子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【40代メイク迷子のコスメ探し】夕方の「お疲れ目元」は「エトヴォスのハイライトバーム」で小ジワ飛ばし!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

4月、忙しいですね(遠い目……)。この春1年生になった次男の小学校送迎は、まだしばらく続きます。「朝メイクをしてから、化粧直しするタイミングって……あった?」はい、鏡を見る時間もなかったです。

「誰も見てないから大丈夫」と自分に言い聞かせてはみたけれど、お迎えの際に学校で、はじめましての30代らしき美しいママを目の前に、もっとちゃんとメイクすることを誓ったのでした。そこで投入したのが、エトヴォスの「ミネラルラディアントスキンバーム」です。

「ミネラルラディアントスキンバーム」で目元の「老け見え」をパッと明るく

30代のママと自分(40代)の差……それは夕方の目元に現れます! そもそも年齢が出やすい目元ですが、マスクをしているから、余計に目の下のくすみやシワが目立ちます。会話をするとき、見るところが目元しかないですもんね、仕方ない!

で、次男の名誉のためにも、少しでも疲れて見えないように……と、目元を明るくするハイライトを探しました!

求める条件はこちらの3つ。

・どんよりしてくる「夕方の目元」を、ささっとカバーしたい
・「塗ってます」感は出したくない
・できるだけコンパクトに収納しておきたい

ギラつかないパール感!ひと塗りでふっくらつやが出る!

三拍子そろったのが、こちら、『エトヴォス』の「ミネラルラディアントスキンバーム」4,400円(税込)。この小さなバームがとっても優秀でした。立体的なつやを出してくれて、小ジワが目立たなくなるんです。

塗る前の目周りはこんな感じ。目尻下の小ジワが……涙。
薬指で、ポンポンと目尻を囲むようにのせていきます。
目尻や目の下周りに、軽くポンポンと載せるだけで、気になる小ジワを光の効果で飛ばして、気にならなくなる!

このハイライトを知ったきっかけが、実はグラビアアイドルさんの取材のときでした。Gカップの麗しき彼女が、バストをさらにふっくらみせるために、撮影用にこのハイライトを仕込んでいたのです。それがとても自然で驚きました!  このバームを塗ったところが、丸く、より立体的に見えるのです。

「自然な」立体感の秘密は、シルバー×レッド×ゴールドをバランスよくブレンドした、絶妙なパール。ギラつかず、やさしい光を生み出してくれます。

しっとり保湿されるのも、嬉しい!

目周りにのせるハイライト。パウダータイプだと、むしろシワに入り込んでしまって悪目立ちしてしまう……なんてことも。でもこのバームは、絶妙にしっとり!(でもベタつきません)。

公式サイトによると「乾燥による小ジワを目立たなくする、効能評価試験済み」とあり、それも日本初なんだとか。セラミドなど、保湿成分がしっかり配合されていました。

なるほど!  光でカモフラージュする効果と、うるおいを足して内側からふっくらさせてくれる効果、両方が搭載されています。40代の目元にうれしいわけですね。

使い方はカンタン。指に(薬指がオススメ)バームを少量取ります。消したいシワの部分を目指して、眉下から目尻にかけて、トントンとCラインで囲むように載せるだけ。慣れたら、鏡を見なくても歩きながらでもサッと塗れます(笑)。ベタっとつくわけではないので、適当に塗ってもOKなところが、いつだって時間がない私たち向け。

いかがですか?

あまりに自然でちょっと写真で伝わるのかどうかわかりませんが、目尻の“カラスの足跡”は、このバームが飛ばしてくれてます。もうこれがないと生きていけないくらいお気に入り。

tortoagoというブランドのイニシャルポーチに、絆創膏、オリジナルブレンドのアロマオイルとミントビーズ、そしてこのハイライト用バームをIN。

思えば20代の頃は大きなメイクポーチを常に持ち歩いていましたが、いまはコスメポーチすら持っていません。

その点このバーム、こんなに小さなポーチに入っちゃうくらいコンパクトなので、なにかと荷物が多いママにおすすめです!

「え?  ハイライトに4,000円も?」って思いますよね、 はい、確かに高価です。でも、メイク効果、成分、機能性を総合的に判断すると、必要な投資だな、と。

今の私たちに必要なコスメって「キレイに見せてくれる」ものよりもまず、「気になる部分を、上手くカバーして、あわよくば気分も上げてくれる」ものなんですよね。

一度に使う量はほんの少しなので、かなり長く使えることを考えると、意外とコスパも悪くない。

夕方の目元のピンチを救う、このバーム、ぜひポーチに忍ばせてくださいね。


上紙夏歡

小学館『美的』でライターデビュー。吉本新喜劇出身のライターという異色の経歴をもつ。以後、女性誌やWEB媒体で美容や旅行、子育てに関する記事を執筆している。趣味は中国語と台湾ドラマ鑑賞で、台湾への留学経験もある。二人の男児の母。
Instagramアカウントは@natsukauegami

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集