子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【無印良品】話題の「アイカラー」をついにお試し!手に入れたくなる理由がわかりました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

『無印良品』のコスメ、特にアイカラー(アイシャドウのこと)がいいという評判を知りつつも、「品切れで買えない」という口コミを見ていたので半ば諦めた気持ちでお店に行ったのですが、なんと全色ありました!
話題のクリームタイプ(オレンジブラウン)はもちろん、他にも気になったアイテムがあったので、初めての「無印コスメ」で買ってよかったもの・イマイチだったものを正直レビューしていきます。

無印の「アイカラー」は5タイプ!カラバリも豊富

5タイプある無印の「アイカラー」。今回は、話題のクリームタイプや単色タイプを中心にお試ししました。

無印のアイカラーは、テクスチャーや色数で次の5タイプに分かれています(価格はすべて税込み、以下同)。

  • アイカラーベース 各590円
  • アイカラー 4色タイプ(全6色)各790円
  • アイカラー 2色タイプ(全3色)各690円
  • アイカラー 単色タイプ(全5色)各650円
  • アイカラー クリームタイプ(全3色)各650円

まず想像以上のカラーバリエーションに驚きました。上品でナチュラルなカラーからファッション性の高いカラーまで揃っています。

てっきりナチュラルなものしかないと思っていたのですが、トレンドを押さえたラインナップです。そしてどれも1,000円以下というプチプラ。試しやすい価格なのも嬉しいですね。

この中でも、今回はSNSで話題のクリームタイプと、単色タイプを中心に数点購入し、お試ししてみました!

話題の「クリームタイプ」は発色もコスパも二重マル!

「アイカラー クリームタイプ(全3色)」各650円

濡れたような質感で目元にツヤとうるおいをプラスしてくれるクリームタイプのアイカラー。アイシャドウといえば粉という固定概念を覆すクリームシャドウは、トレンドのアイテムですよね。

今回は「アイカラー クリームタイプ」全3色の中から、特に人気な「オレンジブラウン」と、肌馴染みがよさそうな「ピンクベージュ」をお試ししました。

無印コスメを知るきっかけになったアイテムが、この「アイカラー クリームタイプ オレンジブラウン」です。

品切れ続きで「欲しくても買えない」という人気ぶりを見て、いつか試してみたいなと思っていました。20229月現在購入できたので、いまなら在庫が揃っているのかも。

上からオレンジブラウン1度塗り。ぼかすとナチュラルに。

■アイカラー クリームタイプ オレンジブラウン

腕に色をのせて見てみると、かなりしっかりとした発色。

筆者は『Celvoke(セルヴォーク)』のクリームアイシャドウを使ったことがあるのですが、質感としてはかなり近いものを感じました。『Celvoke』で買うと3,520円するので、650円は正直お得に感じざるを得ません。

指でつけるとしっかり発色するので上からさらにぼかしたり、ナチュラルメイクが好きならブラシを使うとより自然な仕上がりに。

あたたかみのある「オレンジブラウン」は、親しみのある人柄にみせてくれます。

■アイカラー クリームタイプ ピンクベージュ

肌馴染みがよさそうな「アイカラー クリームタイプ ピンクベージュ」は、発色というよりは艶感を足してくれるアイテム。ほとんど色は付かないので目元のくすみを取ったり、メイクしている感は出したくないけれどお疲れ顔に見られたくないシーンにぴったり。

「アイカラー クリームタイプ ピンクベージュ」は、韓国コスメ『rom&nd(ロムアンド)』のハイライト「シースルーベールライター 」にそっくり!
さりげないツヤ感。なじませて塗るとより自然な仕上がりに。

しっとりとした質感と繊細なパール感なのでハイライトとして使うのもよさそうです。というのも韓国コスメ『rom&nd(ロムアンド)』のハイライト「シースルーベールライター 」にそっくり!

韓流ドラマにでてくる女優さんのような艶肌づくりにも一役買ってくれそうです。ピンクベースなので顔色もよくなりますし、目元だけでなくハイライトにも使えます。

「アイカラー 単色タイプ」もデパコス級のかわいさ

写真左が「アイカラー 単色タイプ(ゴールドベージュ)」、右「アイカラー 単色タイプ(シルバー)」。
上から「アイカラー 単色タイプ(ゴールドベージュ)」一度塗りとぼかし塗り。真ん中が「アイカラー 単色タイプ(シルバー)」。

「アイカラー 単色タイプ」全5色の中から、「ゴールドベージュ」と「シルバー」をお試ししました。「ゴールドベージュ」は肌馴染みのいいカラーで、1色でも目元をパッと明るくみせてくれます。

「シルバー」はザクザクとしたラメ感で、宝石のような目元にしてくれます。本当に綺麗で心がときめきました……!

ゴールドと違い寒色カラーなので、派手になりすぎず大人の華やかさ。デパコスコスメでお馴染みの『ADDICTION TOKYO(アディクショントーキョー)』の単色ラメシャドウに似ているなと感じました。

かなり綺麗なラメで手持ちのアイシャドウに重ねて使いやすく、シルバーのラメってプチプラではあまり見ないのでこれはいい買い物をしたなという気分。

ぼかしても綺麗なのですが、細いブラシを使って二重幅にアイライナーのようにひくのも目元が映えてオススメの使い方です。

無印「アイカラー」の良い点・残念な点は?

