子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

デザート感覚で!パピコ 「パピべジ」 1日不足分の野菜が摂れるフローズンスムージーが発売

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

江崎グリコ株式会社は野菜習慣の新提案として、‟なめらか食感”が特長のロングセラー商品「パピコ」より、 デザート感覚でおいしく1日不足分の野菜62g相当が摂れる※フローズンスムージー、『パピベジ』2種類を2020年3月30日(月)より全国にて発売します。 

野菜が苦手な方でもおいしく食べられる!

今回発売する『パピベジ』は、〈りんご&にんじん〉と〈キウイ&グリーン〉の2種類です。

パピベジ〈りんご&にんじん〉
パピベジ〈キウイ&グリーン〉

〈りんご&にんじん〉は、23種の野菜とフルーツを使用。りんごとにんじんをベースとした、爽やかでフルーティーな味わいに仕上げました。適度な甘みがあり、野菜が苦手な方でもおいしく食べられます。

〈キウイ&グリーン〉は、24種の野菜とフルーツを使用。キウイのフルーティーな味わいをベースにしつつ、グリーンスムージーのような自然な野菜のおいしさがしっかり感じられる味わいです。エグミもなく、あとくちは爽やかです。

日本人の野菜不足について

厚生労働省では、成人の1日当たりの野菜摂取量は350g以上が推奨されています(「健康日本21」より)。一方で、平成29年「国民健康・栄養調査」によると、日本人の成人1日の野菜平均摂取量は288.2gと、約62g不足しているのが現状です。この不足分の野菜62g相当を、パピコ『パピベジ』を1袋(2本)食べることによっておいしくデザート感覚で補うことができます。また、少し小さいサイズ、かつ低価格なので、無理なく習慣的に楽しめます。

江崎グリコは2020年3月23日より、農林水産省による「野菜を食べよう」プロジェクトに参画します。今後も野菜にまつわる様々な商品や取り組みを通し、「おいしさと健康」を広めていきます。

※1日不足分=(1)摂取目標量-(2)平均摂取量

(1)厚生労働省「健康日本21」より (2)平成29年国民健康・栄養調査より(20歳以上の場合)

1袋(2本)当たり

内容量: 90ml(45ml×2本)

価格:オープン価格

発売日:2020年3月30日(月)

ブランドサイト:https://cp.glico.com/papivege/

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集