kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

夫婦の意外なお財布事情…仲がよい夫婦が活用しているものって!?

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

11月22日の「いい夫婦の日」にさきがけて、楽天株式会社が運営する楽天市場が、20~50代の既婚男女800名に「夫婦のお財布事情&不用品処分に関する調査」を実施しました。そこで明らかになった、夫婦の“へそくり”事情など意外な実態をご紹介します。

3人に1人が「共通ポイント」を“へそくり”に

今回、“へそくり”があるかどうか尋ねたところ、過半数(57.6%)が「ある」という結果になりました。

また、“へそくり”保有者(461名)に対して、どんな“へそくり”を持っているのか尋ねたところ、そのへそくりの種類は現金(すぐに現金化できる預貯金を含む)についで、楽天スーパーポイントやTポイントなどの共通ポイントが第2位に。

“へそくり”保有者の3人に1人が共通ポイントをへそくりとして持っている、という実態が明らかになりました。

罪悪感を感じないへそくり第1位は「共通ポイント」

「配偶者に知らせなくても罪悪感を感じない“へそくり”の種類は?」について尋ねたところ、「共通ポイント」と答える人が、「現金」と答えた人を上回り、第1位に。「共通ポイント」は、現金よりも罪悪感を感じにくい、気軽な“へそくり”として認識している人が多いようです。

仲が良い夫婦の過半数が、配偶者への贈り物を購入する際にポイントを活用

また、配偶者への贈り物を購入する際にポイントを利用したことがあるかどうかを尋ねたところ、「夫婦仲が良い」「どちらかというと仲が良い」と答えた夫婦の半数以上(52.0%)が配偶者への贈り物を購入する際にポイントを活用しており、「仲が良くない」「どちらかというと仲が良くない」と回答した夫婦よりもポイント利用が多い結果になりました。

共通ポイントの使い道を尋ねたところ、共通ポイントを配偶者のために使う人の割合は、「配偶者と仲が良い」と回答した人の54.5%となり、「配偶者と仲が良くない」と回答した人のおよそ2倍となりました。

さらに、「夫婦のためにポイントを使う」と答えた人は、「配偶者と仲の良い」と回答した人で25.4%、「配偶者と仲が良くない」と回答した人で7.8%となり、約3倍ものひらきがあることがわかりました。

 

共通ポイントをへそくりにしている人が意外にも多かったですね。でも、そのへそくりが自分へのプレゼントになるのなら……夫のへそくりポイントにも目をつぶっていいのかもしれません。

 

【参考】
 〈いい夫婦の日 夫婦のお財布&不用品処分調査〉3人に1人が「共通ポイント」を“へそくり”に

 

はてなブックマーク facebook Twitter LINE