無印コスメを使ってわかったメリット・デメリットについてもご紹介していきたいと思います。

無印コスメは、最強のコスパです!

・良い点

まず1番のメリットはコスパのよさ! 単色シャドウは1個650円(税込)で買えて発色もいいので買って間違いなし。

さらに無印良品のアイカラーは単色アイシャドウとして使えるのはもちろん、ケースを外すと、別売りの「メイクパレット」(S・M・Lの3サイズ)に付け替えることができます。

無印良品の公式サイトにある「メイクパレットシミュレーター」では、ベース・チーク・アイカラー・アイブローなどを自由に組み合わせ、配置確認しながらお買い物ができる便利な機能もありますよ。

カラーも世間で人気のアイシャドウをかなり研究して作られたんだろうなと思わせてくれる色味で、トレンド感もあるところが高評価のポイントでした。

粉タイプはモノによってはちょっと目元が乾燥して見えるかも…

・残念な点

好印象な無印コスメですが、ちょっとだけ残念だったアイテムが、「アイカラー 2色タイプ03テラコッタ&ベージュ」690円です。

テラコッタカラーはトレンドで、クリームシャドウの「オレンジブラウン」に近い色味で悪くはないのです。ただ、一緒に入っているベージュがかなり粉っぽくひと昔前っぽいお顔に……。粉っぽさが前に出て目元が乾燥して見えるので、買うならクリームタイプの方が無難です。

同じ無印コスメでも、クリームタイプのアイシャドウが評価されている理由がわかりました。

無印でまず買って欲しい「アイカラー」はこの2つ!

筆者のオススメは、「アイカラー クリームタイプ オレンジブラウン」と「アイカラー 単色タイプシルバー」各650円
「アイカラー クリームタイプ オレンジブラウン」と「アイカラー 単色タイプシルバー」の組み合わせ。温かみとキラッとした透明感がお気に入り。

今回無印のアイカラーを実際に試してみて、筆者のオススメは次の2つ!

・「アイカラー クリームタイプ オレンジブラウン」
・「アイカラー 単色タイプシルバー」

どちらも1色で使ってもよし、手持ちのアイシャドウと重ねて質感を変えられるアイテムなので、購入した無印コスメの中でも使用頻度が高いアイテムでした。

ぜひこの2つから無印のアイカラーデビューしてみてください!

ほかにもこんな使えるコスメが!

無印良品でコスメを選んでいるときに気になったアイテムをご紹介します。

■「リップアンドチーク・ピンクベージュ」850円

「リップアンドチーク・ピンクベージュ」850円
最も肌馴染みのいい失敗しにくそうな「ピンクベージュ」を選びました。

リップにもチークにもなる一人二役な便利アイテムを発見! ローズ・ピンクベージュ・コーラルの3色から、最も肌馴染みのいい失敗しにくそうな「ピンクベージュ」を選びました。

チークとしては発色も自然でよかったのですが、リップにつけるとかなりナチュラルで筆を使い塗るとようやく色味がわかりました。ただリップは元の唇の色に左右される点が大きいので、あくまで筆者の感想です。

アイカラークリームタイプよりしっとりした質感なので、頬に塗った時のツヤ感や、内側から発色するような色合いに大満足でした。

■「リップエッセンス・ピンク」790円

「リップエッセンス・ピンク」790円
かなりしっかりとした保湿&皮膜感。縦ジワ防止に!

唇用美液容としてコスメコーナーで販売されていた「リップエッセンス」。ピンクとイエローの2色からピンクを選びました。

かなり粘度のあるテクスチャーで、塗るとビニールを貼ったようなグロス感。

カミツレ花エキスや、ホホバ種子油など自然由来の保湿成分たっぷりなので、寝る前に使おうかなと思い購入。しかし皮膜感があるので寝る前というより、リップ下地として使うと縦ジワができなさそうと思い使うとコレが大正解。

スキンケアの最後に塗ってメイクしていざリップを塗るとピタッと口紅と密着してくれます。特に縦ジワのできやすいマットリップのベースとしても大活躍。

そのまま重ねるとマットリップもツヤリップになってしまうので、ティッシュオフしてからマットリップを塗るとぷるんとしたマットリップが持続。予想外にいいお買い物でした。

ご紹介したコスメはすべて1,000円以下なのに、実際に使ってみると質がいいなと感じることが多く、さすが『無印良品』だなと思うところ。デパコス級のアイテムが、ドラッグストアで買うコスメよりも安いとは、大変恐れ入りました。評判の高いアイテムが多い無印コスメから、これからも目が離せません。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

プロフィール

緑川緒井
緑川緒井

「やさしいくらし」をモットーにライフスタイル関連の執筆撮影などを行なっています。kufuraではファッション記事を担当。好きなことはお散歩とヨガです。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集