kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

小さな子どもと海外旅行するなら…実はグアムがよかった理由【子連れ海外お役立ちテク#5】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子どもと一緒に旅行をするならどこに行こうか。とても悩みますよね。出産前に行った思い出のハワイ? 国内だけれど海外リゾート気分を味わえる沖縄? いろんな選択肢があると思います。ですが、私自身がこれまで20回子連れで海外旅行をした経験を踏まえて考えると、結局グアムがいちばんよかったんです。その理由を紹介します!

子連れ海外にグアムがおすすめの理由5つ

(1)グアムは時差が1時間しかないから、子どもの生活リズムが乱れない

私が子連れで海外旅行に行きたいなぁと思い始めたのは、初めての育児にほんの少しだけ慣れてきた、子どもが1歳になったころ。子どもが2歳になれば飛行機代がかかるようになるから、タダで行ける今のうちにどこか行ってみようかと思いついたのがきっかけです。

行き先を決めるときに、まず大事にしたかったのが、時差があまりないこと。ご飯の時間、お昼寝の時間、夜寝る時間……。これまでに整えてきた生活リズムが時差で乱れると、旅行中に親も子どもも大変。旅行から帰ってきても、元のリズムに戻すのに時間がかかります。このストレスをつくりたくなかったからです。

私はビーチリゾートで癒されたかったので、この視点で考えると、時差がない国内の沖縄、時差が1時間のグアムやオーストラリアが候補になりました。

(2)グアムは飛行機で約3時間半だから、子連れでもどうにかがんばれる!

とはいえ、やっぱり独身時代に大好きだったハワイに行きたいという気持ちも残っていました。けれど、小さな子を連れて長時間のフライトに耐えられる自信がなくて却下。

そういうわけで、最終的に絞られたのは、フライト時間が短いグアムか沖縄。沖縄は羽田空港から約2時間半。グアムなら約3時間半のフライト。これくらいなら、赤ちゃん連れでもどうにかがんばれそうですよね。

最終的に私が沖縄ではなくグアムに決めた理由は、「値段」と「飛行機のパーソナルモニター」です。夏休みの時期はどこに行くのも旅費は高くなりますが、特に沖縄は値段がグンと上がります。タイミングによっては、グアムの方が安かったんです。それに、グアムは国際線なので、飛行機の座席にパーソナルモニターが付いている航空会社があります。パーソナルモニターでは、子ども向けの映画やテレビ番組が見られたり、ちょっとしたゲームもできます。ですので、3時間半のフライトは本当にあっという間。親もラクチンでした。

(3)グアムは、空港からホテルまでの距離が近い

グアムの魅力は、なんといっても、空港からホテルへの距離の近さです。ツアーの場合は、ツアー客が揃ってからバスが出発するので、待ち時間がありますが、実際の距離だけでいうと、車で10~15分程度の距離。空港からホテルがあるグアムの中心地が見渡せるくらい。

子連れでの飛行機の搭乗を無事にどうにか乗り越えたのに、もしそこからまた1時間の移動があれば、なかなかゆっくりと落ち着けませんよね。空港から近いって、本当にラクなんです。移動で疲れた体も、すぐホテルに入れることですぐに休めることができるので、その後の予定に響きません。

(4)グアムは子ども向けの施設がたくさんある!

これは私が実際にグアムを訪れてわかったことですが、グアムはとてもキッズフレンドリーな場所なんです。子ども向けのプールがあるホテルが多いし、ベビーチェアや子ども向けの食器などを用意しているホテルやレストランもたくさん。子どもが喜ぶ遊び場もたくさんあります。グアムの方も子どもにとてもやさしくて、子連れだと笑顔で話しかけてくれることも多いんです。子連れで行くたびに、毎回ストレスなく過ごせます。

(5)グアムは、海がとってもきれい!

この写真、見てください! グアムの海って、とっても透明できれいなんです! しかもこれがホテルの目の前の海だから、余計に驚きませんか? こんなきれいな海を見ていたら、日々の育児の大変さもすっかり忘れてリフレッシュできます。浅瀬でもたくさんの魚がいるので、子どもと一緒に楽しめます! 私はグアムの海のきれいさにすっかりトリコになって、シュノーケリングという新しい趣味もできたほど。ぜひ実際に見てみてほしいです!

 

5回に渡ってご紹介した【子連れ海外お役立ちテク】。みなさんの楽しい旅の参考にしてみてくださいね。

 

撮影/高橋香奈子

【参考】

高橋香奈子(2018)『子連れGUAM~ラクチン・ストレスなし・子供も自分も楽しめるいちばん近い海外リゾート~』(ワニブックス)

 

12回の子連れグアム旅行、約20回の子連れ海外旅行の経験を生かし、完全ママ目線・旅行者目線でつくられた1冊。子連れに向いたホテル選びのポイントから、飛行機内での過ごし方、旅行の持ち物リスト、現地での過ごし方、買い物&レストランスポット情報まで、すべて著者が実際に子連れで訪れ、ママのフィルターで納得したものだけ厳選して掲載。こんなに子連れ目線で、かゆいところに手が届くガイドブックはこれまでになかったと大好評で、即、重版出来。ファッションエディターならではのおしゃれでわかりやすい誌面も話題に。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載