子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

漬けたらそのままテーブルへ!涼しげで気分が上がるKINTOの浅漬鉢【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

kufuraメンバーズ・プロのゆきです。手軽に作れる浅漬け。暑い季節はさっぱりと浅漬けとご飯があればいい時もありますよね。夜はビールのとりあえずのおつまみに。そんな浅漬けを『KINTO』の「浅漬鉢」はもっと簡単にしてくれました。

テーブルにそのまま出して彩りを楽しめる

null

今回ご紹介するのは『KINTO』の「浅漬鉢」。ソーダガラスでできていて、涼感がありつつもコロンとした見た目がかわいいんです。

「浅漬鉢」には380ml(税込1,320円)、640ml(税込1,650円)の大小のサイズがあるのですが、わたしはAmazonでそれぞれをちょっとお安く購入できました。

野菜を入れて蓋をするだけで浅漬けが完成
テーブル上で映える

野菜をサッと切って器に入れて、漬物石代わりの蓋をして冷蔵庫へ。蓋が重しになるので、この浅漬鉢だけで浅漬けが完成! ポリ袋やジッパー袋を使う必要もなくゴミを出さずに済むので、エコなのもうれしいですよね。

また、冷蔵庫からテーブルにそのまま出せるデザインが1番のお気に入りポイント。手づくりの風合いのガラス鉢はそのままテーブルに出してもかわいい。

実のところ、「そのままテーブルに置けそうだから」というのが購入の決め手だったんです。色とりどりの野菜が見え、ポリ袋でつくっていた頃より野菜の色合いを考えてみたりして、浅漬けづくりを楽しむようになりました。

夏バテしているときにうれしい涼しげな見た目

浅漬けを作るほかにも、そうめんを食べるときの器としても使っています。ガラスの涼しげな見た目が、暑い夏のひとりそうめんにぴったりなんです。

食卓を彩る手伝いをしてくれる「浅漬鉢」

また、ガラス製なので匂いがつきにくく、食洗機を使用することもできてお手入れ楽ちん。使用上の注意としては、電子レンジが使えないこと、 少々重いことくらいです。

食卓を涼しげに彩ってくれる『KINTO』の「浅漬鉢」、とても気に入っています。

構成/kufura編集部


ゆき(kufuraメンバーズ・プロ)

片付けを先送りにした汚部屋20年を経て整理収納アドバイザーに。アラフィフ世代の第二の人生を応援する、心地よい部屋づくりを叶える整理収納術を発信中。→Instagram(heya_karada_diet

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

プロフィール

kufuraメンバーズ・プロ
kufuraメンバーズ・プロ

kufura公式アンバサダー。整理収納アドバイザーの資格をもつ女性8名のメンバーで構成。整理収納のコツや日々のくらしについて発信中。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集