子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

お家にあるゴマを今すぐ使いたくなる!ゴマをたっぷり使った美味しいレシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

日常的にゴマを使って料理していますか? 栄養豊富なゴマは、毎日でも食べたい食材の1つです。家族の健康管理や自分の美容のために、どんどん摂取していきたいですね。

そこで『kufura』では、女性384名を対象に“ごまをたっぷり使うと美味しいレシピ”をアンケート調査しました。家にあるゴマが今すぐ使いたくなるレシピを、早速ご紹介します!

ゴマ和えと言えばやっぱり…「ほうれん草と和える」

「ほうれん草のお浸しに、スリゴマをたっぷりと、醤油を少し入れて混ぜ合わせると美味しいです。ゴマの香ばしさをたっぷり感じる事が出来るので美味しいです」(57歳/その他)

「ゴマをたっぷり使った、ほうれん草の胡麻和え。ゴマの香ばしい味と香りで、子供が野菜を喜んで食べてくれます」(37歳/主婦)

「ほうれん草や春菊、きのこの白和えに練りゴマをたっぷり混ぜ込み仕上げにもすりゴマをかける。味にコクが加わり濃厚で食べ応えのある一品になります。体に良いものを摂っているという嬉しい気持ちにもなります」(44歳/主婦)

家庭料理の定番にほうれん草のゴマ和えがあるように、ほうれん草はゴマとの相性抜群。すりゴマや練りゴマの風味は、ほうれん草をより美味しくしてくれます。砂糖で甘みを増し、ゴマでマイルドにすると、子どもでも食べやすそう。

ほうれん草に限らず、春菊や小松菜といった葉物野菜にも合いますので、香ばしさをプラスしたいときにはゴマを利用してみてください。

朝から健康的に「味噌汁に入れる」

「味噌汁にすりゴマを入れる。香ばしさが加わっておいしい」(48歳/デザイン関係)

「豚汁にすりゴマをたっぷり入れる。味がマイルドになるのか『豚汁+すりゴマ』という組み合わせは子どもが大好きなメニューです」(29歳/公務員)

「豚汁にゴマとゴマ油を入れる。香ばしくこくもでておいしい」(36歳/その他)

味噌汁にゴマを入れると、香ばしさが増して美味しいという意見が多数。美味しいことに加えて、健康にもいいとされる味噌汁は、ゴマを入れることでさらに栄養価を高めることができそうです。味噌汁に野菜をたっぷり入れて、ゴマを振りかければ、朝から健康的な生活を送ることができそうですね。

旨味とコクがアップ「ラーメンに入れる」

「ラーメンに、たっぷりの白ゴマをすって入れます。ラーメンが、いくらでも食べる事が出来るような、マイルドな味になります」(59歳/その他)

「塩ラーメンにたっぷり。ゴマの風味があり、よりおいしく感じる」(34歳/その他)

「練りゴマで坦々麺をよく作った。美味しいです。独特のコクと味で、ほかの物では出せない味になる」(53歳/主婦)

ゴマはラーメンの風味を良くし、コクをだしてくれます。ゴマが欠かせない担々麺は、ゴマをたくさん入れることでマイルドな仕上がりに。

また、お昼時に食べたくなるインスタントラーメンも、ゴマでランクアップした味を楽しめるとの声も。

「ラーメンにすりゴマをたっぷりかけて食べる。ただのインスタントラーメンがこくがたっぷりのおいしいラーメンとなる」(66歳/主婦)

「豚骨味のインスタントラーメンにすりゴマたっぷりネギたっぷり。香ばしい」(60歳/その他)

旨みが増して、少しお店の味に近付けそう?

ゴマが野菜を引き立てる「サラダにかける」

「レタスのサラダにゴマ油、醤油、にんにく、すりゴマ、炒りゴマであえる。炒りゴマの、食感がいい」(45歳/総務・人事・事務)

「水菜サラダや大根サラダにいりゴマをかけると食感も味わえて風味もあがって美味しい。ゴマのプチっとした食感とゴマの香ばしい香りがして楽しみながら食事ができる。あと見栄えもよくなる」(37歳/主婦)

「ゆでた野菜が見えなくなるほど胡麻をかける。風味がよくなる」(56歳/総務・人事・事務)

市販されているごまドレッシングはサラダを食べるときの定番ですが、ドレッシングでなくてもゴマが野菜を美味しくしてくれます。もちろんお好みで、にんにくや醤油を足したり、自家製ドレッシングを作ってみても。

「オリーブオイルと塩を混ぜたドレッシングに白ゴマをたっぷり混ぜてサラダにかけるとおいしい。ゴマは野菜の味を邪魔しないので、ゴマをたくさんとれて健康的」(44歳/総務・人事・事務)

市販のものだとカロリーなどが気になってしまいますが、自分で作ってしまえば調整できて安心感がありますね。

ゴマの風味がアクセントに「きゅうりに和える」

「きゅうりの和え物にゴマをたっぷり入れる。とても風味がよくなる」(49歳/学生・フリーター)

「キャベツときゅうりの薄切りをお酢で和えて、ゴマをかける。香ばしさが加わる」(43歳/主婦)

「きゅうりの輪切りにだしの素とゴマ油、ポン酢で和えて白ゴマを振る。調味料の割合が適当でもゴマを振ることで味がまとまる」(49歳/総務・人事・事務)

きゅうりの和え物に、ゴマを利用しているという人も多いようです。食感のいいきゅうりですが、調味料で味付けしたものにゴマをプラスすると、風味が増しアクセントにも。たっぷり使って、ゴマの香ばしさを味わってみてください。

お店の味わいに「とんかつソースに入れる」

「ゴマをたっぷり使ってすりつぶし、ソースを入れてとんかつをつけて食べる。ゴマの風味でとんかつがおいしくなります」(29歳/総務・人事・事務)

「トンカツソースにゴマをすっていれてとんかつにつける。お店の味のような感じがする」(60歳/主婦)

「とんかつに、甘味噌とすりゴマをたっぷり入れて混ぜたものをぬり、トースターで焼く。香ばしくなる」(45歳/主婦)

とんかつソースにゴマを入れると、さらにとんかつを美味しく食べることができます。市販のとんかつソースやウスターソースが、本格的な味わいに。自家製ソースを作っている方は、ごまをプラスして作ってみると違った美味しさを発見できそうです。

スイーツにも利用!その他の回答

「バニラアイスに白ゴマをこれでもかと混ぜる。バニラの甘みとゴマの香ばしい風味がマッチして美味しくなる」(35歳/その他)

「クッキーです。粒の黒ゴマを入れるのがメジャーかと思いますが、我が家ではあえてすりゴマを使います。どっしりとしたコクや風味が増して、バターなしでも食べごたえのあるクッキーに仕上がります。生地にたっぷり練り込む事でコクや風味が増す。バターなしでも満足できる仕上りでヘルシー」(39歳/その他)

「白玉だんごに半分ほどすりつぶした白ゴマと砂糖を合えてしっかりまぶすと、簡単なおやつになる。食べ応えがあるのと、素材の味をたのしめる」(34歳/総務・人事・事務)

自宅でゆっくりくつろいでいるときのおやつにも、ゴマが利用できます。お菓子だけだと罪悪感が生まれてしまうこともありますが、ゴマを使うと栄養がアップした気がして前向きにとらえられそうです。

 

ゴマを加えるだけで美味しくなるのですから、すぐにでも実践できますね。今回のレシピを参考に毎日の生活にゴマを取り入れて、健康的な生活を送りましょう!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事