子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

タテでもヨコでもない!コクヨが「ナナメ仕切り」のペンケース・Nストレージを発売

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ペンケースの底の方に溜まったペンや小物が取り出しにくいと思ったことはありませんか? そんな悩みを解消してくれるペンケースが、コクヨから発売! その名も<Nストレージ>。10月12日(水)からの発売です。先がけて、全国のロフト(一部店舗を除く)において、9月上旬から先行販売を実施します。

ペンや小物が重ならないから中身が見やすく取り出しやすい!

null

<Nストレージ>(1,650円・税込)は、ナナメ方向に仕切りを入れることで、一覧性の良さと収納物の取り出しやすさを実現した新構造のペンケースです。

「ナナメ仕切り」を考案した背景には、一般的なヨコ型のポーチタイプペンケースは、底の方に溜まったペンや小物が取り出しにくく、一方、ペン立てのように使えるタテ型のペンケースでは、ペンのように細長いものは取り出しやすいものの、小物を入れる場所が少ない、取り出しにくい……という不満がありました。

そこで、ペンも小物も重ならず取り出しやすいペンケースを追求する中で、タテ型でもヨコ型でもない、新構造の「ナナメ仕切り」を考案。ペンケース内部の仕切りをナナメ方向に設けることで、ペンや小物が重ならず、中身が見やすく、取り出しやすくなりました。

消しゴム、ふせん…収容するアイテムに合わせた3つの小物スペースが

null

ペンケースに入れるものは、ペンだけでなく、消しゴムやふせんなど様々なものがありますよね。そんな収容するアイテムに合わせた3つの小物スペースが設けられています。

1つ目は消しゴムなどの「よく使う小物」、2つ目はふせんや定規などの「薄い小物」、3つ目はシャープペンシルの替え芯などの「予備の小物」を収容するためのスペース。そこへ、ペンを収納するスペースも加わります。使用頻度や種別に合わせ、小物を効率よく整理整頓することができて、ストレスフリーです。

また、ペンの収容スペースは底にでっぱりがあり、ペンをたくさん入れても下のペンが埋もれないよう配慮されています。

ファスナーを開け、上部を折り返した状態で使用すると、見やすく、そして取り出しやすくなります。さっと移動したい学校や塾では折り返さずそのままで、じっくり集中したい家や自習室では折り返してと、シーンに合わせて使い分けられます。

 

カラーバリエーションは、ブラック、スモークブルー、ピンクテラコッタ、マスタードの4色。

ペンケースの中身が見やすく、取り出しやすくなった、新構造の「ナナメ仕切り」の<Nストレージ>、ぜひ試してみませんか。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集