子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

お母さんへのお花は5月いっぱいゆっくり選ぼう!青山フラワーマーケットの5月は「母の月」

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

今年の母の日は5月9日。その日にお店に人が集中するのを避けるために、少人数の従業員で対応できるように、配送業者への負担を分散するために。青山フラワーマーケットでは、「母の日」を1日だけでなく、1カ月間の「母の月」として、ゆっくりお花を贈ることを提案しています。初夏にかけてのお花や、お母さんが自分でブーケなどを作れる体験型ギフトなど、より幅広いフラワーギフトを選べるチャンスです。

5月は「母の月」!選ぶのが楽しくなるギフト

今年の⺟の⽇も、いつもの年のように、⽇頃の感謝の気持ちやお母さんの健康を願う気持ちを花に託して贈りたいのはみんな同じ。でも、毎年の母の日の前後は1年で最もお花屋さんが混雑する日です。お店に行くのもちょっと気が引ける……という人もいるかもしれませんね。

そんな人のために、青山フラワーマーケットでは5月全体を「母の月」として、お母さんへ贈る様々なフラワーギフトを用意しています。

“ありがとう”は、いつ伝えてもいい。

5月全体を「母の月」とすることで、母の日の定番のカーネーションだけでなく、そのほかの旬のお花もセレクトできるようになります。

1:5月~6月初旬に人気のシャクヤク、2:甘い香りが人気のクチナシ、3:初夏に人気のドウダンツツジとデルフィニウム、4:育てる楽しさがあるアジサイの花鉢

例えば5月下旬は、華やかでエレガントな姿が人気のシャクヤクが多く出回るとき。6月にかけて長く楽しめるアジサイの花鉢や、香り豊かなクチナシ、インテリアとしても人気のドウダンツツジ、さらに観葉植物など、植物好きなお母さんにきっと喜んでもらえるラインナップが揃いました。

自宅でフラワーアレンジのレッスンが受けられるコースも!

青山フラワーマーケットのフラワースクール「hana-kichi」では、自宅でレッスンを受けられる「おうちでハナキチ」を昨年5月からスタート。多い月では250名ほどが利用する、大人気のコースです。

注文すると花と資材、解説動画のQRコードとテキストが自宅に届くので、実際に生のお花に触れながらブーケ作りやアレンジメント作りが体験できます。このコースで作ったお花を贈るのも、コース自体をプレゼントとして贈るのも、どちらもおすすめ!

レッスンの例:ピオニーと草花のジャルダンアレンジ

フランスの小さな庭をイメージした、シャクヤクを使用したアレンジメント。花の個性をいかして、ナチュラルに仕上げるポイントが学べます。

料金:7,150円(配送箱550円込/作成動画付き)
※配送料別途

 

母の日はいつもなかなか言えないお母さんへの“ありがとう”を伝える、特別な日。今年は直接顔を見て渡すことができない人も多いかもしれませんが、たくさんの選択肢の中からお母さんの喜ぶ顔を想像しながら選ぶのも、楽しいひと時になりそうですね。

青山フラワーマーケット:https://www.aoyamaflowermarket.com/category/SHOP/

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集