子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「動物のために何かしたい、でもどうすれば…」思いを届けるオンライン寄付サイト

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

新たな飼い主を待つ保護犬・保護猫のニュースをよく目にしますよね。これから動物を飼うなら保護犬・保護猫を迎えようと思っている方もいるのではないでしょうか? あるいは「いまは飼えないけれど動物のために何かできたら……」と考えている方もいると思います。今回は、そのような思いを届けてくれる支援活動のひとつ、公益社団法人アニマル・ドネーションの活動を紹介しましょう。

「アニドネ」は動物を思う気持ちと寄付を届ける

わたしたちの周りには動物がたくさんいます。家庭で飼われている犬猫はもちろん、新たな飼い主さんを待つ保護犬・保護猫、不自由な人をサポートする盲導犬や介助犬、癒しをもたらす介在犬などのアニマルセラピーの動物です。

「これらの動物のために何かしたい」と思いを届ける方法のひとつに、公益社団法人アニマル・ドネーション(アニドネ)が運営している動物専門寄付サイトがあります。2011年に東日本大震災の年から活動を始めました。動物保護団体などの動物関連の活動を行う団体へ、寄付金や物資とともに動物を思うやさしい気持ちを届けてくれます。

信頼できる「認定団体」への支援の方法を選べる

全国にはさまざまな動物関連団体があるので、どこに寄付や物資の支援をしたらいいのか迷ってしまいますよね。アニドネでは、現地調査や外部有識者を加えた審議会などを経て、適正に審査した「認定団体」を公表しているので、動物のためにがんばっている団体へ適切に届けてくれます。2022年11月現在で認定団体は33団体となり、活動を始めてから11年の間に届けた寄付金は3億円を超えました。個人はもちろん企業の支援も可能です。また公益社団法人であるアニドネへの寄付は税額控除の対象となっています。

支援の方法

・寄付金を送る

オンライン決済、口座振込、ふるさと納税、遺贈のほか、賛助会員になる方法があります。

・買い物で寄付する

特定の商品を購入すると売り上げの一部が寄付されるしくみです。

・お金や物以外の支援

ボランティアに参加するほか、会社や店舗に募金箱やパンフレットを置くことも支援になります。

アニドネから支援できる団体

・保護団体

行政の動物愛護センターなどに収容されている犬や猫を保護し、必要なケアをして新たな飼い主さんに譲渡する活動を行っています。

・介在団体

教育現場で動物を活用した「動物介在教育」をはじめ、病院や福祉施設で「動物介在療法(アニマルセラピー)」を行っています。

・伴侶団体

盲導犬や聴導犬、また手足が不自由な人をお手伝いする介助犬など、人間の暮らしをサポートする犬たちを育成している団体です。

・啓発団体

シンポジウムや印刷物などを通じて、子どもたちや飼い主さんに対して、動物に対する愛護活動や動物福祉を啓発している団体です。

動物への支援の気持ちを幸せにつなげよう

「人と動物が幸せに暮らせたらいいな」と思ったことはありませんか? 動物を愛する気持ちが「動物愛護」とすれば、動物の幸せな暮らしを実現するのが「動物福祉」です。

アニドネでは動物関連団体への寄付を届けるだけでなく、日本の動物福祉の向上を目標に掲げて活動しています。「動物のために何かしたい」という気持ちをさらに大きな幸せにつなげましょう。

 

アニドネ公式サイト:https://www.animaldonation.org/

プロフィール

金子志緒
金子志緒

ライター/編集者。レコード会社と出版社を経てフリーランスになり、雑誌、書籍、Webの制作を行う。得意分野はペット、防災、医療、PRなど。甲斐犬のサウザーとおもしろおかしく暮らす。愛玩動物飼養管理士1級/防災士/いけばな草月流師範。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集