子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【パパ編】自分と子どものよく似ているところ。似てよかった&似てしまって申し訳ないエピソードも

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

親と子は別の人間とはいえ、やはり遺伝子のなせる技なのか、顔や体型はもちろん、しぐさや物の好み、性格など、「なんだかよく似ているな〜」と思う部分もいろいろあると思います。今回『kufura』では、お子さんのいる男性500人にアンケートを行い、「自分と子どもがよく似ていると思うところ」を聞いてみました。あまりによく似ていて、我ながらビックリしたというエピソードも併せてご紹介していきます。

顔や体型、しぐさなどが似ている

「顔のみならず、体型までそっくり。二人で撮った写真や並んで鏡に映った姿を見ると、自分ながらビックリします」(66歳/その他)

「自分の髪のクセが強いので、子どもの髪の毛がカールしているのを見ると、自分にそっくりだな~と思います」(47歳/営業・販売)

「息子の友人からの電話にたまたま私が出たとき、私を息子だと思い込むほど二人の声がよく似ていると言われました」(76歳/その他)

「息子の話し方が私とよく似ていると思います」(57歳/その他、息子/30歳)

「しぐさやクセです。別に教えたわけでもないのに、子どもは私と同じしぐさをよくします」(74歳/その他)

「何かに夢中になると唇がとがるところ。私も集中すると『唇がムッととがっている』と周りからよく言われます」(25歳/営業・販売)

子どもの顔を見ていると、ふとした瞬間に自分にそっくりだと思うことがありますよね。やはり親子は遺伝子的に顔や体型が似るものなのか、ほかの人から見ても一目で親子だとわかる場合も多いもの。ただ、しぐさについては、遺伝もあるかもしれませんが、どちらかというといっしょに生活していく中で、親のしぐさを子どもが自然とマネしているような気がします。

勉強などの得意・不得意が似ている

「私は子どものころから数学が得意でしたが、娘も同じく数学が好きで成績もいいです」(62歳/公務員、娘/17歳)

「理科系が得意なところが自分とよく似ていると思います」(81歳/研究・開発)

「娘は私同様英語が得意で、今は近所で小学生に英語を教えています」(73歳/その他、娘/44歳)

「娘は走るのがとても早いのですが、それについては自分とよく似ていると思います」(54歳/コンピュータ関連技術職)

「音痴なところがそっくりです」(68歳/その他)

「体がかたくて運動などが苦手なところは自分といっしょですね」(54歳/公務員)

やはり親子だと、勉強などの得意・不得意が似ることもある様子。たしかに、文系に強い人や理系に強い人など、得意・不得意は生まれ持った部分もあるかもしれませんが、子育ての際に親が無意識ながらも得意な分野を子どもに熱心に教えたり、逆に苦手な分野を避けたりすることもあると思うので、実はそういったことが影響している可能性もありそうです。

趣味や好きなことが似ている

「子どものゲーム好きなところが自分とよく似ています」(57歳/その他)

「マンガなど絵を描くのが好きなところ。私も子どものころは絵を描くのが大好きでした」(48歳/その他)

「工作好きなところ。子どもがおもちゃを改造して楽しんでいる様子を見たときは、自分の子どものころにそっくりだなと思いました」(54歳/営業・販売)

「演劇や小説が好きなところが自分とよく似ています」(61歳/総務・人事・事務)

「やはり好きなことは親子で似るのか、私の趣味と同じく、息子も写真撮影にハマっています」(52歳/コンピュータ関連以外の技術職、息子/26歳)

「娘が高校生になったころから、好みの映画や音楽の系統が自分と似てきて驚いています」(54歳/会社経営・役員、娘/18歳)

自分と子どもの趣味や好きなことが似ているというお父さんもたくさんいました。もちろん、元々の好みが似ているということもあるかもしれませんが、子どもは親が好きなものに触れる機会が自然と多くなるため、その経験を通じて同じようなものが好きになっているということもあるかもしれませんね。

食べ物の好みが似ている

「食べ物の嗜好がよく似ています」(66歳/その他)

「甘党であることなど味の好みが似ていて、ケーキを食べるときに大好きなイチゴを最後までとっておくところなどもそっくりです」(52歳/その他、娘/17歳)

