kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

オートフィルターとショートカットを組み合わせて時短に!今さら聞けないExcelテク

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

もっとExcelを上手く使えたらいいのに…と思ったら、業務でよく使うExcelのショートカットキーを習得してみましょう!

「上位1%を目指す!ExcelCamp」の講座を担当されている、株式会社morich 中田元樹先生にWindows版Excelのコツを伺ってきました!今回は、オートフィルターについてです。

たくさんあるデータから「欲しいもの」だけ抜き出せるのがオートフィルター

-オートフィルタ-はちょっとした集計などにも活用しているのですが、これもショートカットキーが使えるんですね。

そうなんです。まずこの表にオートフィルターをつけてみましょう。

【ショートカットのやり方】

表のどこかにカーソルをあわせる>Alt>A>T

これだけでフィルターがつきました。このフィルターを利用すると、「さくらんぼ」だけを抽出したり、単価が高い順に並べなおしたりとデータ整理が簡単に出来るようになります。

実際に「さくらんぼ」を抽出してみましょう。

【ショートカットのやり方】

果物のセル>Alt+↓(同時に入力)

チェックボックスの部分をつけたり外したりするにはCtrl+スペースで出来るので、

 【ショートカットのやり方】

すべて選択の部分をCtrl+スペース

さくらんぼの部分でCtrl+スペース

とすると、さくらんぼだけが抽出できます。

オートフィルターを利用して並べ替えもしてみよう

たとえば単価を安い順に並べ替えましょう。

【ショートカットのやり方】

単価(円)のセル>Alt+↓(同時)>昇順にあわせてEnter

データの昇順・降順という言葉はわかりにくいかもしれませんが

昇順:データの小さい順

降順:データの大きい順

とお覚えてください。たった3つキーをおすだけでデータの並び替えができるようになりますよ!

この積み重ねが5分、10分と時間を生み出せるようになるはずです。最初は慣れないと思いますがチャレンジしてみてください!

講師紹介

中田元樹

株式会社DIK & Company 代表取締役社長
株式会社morich 働き方改革プロデューサー

東進ハイスクール校舎長、社長室担当を歴任、その後日本IBMを経て、NTTデータ経営研究所にて業務改革のコンサルティングを行う。

業務改革、システム構築、固定費削減、グローバル物流改革など多岐にわたる分野に おいて、データ分析にもとづいた意思決定支援プロジェクトに従事。

特に、Excelを用いた業務分析を得意としている。

短時間で大量、かつ高品質のドキュメンテーションが求められる、コンサルティングの現場で 身につけたデータ分析のスキルを活かして、企業/個人向けにExcel研修を実施。

日本IBMでは社内講師をつとめ、150名のコンサルタントにExcelや統計解析ツールを用いたデータ分析を指導した実績あり。

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載