子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「アメピン」何本持ってる?捨てる基準は?気づくと減ってるアメピン問題…女性355人に大調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ちょっとした後れ毛を留めたり、目にかかりそうな前髪を留めたり、何かと便利なアメピンですが、いざ必要なときに手元になくて泣く泣く買い足した、なんて経験ありませんか。その結果、気づいたら溜まって家に何本あるのかわからないなんてことも。そこで『kufura』では20代から40代の女性355人にアンケート調査を実施し、もっているアメピンの数と、捨てる基準を聞いてみました。早速結果をみていきましょう。

アメピン何本持ってる?一番多かった回答はなんと0本!

持っているアメピンの数を聞いたところ、結果は以下のようになりました(回答者355人)。

8位:100本以上・・・15人(4.2%)

7位:30〜39本・・・18人(5.1%)

6位:15〜19本・・・23人(6.5%)

5位:20〜24本・・・25人(7.0%)

4位:1〜4本・・・34人(9.6%)

3位:5〜9本・・・35人(9.9%)

2位:10〜14本・・・58人(16.3%)

1位:0本・・・115人(32.4%)

1位は0本! 元々持っていないという人も多くいましたが、「買っても買っても自然とよくなくなってしまう」(43歳/総務・人事・事務)と、使っているのに手元に残らないパターンも多いようです。

一方で100本以上の人も思った以上にいました。多く持ってるからには“捨てられない派”かと思いきや、「仕事帰り、セットをほどいてゴムで括り直した時に捨てる」(45歳/その他)と使い捨て感覚で使用している、という答えもあり、意外でした。

それではそれぞれの捨てる基準を見てみましょう。

4位:1〜4本・・・34人(9.6%)

「増えないので捨てたことがない」(37歳/その他)

「髪が挟めなくなったら、捨てる」(20歳/その他)

「半分くらい色が剥げてきたら捨てる」(35歳/その他)

「汚かったら」(24歳/その他)

「多くなってきたら捨てる」(27歳/学生・フリーター)

「よくなくすのでいつの間にか減っているし、人にあげることが多いので自ずと減る」(24歳/研究・開発)

最低限の必要な分だけ、という潔い本数の持ち方に憧れますが、なかなかできないのが現実。とはいえ、当人たちは特段意識せず、いたって普通に錆びてきたら捨てる、汚くなったら捨てる、という感覚で所有しているのが面白いです。

3位:5〜9本・・・35人(9.9%)

「風呂場に放置して錆びていた時」(30歳/学生・フリーター)

「溜まりすぎてると思ったらすぐにまとめて処分します」(31歳/学生・フリーター)

「ちょっとでも錆びたら捨てる」(24歳/その他)

「留める力がなくなったら(広がってしまったら)捨てる」(45歳/主婦)

「しょっちゅうどこに行ったか分からなくなってなくしている」(45歳/総務・人事・事務)

「アメピンが溜まることはない。なくすので勝手に減っていく」(32歳/主婦)

「捨て時がわからない」(44歳/主婦)

お風呂でピンをつけたままなのに気づいて、その場で外して置きっぱなしにし、濡れて錆びてしまった、はあるあるですよね。

「ちょっとでも錆びたら捨てる」「溜まりすぎたと思ったらすぐにまとめて処分」という潔く処分する派がいる一方で、「捨てたことはない。20年以上使用していると思う」(47歳/金融関係)と物持ちがいい人もいました。

2位:10〜14本・・・58人(16.3%)

「ピンの効力が弱まってきたら捨てる」(41歳/主婦)

「欠けたり曲がったら捨てます」(34歳/その他)

「ピシッと留められなくなったら」(37歳/主婦)

「色が剥げてきたら捨てる」(49歳/主婦)

「錆びが確認されたら捨てる」(47歳/その他)

「捨てるタイミングを逃がしてたまっていく」(44歳/総務・人事・事務)

「捨てなくてもいつの間にかなくなってしまい、むしろ買い足すことが多いです」(27歳/その他)

