kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

夏休みに楽しく学ぶ「数え方」!タケコプターは1台じゃなくて…ドラえもん、正解は?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

日常生活において「これはどうやって数えるんだろう」というシーンがたびたび訪れますよね。例えば、ドラえもんの定番ひみつ道具、“タケコプター”は何と数えるのでしょうか? 無難に「1つ」と言いたくなりますが、果たして正解は……?

子どもの学習にも「数え方」が大事!

私たちの身近にある物の数え方を楽しくレクチャーしてくれるのが『ドラえもんはじめての数え方』(小学館)。著者の飯田朝子先生によれば、数え方を理解することで、算数の文章題や国語の読解問題にも強くなるとのこと。

確かに、子どもが算数の文章題を解いているのを見ているとき、「それは、“個”じゃなくて、“本”で答えなくちゃダメじゃない!」なんて口を出してしまうこと、ありませんか?

ドラえもんといっしょに約100種の「数え方」が楽しく学べる本書の1コマを参照しながら、思わず誰かに教えたくなる数え方のコツをご紹介します。

「タケコプター」は…どうやって数えるのが正解?

タケコプターは、車や自転車といった乗り物のように“1台”と数えたくなりますが、“台”には“土台”、つまり大地が支えているものという意味があります。

大地と離れ、空を飛ぶための道具や乗り物には“機”を用います。

つまり、タケコプターの数え方は“1機”。パラグライダーのように、精密な機械を搭載していなくても“1機、2機”と数えます。

【「機」と数える乗り物】

飛行機、気球、パラグライダー、ロケット、ヘリコプターなど

タケコプターひとつとっても、日本語の数え方って奥深いですね。

大人でも難しい!「月」や「太陽」の数え方は?

私たちの身近には、数え方を必要としない物もあるってご存じでしたか? それは、月や太陽。

確かに、人間にとってたったひとつの存在だから、数える必要はありません。ただし、「湖面に月が2つ映っている」といった場合には、数えることもあります。

『ドラえもんはじめての数え方』は、他にも鬼やお化けの数え方など、子どもの「知りたい!」が満載。「なぜ、この数え方をするのか?」というルールを自分で発見することで、身近な物の見方が変わってくるかもしれませんね。

 

【参考】
『ドラえもんはじめての数え方』まんが原作:藤子・F・不二雄、著:飯田朝子(c)藤子プロ・小学館2018

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載