子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

おうち学習を小学館が応援!無料サイト「うちスタ」がオープン…ベストセラーシリーズのダウンロードも

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

「子どもの勉強、どうしよう」……。長引く休校で、”勉強する”という習慣をどうやって維持させていけばいいのか、苦労しているお父さんお母さんも多いと思います。

このような現状に対し、小学館では在宅の学習期間が続く小学生に向け、現在発売中の人気ドリルを中心に一部コンテンツの無料公開を始めました。

ママたちの悩み「休校中の子どもたちの過ごし方」

今月の初旬、『kufura』が37万人のフォロワーがいるInstagramで募った「いま困っていることを教えてください!」という問いかけに対し、とても多かったのが休校中の子どもの過ごし方についてです。

”子どもがゲームばかりしてしまう”“子どもが時間を持て余してしまう””何か学べるコンテンツが知りたい”といった多くの声があがりました。

小学4年生の娘と、入学式に出て以来、休校に入ってしまった1年生の息子と共に日々リモートワークをしている私、kufura編集部Kもまったく同じ問題に直面してます。

子どもが健康でいてくれることが一番!とは思いつつ、“学び”を忘れないために、あの手この手を尽くしてはいるものの、策もすでに尽きつつあります……(まだ4月なのに)。

27日に開設された『うちスタ』より。第1期公開は18コンテンツ。今後、第2期も予定されているそうですよ。

困ってるお母さんたちの声を聞いて、小学館が開設したのが自宅学習応援無料サイト『うちスタ』。おうちでの勉強が少しでも楽しくなるよう、コンテンツが集められているそうです。

子どもの在宅学習については、さまざまな企業が無料コンテンツの提供をしてくれているので、我が家でも利用しているのですが、この『うちスタ』の特長は、小学館で発売されているドリルなどを中心に無料開放されているという点です。

ドリルにぬりえ…楽しく学んでみよう!

ダウンロードしてプリントアウトしたのはこの3種。ぬりえは私用に。

今回公開された18コンテンツは、全文ダウンロード、一部ダウンロード、外部サイトから試し読みかダウンロードができるもの、があります。

ベストセラー『本物の国語力をつけることばパズル』シリーズから、『ドラえもんはじめて』シリーズまで、幅広い年齢に対応した教材がそろいます。

どうしても電子機器中心になりがちな子どもたちなので、ドリルなどをダウンロードしてプリントできるのが嬉しい! 実は最近、プリンターを買い替えたので、さっそく子どもたちにやらせてみました。

私用に、累計発行部数60万部を突破!“大人のぬりえ”ブームを牽引してきた「きいちのぬりえ」も一緒に印刷しました。

「ぼく、このぬりえやりたい」。
えっ……。まぁいいでしょう!
ぬりえを中断し、ドリルに手が伸びました。お姉ちゃんは、もくもくと学習。
紙だから、折る作業もできます! 

レトロなぬりえが珍しいのか、思った以上に人気でしたが(笑)、しっかりドリルにも取り組んでくれましたよ。

『うちスタ』は、ドリル以外にも、室内での親子遊びの参考になる実用書『きほんの遊び142』『脳をきたえる「じゃれつき遊び」』などからも、すぐに使えるページを公開しています。

先行して無料公開している『学習まんが日本の歴史』や、著者サイトで全文公開中の『東大生が考えた魔法の算数ノートなっとQ~』など、他のサイトへの入り口も兼ねているので、ブックマークしておくと便利ですよ。

 

まだまだステイホーム、の日々は続きます。いろいろな選択肢の中から、子どもが飽きずに”学び”から離れないようなあれこれを、親も準備しておきたいですね。

 

『うちスタ』

https://www.shogakukan.co.jp/pr/uchist/

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。