子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「ずっと仲良くして欲しい」と思われるママ友の特徴7つ!現役ママ230人に聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子どもを通してできる「ママ友」。人間関係が複雑になりそうで、あまりいいイメージがないという人もいるようですが、実際のところはどうなのでしょうか。

そこで『kufura』 では、「ずっと仲良くして欲しいと思うママ友の特徴」を現役ママたち230人にアンケート調査をしました。早速ご覧ください!

1:信用できそう…「悪口・陰口を言わないママ」

「他人の悪口を絶対に言わない方」(39歳/主婦)

「人の悪口を言わないママ友。ふんわりとした優しいイメージの人。こちらも気負わず、気持ちよく付き合えるから」(38歳/主婦)

「子ども自慢をしない、人の悪口を言わない人」(57歳/主婦)

「悪口、陰口を言わない人。行事とか何かあるときに気にかけてくれるお母さん」(34歳/主婦)

「人の悪口を言わず、空気が読める気さくなママ。一緒にいてすがすがしい」(43歳/その他)

「明るくて人の悪口を言わず、子どものことも肯定のお話が多いので楽しい」(41歳/会社経営・役員)

今回のアンケートで一番多かったのは「人の悪口・陰口をいわない」で、230人中、35人の方が回答してくれました。悪口を聞いていい気持ちになる人は少ないでしょうし、何かとトラブルの元にもなりかねません。この意見が一番多かったのは、納得の結果ではないでしょうか。

2:悩みが尽きない育児…「話を聞いてくれる・悩みを共有できるママ」

「旦那がわかってくれないような、育児の大変さを一緒に笑って話せるようなママ友。話すだけでストレス解消になるから」(35歳/その他)

「悩みを聞いてくれるが、口外しない。信頼できる」(59歳/主婦)

「子どもの悩みごとが同じでお互い相談したり励ましたり出来る存在。年が近い」(46歳/公務員)

「私の話をよく聞いてくれる人、共感してくれる人」(57歳/主婦)

「相談をすると共感してくれて色々親切にしてくれる。よく家に誘ってくれる。近所の新しい情報を教えてくれる」(59歳/主婦)

悩みが尽きない子育て。ちょっと話を聞いてもらったり、わかるわかると頷いてもらうだけでも気が楽になる時もありますよね。そういった悩みを、同じ境遇にあるママたちと共有するだけでも少しホッとできるのかもしれません。

3:人間性が大事「性格が前向き・裏表がなく優しいママ」

「みんなに優しいママ友。ニコニコしてると楽しいから」(40歳/その他)

「謙虚な人。気持ちの良い人はそこが出来てる気がするから」(38歳/学生・フリーター)

「好奇心旺盛で前向きでイキイキしている人。一緒にいて刺激を受けるし、自分も成長できる」(56歳/主婦)

「明るくて、さばさばしていて、表裏が無い」(30歳/主婦)

「裏表なく、いつ会っても感情が安定しているママ友。口が堅い方」(43歳/主婦)

ママ友に限らずいえることかもしれませんが、友達は、付き合っていて気持ちのいい人がいいですよね。裏表がなく、サッパリとしていて付き合いやすいママは、ママ友であっても人気があるという結果になっています。

4:お互いの生活が透けて見えがちだから…「距離感の取り方が上手なママ」

「過干渉してこないママ友」(34歳/主婦)

「近すぎず遠すぎず」(26歳/総務・人事・事務)

「家庭のことにそこまで入って来ない人」(40歳/その他)

「つかず離れずの関係を保ってくれる、常識的なママ」(45歳/主婦)

「適度な距離感で付き合ってくれるママ友。自分の子どものことだけではなく、みんなの子どものこともきちんと叱ってくれるママ」(29歳/主婦)

「あまり人の家のことを干渉しない人となら、さばさばとしていて気持ちよくつきあえるから」(49歳/主婦)

「群れなくても平気なママ友。常に誰かと一緒じゃなきゃだめな人は無理。適度な関係でいたいから」(34歳/主婦)

「やたらガツガツ来ないけど、挨拶はきちんとしてくれる、割と距離感のあるママ。ガツガツベタベタ甘えママは、悪くないけど、断りどころがわからなく、ツライ」(48歳/主婦)

子どもがあってこその友達である「ママ友」は、家が近所だったり、園や学校が一緒だったりと、隠しても隠しきれない点が多く、プライベートが透けて見えることも少なくないですよね。自分が黙っていても、子ども同士で勝手に会話をしていたり、見られたくない部分、知られたくない部分が伝わっていたり……。そんな時でもズカズカと入ってくるのではなくて、適度に距離を保つことが、いい関係を続けていくポイントだと考える人が多いようです。

5:気を使わないのが楽「居心地がいいママ」

「一緒にいて居心地がいい人。気が合う人でないと、話も弾まないから」(38歳/主婦)

「気を使わないママ友。自分を作って接しているのも限界がくるから」(28歳/主婦)

「気楽に遊べて会うのに緊張しなくてなんでもしゃべれる人」(32歳/主婦)

「とてもマイペースで、あまり気をつかわせないのがよい」(58歳/主婦)

人付き合いのなかで、なんとなく自分と気があう人、馬が合うという人がいますよね。そういった人がママ友だった場合、とても楽に過ごせるようです。共通点があったり、自分とペースが似ていたりすると楽かもしれませんね。

6:子どもを介しての関係だから…「子ども中心で付き合えるママ」

「子ども同士の個性や付き合いを理解して、なおかつ大人としても付き合える人」(46歳/その他)

「互いの子の話をして分かり合えるママ友」(50歳/主婦)

「くだらないことで笑いあえる。お互いの子どもを大事にする」(49歳/総務・人事・事務)

子どもを通しての付き合いだからこそ、お互いの子どもにとっていい関係を築けるかどうかを重視しているという意見もありました。

7:子どもは関係なし!「ママ友の枠を超える友人」

「趣味が同じママ友。趣味で繋がれるから」(47歳/総務・人事・事務)

「本音でつきあってくれるママ友。安心できるから」(36歳/その他)

「子どもとは関係なく気が合う友達」(49歳/主婦)

「気軽にランチに誘いあえる人。フットワークが軽いと、気兼ねなく付き合える」(49歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「趣味が合う人。子どもなしでお茶などに行ける関係の人。個人として好きだから」(38歳/営業・販売)

ママ友といっても、大前提として自分の友人の一人であることは間違いないですよね。たまたま同じ時期に近い場所で子どもを育てているという共通点はあるものの、人として楽しい、仲良くしたいと思える人がいる人もいるのではないでしょうか。大人になると本当の友達ができづらいという声も聞かれる中で、その枠を超えていい付き合いができる人と出会えたら、もう最高ですね!

 

いかがでしたか? 子どもの成長に合わせて行動範囲が変わり、それにつれて自ずとママ同士の人間関係も変化していきます。その時々に合わせて新しいママ友を作っていくことも大切ですが、一方で、ずっといい関係性を保てるママに出会えたら、子育てがもっと楽しくなりそうです。そして、自分もそう思ってもらえるママになれるようにしたいですね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集