳/営業・販売)

「ブロッコリーに溶けるチーズをかけて、オーブンで軽く焼いたもの。ビールのおつまみにも合う」(47歳/総務・人事・事務)

「ゆでたブロッコリーを耐熱皿に入れて、マヨネーズをかけピザ用チーズをのせてオーブントースターで焼いて食べるととても美味しいです。暑い日でも簡単にできます」(47歳/金融関係)

「ブロッコリーの簡単チーズ焼き。ゆでたブロッコリーに濃い目に溶いたインスタントポタージュをかけて、粉チーズをふって、オーブンで焼く」(58歳/主婦)

オーブンを使った料理なら、コンロを使うことがない分、キッチンの温度上昇を防げそう。“ブロッコリー+チーズ”で美味しいオーブン料理が出来上がります。子どものお手軽ランチや大人のおつまみ、大人数のおもてなしなど、幅広く使えそうな一品です。

さっぱりしたものが食べたい「マリネ」

「ブロッコリーと海老のマリネ。さっぱりしておいしい」(51歳/主婦)

「たことブロッコリーのマリネ」(25歳/営業・販売)

「ブロッコリーとタコときゅうりを入れる『タコマリネ』」(49歳/公務員)

「カレー味のマリネにする。カレーの辛みと程よい酸味で食べやすい」(39歳/その他)

さっぱり食べられるマリネも、ブロッコリーが活躍します。酢は疲労回復の効果が期待できるため、夏場の活動にも一役買ってくれることでしょう。

ブロッコリーはレンジで加熱すれば、コンロ要らず。夏は作り手が暑くならない工夫も必要です。

茎まで無駄にしない「漬物やピクルス」

「ブロッコリーの芯をピクルスにして食べてます」(55歳/その他)

「ブロッコリーとトマト、キュウリなどを使用しピクルスを作ります。さっぱりしていておいしいです」(28歳/主婦)

「生のまま塩で浅漬けにして、軽く水気を絞って胡麻油・砂糖・醤油・唐辛子を混ぜ合わせたものをかける」(63歳/その他)

「塩麹につけて漬物」(71歳/主婦)

漬物やピクルスにして冷蔵庫に置いておけば、おつまみや箸休めとして活躍してくれます。ブロッコリーの房はもちろんのこと、茎の部分を活用できるのもいいところ。普段茎を食べないという方は、漬物やピクルスとして楽しんでみてはいかがでしょうか?

食材はブロッコリーだけ!その他の回答

「ブロッコリーの胡麻和え。作りたても美味しいし、冷やして食べるとまた暑い夏の日に食べるとおいしいです」(30歳/主婦)

「ブロッコリーをマスタードであえる」(29歳/総務・人事・事務)

「茹でて、マヨとゴマドレを混ぜたタレにつけて食べるだけ」(52歳/総務・人事・事務)

「茹でブロッコリーをマヨネーズ、叩いた梅干し、わさびを混ぜたディップで食べる」(53歳/その他))

「ブロッコリーとおかかをあえて、醤油をかけて食べる。冷たく冷やしてもおいしく食べられる」(25歳/総務・人事・事務)

ブロッコリーはさまざまな食べ方があるものの、ほかに食材がなくても単品で食べられるのも魅力の一つ。暑さで疲れているときには、簡単に手早くできるレシピで済ませてしまうのもアリですね。

 

今年の夏は一段と暑くなると言われています。この夏のお供として、暑さを乗り切るブロッコリーレシピをぜひお試しください。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。