kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

爆笑問題・太田光さんが「おしりたんてい」声優に!空前の「おしり人気」に納得の理由は…

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

見た目はおしり、推理はエクセレントな推理でププっと事件を解決する「おしりたんてい」。親子に大人気のシリーズがこの春、映画化されることになりました。爆笑問題の太田光さんがゲスト声優として参加し、話題を呼んでいます。

おしりたんていを初めて見たとき、びっくりされた方も多いのではないでしょうか。

“顔がおしり“というルックスにもかかわらず、ふるまいは超スマートなジェントルマン。優れた推理力で華麗に事件を解決する姿に魅せられている親子は多いはず。

大型連休を控えた4月26日に初の映画作品となる『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』の公開が決定し、4本のアニメがたっぷり楽しめる『東映まんがまつり』の目玉コンテンツとなっています。ちなみに『東映まんがまつり』は今回29年ぶりの復活となります!

同作では、爆笑問題の太田光さんが、物語のカギを握るアルパチ役のゲスト声優として参加。公開アフレコで 、おしりたんてい役の三瓶由布子さん、助手のブラウン役の齋藤彩夏さんとともにアフレコのエピソードや、かつての『東映まんがまつり』の思い出を語りました。

共演者も絶賛!爆笑問題・太田さんが演じた「アルパチ」とは…

『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』は、町に新しくオープンしたカレー屋の大事なスパイスがなくなった事件の謎に、おしりたんていが迫っていくストーリー。爆笑問題の太田さんが演じたのは、ちょっと事情がありそうな“アルパチ”という重要な役柄です。

ディレクターから「悪そうでコミカルに」との指示を受け、記者陣の前でアルパチを演じた太田さん。自身が行ったアフレコを「完ぺきだったと思います」と自信をのぞかせました。

太田さんと一緒に公開アフレコに参加したおしりたんてい役の三瓶由布子さんは「太田さんが演じたアルパチは、予想以上にパワフル。新しい“スパイス”が加わり、いい味が出ていると思います」と絶賛。ブラウン役の齋藤彩夏さんは「アルパチは、太田さんご本人のようなキャラクター」と語りました。

司会者からおしりたんていの印象について聞かれた太田さんは、

「おしりたんていの人気はウワサには聞いていましたが、実際に見てみて、子どもにウケるのは納得しました。僕らが小さい頃も、“おしり”“おなら”とか、そういう言葉が大好きだったから。

子どもたちに大人気のおしりたんていに参加できたうえに、僕が子どもの頃大好きだった『東映まんがまつり』の作品ということで、光栄でしたね」

と、往年の『東映まんがまつり』の復活を喜んでいました。

子どもにとってパラダイスだった『東映まんがまつり』が29年ぶりに復活!

『東映まんがまつり』の開催は29年ぶり。子ども向けコンテンツがたっぷり楽しめるまんがまつりは、子ども時代の太田さんにとって長期休みの一番の楽しみだったそう。

「夏休みの一番の楽しみは、『東映まんがまつり』と『東宝チャンピオンまつり』。でも、親はどちらか一方しか行かせてくれなくて。なんとかして両方見られるように友達と知恵を絞って、それぞれの親に連れて行ってもらったりしていたね。 『東映まんがまつり』の中で、一番印象に残っているのが、『長靴をはいた猫』。もう、ワクワクしながら観ました」(太田さん)

近年では、日本のアニメーション技術が世界で評価されている反面、アニメ映画から「子どもが気軽に観られる」という点が失われつつあるのでは……と感じていた太田さん。

「ぼくらが子どもだった時代、“アニメ”という言葉はまだ一般的でなくて、“まんが”と言われていたんですよ。アニメがだんだんと難しくなってきて、子どもが気楽に見られる“まんがまつり”が復活したので、親子で楽しく見て頂きたいなと思います」

最近では、男の子をターゲットとした映画と女の子をターゲットとした映画が分かれ、1本の上映時間が2時間に迫る作品が増えています。兄弟姉妹がみんなで楽しめる4本立ての映画は、子育て世代の親にとっても新鮮な構成なのではないでしょうか。

今年の長~い大型連休。家族での過ごし方に迷ったら、4本立ての『東映まんがまつり』がおすすめ。おしりたんていの華麗な推理や太田さんの“熱演”を劇場で楽しんでみてはいかがでしょうか。

『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』

4月26日(金)全国ロードショー

『爆釣バーハンター』『うちの3姉妹』『りさいくるずー』と同時上映

『東映まんがまつり』公式ホームページ

(C)Troll/POPLAR  (C)2019東映まんがまつり製作委員会

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載