「鶏の唐揚げは好きなのに、煮物に入っていたりサラダチキンは食べられないなど、食べ物の好みがまったくいっしょです」(56歳/金融関係)

「娘がお酒が大好きなのは、絶対に私譲りだと思います」(49歳/その他、娘/20歳)

「娘二人のうち、一人と食べ物の好みがすごく似ていて、私も娘も酒のあてになるようなものが大好物です」(73歳/その他)

子どもと食べ物の好みが似ているという声も目立ちました。これについては、毎日食卓で同じものをいっしょに食べることにより、子どもの嗜好が親にだんだん似てくるのかもしれません。ただ、親子でも食の好みがまったく違う場合もあるので、やはり生まれ持った味覚なども関係しているのかもしれませんね。

〇〇な性格がよく似ている

お父さんが自分と子どもがよく似ていると思うところはいろいろありましたが、中でも特に多かったのが「性格」です。皆さんが挙げてくれた「似ていると思う性格」はかなり多岐に渡っていてすべてを紹介するのが難しいので、以下主なものだけを一気に見ていくことにしましょう。

(真面目&几帳面なところ)

「真面目で毎日仕事をしっかりやり、タバコやギャンブルも一切やらないところ」(54歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「几帳面なところ。料理の際の計量も、ミリグラム単位できっちり量らないと気がすまないところが私と同じです」(38歳/総務・人事・事務、息子/17歳)

(大雑把&のんびりしているところ)

「大雑把な性格であまり細かいことを気にしないところ。掃除や片付けが苦手で、部屋が散らかっていても気にならないところなどがよく似ています」(55歳/その他)

「のんびり屋なところ。学生時代は夏休みの宿題を一切やらず、最後に家族に手伝ってもらっていたところが、自分の子ども時代にそっくりです」(62歳/その他、息子/37歳)

(社交性があるORないところ)

「社交的ですぐにだれとでも仲良くなれるところ」(59歳/公務員、息子/8歳)

「人の気持ちを汲み取るのが苦手で、コミュニケーションが上手に取れないところが、私とよく似ていると思います」(51歳/営業・販売)

(頑固&最後までやり通すところ)

「頑固なところ。私も娘も自分がこうと決めたらなかなか引かないところがいっしょです」(51歳/その他、娘/14歳)

「やり始めたら、納得するまでやり続けるところが自分にそっくりです」(45歳/営業・販売、娘/7歳)

(短気&怒りっぽいところ)

「普段は温厚で人当たりがいいものの、自分の考えと違うことには納得できず、すぐに怒ってしまう短気なところが、自分とよく似ているなと思います」(56歳/その他)

「娘は腹が立ったことをいつまでも覚えていて、数日前のことを急に思い出して怒り出したりしますが、実は私もそういうところがあります」(51歳/研究・開発、娘/19歳)

(ほかにもこんな性格が似ている!)

「慎重で何事もよく考えてから行動するところが私と同じです」(70歳/その他)

「何かに集中するとほかのことがまったく見えなくなるところ」(34歳/営業・販売)

「何があっても動じないところは、私にそっくりだと思います」(52歳/金融関係、息子/19歳)

「物事を額面通りに受け取らないところが私といっしょです」(65歳/会社経営・役員)

「飽きっぽいところやすぐに諦めてしまうところが似ています」(68歳/その他)

「打たれ弱いところ。失敗するといつまでもメソメソと落ち込むところが自分とそっくりです」(67歳/学生・フリーター)

「頼まれたら嫌とは言えない損な性格が似ています」(71歳/その他)

「よく忘れ物をするところや、財布をなくす回数が多いところが、私の子どものころとよく似ていると思います」(50歳/総務・人事・事務)

「お金に対してケチなところがそっくりです」(68歳/コンピュータ関連以外の技術職)

このように、子どものさまざまな性格が自分と似ていると感じているお父さんが多い様子。ただ、自分のいいところが似て良かったと思っている人が多いものの、似てほしくないところが似てしまって申し訳なく思っているという人も少なからずいるようです。

子どもはお父さんとお母さん両方の遺伝子の組み合わせなので、その比率によっては自分とあまり似ていないと思うこともあるかもしれませんが、やっぱりそこは親子。何かしら似たところが必ずあるはずです。この機会に自分と子どもをじっくり比べて、見た目や性格など、似ているところをいろいろ探してみるのもいいかもしれませんね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集