子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

妻が「結婚してよかったと思う瞬間」ランキング!今すぐ家族に会いたくなるかも…

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

「男は敷居をまたげば七人の敵あり」ということわざがありますが、共働き家庭が増えた今、男女ともに外で戦い、中では子育てに家事に追われる男女は疲れ果て、誰もが安らぎの場所や真の味方を求めているのではないでしょうか。ところが、結婚をためらう男女の中には、「家庭の中にも敵ができてしまう」ことを恐れている人が少なくありません。

さて、皆さんは、結婚によって得られるものと失うもの、どちらの方が大きいと思いますか? 「自由を失った」という声も「喜びが倍増した」という声も聞かれますが、実際のところ、結婚後の男女はどんな気持ちで毎日を送っているのでしょうか。

『kufura(クフラ)』編集部は、既婚男性350人、女性339人、合計689人に「結婚してよかった」「結婚しなければよかった」瞬間についてアンケートを取りました。

既にお届けしている1回目・2回目の【男性編】に続き、【女性編】の「結婚してよかったと感じた瞬間」「結婚しなければよかったと感じた瞬間」をお届けします。

今回は、既婚女性による「結婚してよかったと感じた瞬間」のアンケート結果です。

「結婚してよかった」と感じた瞬間6位~10位の結果は?

まず、6位~10位の回答を一気にご紹介します。

10位・・・いつも思っている

「いつも感じる」(29歳・主婦)

9位・・・安心するとき

「冬、寝るときあたたかいとき」(32歳・営業・販売)

8位・・・夫の優しさに触れたとき

「主人に大事にされていること。幼少期は家族が自分に対して無関心だったから、余計に幸せを感じること」(52歳・その他)

7位・・・「結婚してよかった」と感じる瞬間はない

「今まで一度もない」(44歳・主婦)

6位・・・支え合っていると感じたとき

「お互いを心の支えとしているから。兄弟や、友達に相談しても不安が解消できなくても、夫の一言で自分の心が解決できる」(54歳・主婦)

安心、やさしさ、支え合いというポジティブな言葉が並びました。男性の回答と比較して、情緒的な回答が多かったのが印象的でした。339人中16人は「結婚してよかったと感じた瞬間はない」と回答。後悔の気持ちをつづる人もいました。

続いて、1位~5位の回答をご紹介します。

5位:夫と過ごすのが楽しいとき(24人)

純粋に夫との時間がとても楽しい。そんな声もたくさん集まりました。

「ほんとうに大切な人なので、同じ空間にいられることが毎日嬉しいし楽しい」(47歳・主婦)

「ふつうに毎日が楽しいし、どうでもいい話ができる。相談にいつでものってもらえる」(38歳・主婦)

「夫婦で過ごしていて楽しいと感じる」(29歳・金融関係)

会話のネタがなくなるどころか、毎日聞きたいことも、話したいことも尽きることがない……。そんな雰囲気が伝わっています。

4位:「1人じゃない」と感じたとき(25人)

今日のできごとを話したり、一緒にテレビを見たり、コーヒーを飲んだり。日常を共にできることの喜びがつづられていました。

「子どもができず猫を飼っているので、猫の話で盛り上がる。あまり気を使わずに過ごせる。一緒にいると寂しくない」(46歳・その他)

「晩酌も1人だと寂しく感じるけど、夫と飲みながら他愛もない話しをして楽しく飲める」(34歳・主婦)

「1人ではないと感じる」(44歳・コンサルタント)

「食事を1人でしなくなったので、お互いの健康を考えつつ料理をするようになったこと。会話をしながらの食事がおいしいってことに気がつけたこと」(38歳・その他)

【男性編】でも、家の明かりや食事の香りで“ホっとする”という声が集まっていました。男女ともに「1人の時間がない」という不満も聞かれましたが、同時に一緒に暮らす相手がいることの幸せを感じている男女が多いようです。

3位:一緒にいられる幸せを実感したとき(26人)

一緒にいられる時間が限られていた恋人時代。結婚してずっと一緒にいられることを幸せに感じている女性も。

「好きな人と一緒に居られる」(35歳・総務・人事・事務)

「一緒にいられる時間が長くなった」(37歳・営業・販売)

「結婚前は遠距離だったので、毎日一緒に過ごせることが楽しい」(33歳・主婦)

「一緒に眠るとき」(31歳・デザイン関係)

「今も夫が好き」(54歳・その他)

このように、長年連れ添った夫への恋心を感じさせるような回答も寄せられました。

2位:笑っているとき(38人)

うれしい、楽しい、照れくさい。胸いっぱいの感情が笑い声になって弾けた瞬間に「結婚してよかった」としみじみ思う女性が多いようです。

「笑いのツボが同じなので会話が楽しい」(35歳・主婦)

「皆で笑っているとき」(33歳・総務・人事・事務)

「笑いの絶えないとき。結婚までのカップル期間が短かったのですが、結婚してからも恋人のようにお互い接しています」(26歳・広報・宣伝)

「いつもふざけ合えて笑いが絶えないことが心地よいこと」(37歳・主婦)

「笑う門には福来る」という言葉のとおり、笑いが笑いを呼んで、家族中に広がっていくシーンが目に浮かぶようですね。

1位:子どもの存在を通じて(68人)

最も多かった回答は、子どもにまつわるものでした。

「子どもの寝顔を見ながら“成長したね”と話しているとき」(37歳・営業・販売)

「子どものことを話し合ったり、一緒に笑いあったりする時間」(33歳・主婦)

「夫にそっくりの子どもを見てると微笑ましくなる」(39歳・主婦)

「子どもを持てたことで、幸せな瞬間がたくさんあること。夫と同じテレビを見ながら同じところで笑ったり、同じような気持ちで楽しめるところも居心地が良い。ストレスを感じる瞬間はたくさんあるけどなんだかんだこういう幸せな時間が持てるとありがたみも感じます」(32歳・主婦)

子育てはとても大変だけど、成長を喜んだり、夫婦で“親バカ”ぶりを競ったりと、子育てを通じて「結婚してよかった」と感じる女性の声が最も多く集まりました。ちなみに【男性編】の1位も同様の結果でした。

アンケート結果を振り返って…

女性側からよくあがっていた回答は“笑い”“たわいもない”“何気ない”という言葉で表現された日常の風景です。同時に“共有”“一緒”という言葉も多く使われています。

同じ空間や楽しいことをシェアできる相手がいることへの喜びがひしひしとつたわってきました。子どもの成長についても、“ワンオペ育児”だとつらいのが、苦労や楽しさも分け合える相手がいることで、ますます幸せに楽しく感じるという声も。

また、「結婚してよかったと思った瞬間はない」という回答が7位にランクインした一方で、「夫といる時間が愛おしい」(40歳・主婦)などと、愛の言葉も多く寄せられました。夫婦関係を扱った記事はお互いがいがみ合う瞬間を切り取ったものが少なくありませんが、円満夫婦のささやかな日常は、あまりニュースになりにくいのかもしれませんね……。

 

続く次回はいよいよシリーズ最終回。妻たちが感じた「結婚しなければよかった」と感じた瞬間です!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。