子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

タテ型×液体洗剤を自動投入!ズボラさんに優しい縦型洗濯乾燥機がパナソニックから登場

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

液体洗剤を計量キャップに入れるときや、洗濯機の投入口に入れるとき、洗剤がこぼれてしまったことはありませんか? 
私(編集部K)はズボラなせいか、急ぎがちなせいか、よくあります!

そんなプチストレスを解消してくれる「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能が搭載された縦型洗濯乾燥機(「NA-FW100K7」「NA-FW90K7」「NA-FW80K7」の3機種)がパナソニックから6月25日発売されます。この製品について、製品発表会の内容と共にお伝えします。

液体洗剤と柔軟剤を自動で投入してくれる縦型の洗濯乾燥機

子どもの面倒を見ながら、仕事の支度をしながら……、日々やることが多い子育て世帯にとって、家事の効率化は大きなテーマですよね。

パナソニックでは、2017年に国内の全自動洗濯機においてはじめて、ななめドラム洗濯乾燥機に液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能を搭載しました。同社の調査では、購入者の約83%がこの機能に満足したそうです。

液体洗剤や柔軟剤を自動投入用タンクに入れておけば、洗濯のたびに適量を自動で計量し、適切なタイミングで投入してくれます。

洗剤を入れる時間なんて計ってみたらわずかな時間かもしれませんが、(我が家の場合)洗剤を足元の棚から出す、キャップに入れる、入れすぎてちょっと戻したりする、投入口に入れる(時々こぼす)……、いや、書き出してみたらけっこう手間です!

なかなか難しい洗剤の「適量」も自動投入におまかせ

今回の縦型洗濯乾燥機は、ななめドラム洗濯乾燥機と同様の“ピストンポンプ式”の自動投入機能を採用。洗剤の銘柄や温度環境などによる粘度の違いにも対応して、適量を投入することが可能とのこと。

そう、「適量」って、意外と難しいですよね。1日2回以上洗濯機を回さなくてはいけない日なんて、適量どころか、適当になっているのが現実です。

自動投入なら洗剤や柔軟剤の入れすぎや不足も防いでくれるので、使用している方からは、「洗剤や柔軟剤の減りが少なくなり、購入回数が減りました」という声も挙がっているそう。

実際のタンクを見てみると、思ったより小さくてスマート。でも、濃縮液体洗剤・柔軟剤の詰め替え用パウチでしっかり1本分が入ります(タンク容量は、液体洗剤約390ml、柔軟剤約490ml)。とはいえ、タンクに洗剤を入れるときは、入れやすい形状になっているとはいえ、こぼさないように注意が必要ですね。

ボトルを置いておかなくてもよくなるので、収納スペースもすっきりしそうです。もちろん、「今日は、ちょっと違う洗剤や柔軟剤を使いたい!」というときは、簡単に手動投入に切り替えられます。

自動投入機能以外にも、まだまだ特長があります。

「泡洗浄」&「パワフル立体水流」で高い洗浄力を実現

従来より搭載している、泡立てた洗剤液を衣類に浸透させて洗う「泡洗浄」に加え、新パルセーター(水流を作るプロペラのような部分)による「パワフル立体水流」で高い洗浄力を実現! 実際に従来のものと、新パルセーターによる水流を確認しましたが、上下に、内側から外にと洗濯物がしっかりぐるんぐるんと動く様子が分かりました。

フレームレス ガラストップのふたで空間に調和するデザイン

光沢感のあるガラストップのふたが採用されており、全体的にとってもスマートな見た目です。暮らしになじむデザインというところはもちろん、傷がつきにくく、凹凸を押さえたフレームレスでお手入れが楽というのも嬉しいところ。

 

洗濯機の使い勝手は日々進化しています。家事の負担は、家族や家電とシェアしていきたいですね。

【詳細情報】

品名:縦型洗濯乾燥機

品番:NA-FW100K7/NA-FW90K7/NA-FW80K7

容量:(品番順に)洗濯10 kg 乾燥5 kg/洗濯9 kg 乾燥4.5 kg/洗濯8 kg 乾燥4.5 kg

価格:オープン価格。店頭予想価格は、(品番順に)23万円前後、22万円前後、21万円前後(税抜/編集部調べ)

発売日:2019年6月25日

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。