「たくさんあったはずなのに急になくなる。買ったばかりでもすぐなくす」(44歳/主婦)

アメピンを100均やドラッグストアで買うとだいたい1ケースに20〜30本入っていますよね。1ケース買って、使っているうちに錆びてしまったり、使えなくなったものを捨てていくと、手元に10〜14本残っているという結果になるのでしょうか。

錆びや留まりの弱さは小まめにチェックして捨てている人が多いようです。中には気分転換で総入れ替えしているという人もいました。

1位:0本・・・115人(32.4%)

「いつの間にか減っていたので捨てることはなかった」(36歳/その他)

「よくなくすから無い」(40歳/総務・人事・事務)

「いつもは使わないので、どこにしまったかわからずいつの間にか減っている」(38歳/その他)

「もともと持っていない」(46歳/その他)

「その都度捨てては買う」(47歳/主婦)

「置き場に困るので、持っていない」(43歳/主婦)

「結局使わずに大掃除の時出てきて全部捨てる」(28歳/営業・販売)

「断捨離をするとき一気に捨てる」(35歳/主婦)

0本が多い理由は、「持ってない」「自然となくなる」だけでなく、「手元に残しておきたくない」という強い意志で手元に置いていない人の存在も大きいようです。

また「30過ぎて使うことは全くなくなりました」(36歳/総務・人事・事務)という意見も。学生時代はロングヘアを結ぶ際に使用したり、じゃまになる前髪をとめたり、何かと使用していたアメピンも、大人になると髪型によって出番が全くないという人もいそうですね。

5位以下は・・・

たまにの点検や大掃除で処分

「たまに思い出したように点検し、サビていたりしたら処分する」(36歳/その他)

「年末の大掃除の時に古いものから捨てる」(28歳/弁護士)

「興味がなくなってきたら捨てる」(40歳/総務・人事・事務)

「飽きてきたら」(30歳/総務・人事・事務)

定期的に点検日を設けて、いるものといらないものを分けてみると、気分もスッキリしそうですね。

機能低下

「錆びたり、色がはげてきたら捨てる。曲がり具合が違くなってきたら捨てる」(33歳/その他)

「ヘアスプレーで固まってしまったり、購入時と色が変わってきた時」(43歳/その他)

「髪がうまく止まらなくなってきたら(ピンが緩くなってきたら)」(48歳/主婦)

「見て汚いと思ったら」(27歳/総務・人事・事務)

量の多い髪を留めようとムリしてしまうと、次には使い物にならないなんてことも。ヘアゴム、パッチン留め、バレッタなど用途によって上手に使い分けたいですね。

捨てない派

「捨てない」(47歳/主婦)

「よく無くすのでいつの間にか減っている」(24歳/その他)

「なくすので、すぐ減る。だから大量にまた買う」(27歳/学生・フリーター)

どこでどうなくなるのか不思議ですが、気づいたらなかったという人が多数いました。たしかに道端や廊下など、なぜこんなところに⁉︎と思うところに落ちていたりしますよね。

使い捨て派

「一度使ったらどこに置いたかいつも忘れ、なくすのでだいたい一回で使い捨て感覚」(34歳/主婦)

少人数ですが、ちらほら見かけた使い捨て派。使い捨てしてるつもりはなくとも自ずとなくなり、使い捨て感覚になっているという現実もありそうです。

気になる100本以上持っている人の理由

「場所をとらないから何もしない」(45歳/企画・マーケティング)

「気付いたらなくなっている」(46歳/総務・人事・事務)

「意識して捨てることはほとんどなく、気付くと紛失している感じです」(48歳/総務・人事・事務)

100本以上持っている人たちは不思議なことに少数持ち派より、たくさん持っている意識がないようです。


いかがでしたか。本数が違ってもなくなる、捨てる理由がほとんど変わらないのが面白い調査結果でした。また同じ本数でも多い、少ないの感じ方がそれぞれ。

定期的にアメピンチェックをして、最低限必要なものだけを置いておくよう心がけたいものですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事