子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「寒暖差肌荒れ」に注意すべき県No.1は…マスクが手放せないこの秋冬は肌荒れに要注意!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

朝晩の寒暖差がつらい季節になりました。資生堂ジャパン株式会社は、寒暖差による肌トラブルを啓発するために、日本気象協会と協力し、「寒暖差肌荒れ注意度 全国ランキング」を発表しました。

「寒暖差肌荒れ注意度 全国ランキング」とは?

全国47都道府県を対象に、2017年~2019年の10月1日~12月31日で、気温の前日差・1週間積算気温差・1日気温差・屋内外気温差などの要素をふまえた「寒暖差肌荒れ指数」をもとに、各都道府県の寒暖差を数値化。寒暖差肌荒れに注意すべき県をランキング化したものです。

資生堂の研究結果で、季節の変わり目や室内外の行き来といった急激な寒暖差により、肌のバリア・保湿機能に重要な酵素のひとつであるカスパーゼ14が減少し、肌荒れの原因になることが分かりました。

特に、暖かい気候から寒くなって寒暖差が大きくなるほど、肌に悪影響をもたらす要因になるといわれています。

気になるランキング1位~47位はこちら!

ランキング全体の傾向

北の地域→南の地域、内陸部→沿岸部、太平洋沿岸および瀬戸内沿岸→日本海沿岸の順で、上位から下位に分布する傾向がみられます。

ランキングが上位の地域には、
1)寒冷地を中心とした“屋内外気温差”および“1週間積算気温差”のポイントが大きい地域
2)内陸を中心とした“1日の気温差”および“最小湿度(※)”のポイントが大きい地域
の大きく2種類の寒暖差肌荒れ注意度の特徴が見られます。

東京都は24位と一見心配がいらないように思われますが、対象期間中の半分近くで湿度が低く、1日の気温差が10℃を超える日もあるため、注意が必要な地域です。

※最小湿度は、一日を通して観測すると、一番小さな値になるときの湿度を指しています。

「寒暖差肌荒れ指数」をパソコンやスマートフォンからいつでもチェック!

「寒暖差肌荒れ指数」は、資生堂ジャパン株式会社と一般財団法人 日本気象協会が共同開発した天気予報専門メディア 「tenki.jp(てんきじぇーぴー)」 にて公開されています。

肌の乾燥・肌荒れに対するリスクレベルは 5 ランクに分けられており、パッと見て乾燥・肌荒れリスクが高いか低いかが分かりやすくなっています。

更新は1日12回。当日・翌日・週間の情報が発表されます。

(パソコン)https://tenki.jp/indexes/gap_temp/

(スマートフォン)https://tenki.jp/lite/indexes/gap_temp/

※提供期間は2021年3月31日(水)までを予定

 

寒暖差に加え、今年は例年以上にマスクが手放せない日が続きそう……。お肌の乾燥には一層注意しておきたいところですよね。乾燥・肌荒れリスクを確認して、日々の保湿・スキンケアに生かしてみてはいかがでしょうか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事