子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

トマト缶で作る「簡単冷製レシピ」!手間いらずであっという間に一品完成

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

パスタソースやスープに使えて便利なトマト缶。自宅に常備している方も多いのではないでしょうか。冷製メニューにも温かいメニューにも使えるトマト缶ですが、今回は暑い夏にさっぱり食べられてうれしい冷たい料理にフォーカス。

『kufura』では女性355名にアンケート調査を実施。その結果から、トマト缶を使ったおいしく簡単な冷製レシピをご紹介しましょう。

トマトの冷製パスタ

「茹でて冷やしたスパゲッティの上に、4、5センチに切った水菜を散らし、その上にトマト缶適量、さらに上に油をきったツナをのせる。市販のお好みのドレッシングをかけて食べる。楽だし、あっさりさっぱりと食べられおいしいです」(32歳/主婦)

「フライパンでひき肉とトマト缶を炒め塩胡椒などで味をつけ冷やす。冷やしておいたパスタに絡める」(30歳/主婦)

「トマト缶をツナ缶、玉ねぎ、ニンニクと煮込んで冷やして、パスタの冷製トマトソース」(41歳/主婦)

「トマト缶、たこ、オリーブオイル、塩、バルサミコ酢をよく冷やして、カペリーニ(極細パスタ)と和える」(41歳/主婦)

「フライパンでニンニクを炒め、トマト缶を加えて煮立て、コンソメ顆粒、塩こしょうで味付けする。粗熱をとった後、冷蔵庫で冷やし、茹でたスパゲティと和えたら冷製トマトスパゲティの完成。トマトの酸味と冷たさが暑い夏にぴったりです。ニンニクの味も元気が出ます」(27歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「トマト缶に生クリームと塩胡椒を入れてパスタを入れると、煮込まなくてもトマトクリームパスタができる」(30歳/主婦)

トマトと言えばイタリアン。というわけで、パスタにトマト缶を使ったレシピを挙げた回答が数多く集まりました。トマト缶をニンニクなどと煮詰めることなく、缶から開けてすぐにパスタに和える簡単レシピを実践している方もたくさんいましたよ! 暑くてキッチンに立つのが億劫な日に助かりそう。

トマト&夏野菜の冷製スープ

「夏野菜のトマトスープ。好みの夏野菜をトマトソースで煮込む。その後、冷たく冷やす」(47歳/主婦)

「トマトの冷静スープ。ニンニク、塩、ゆでたジャガイモ、レモン汁を加え、ミキサーで滑らかにして冷蔵庫で冷やす」(37歳/主婦)

「人参・玉ねぎ・ニンニクなどの野菜を炒めて冷ましてミキサー等で細かくして、あらかじめ冷蔵庫で冷やしたトマト缶の中身を出して、粉チーズ、コンソメの素、パセリ(バジル)を加えて、味を調えたら“冷製トマトスープ”の完成」(35歳/主婦)

「トマトとセロリとキャベツとにんじんを入れたスープ。冷めてもおいしい」(28歳/総務・人事・事務)

「玉ねぎ、ピーマン、ズッキーニのみじん切り、ツナ缶、きのこをトマト缶で煮込んだコンソメスープを冷やし、豆乳で割ったトマトクリームスープ。トマトでさっぱりだけど豆乳でコクも出て美味しい」(45歳/主婦)

冷製スープなら、トマトのほどよい酸味も相まって暑い日に食しやすいですね。ミキサーで口当たり滑らかにするもよし、ゴロゴロと野菜の存在感を残すもよし。冷蔵庫で冷やしておけば、夏バテ防止にいいかも。

うどん・そうめんのトマトつけ汁

「コンソメと煮て冷やして、うどんやそうめんのつけ汁に」(37歳/主婦)

「トマト缶と麺つゆを混ぜ、茹でたそうめんにかける。その上に千切りにした大葉をのせる」(41歳/主婦)

「トマト缶には火を通し、めんつゆとませて味付け、そうめんや冷や麦にかける、つける」(47歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「そうめんのつゆをあらかじめ冷やしておき、その中にトマト缶のソースを入れるだけで、いつものそうめんが違います。めんつゆとトマトの意外な組み合わせに舌鼓を打つはずです」(30歳/主婦)

「オリーブオイルとニンニクを軽く炒め、冷たいトマト缶と混ぜて冷やす。素麺を食べる時にツユにつけて食べる。イタリアン素麺が合う」(50歳/その他)

「トマトとツナ缶と胡麻油を合わせてそうめんを和える」(29歳/その他)

トマト缶をそうめん、うどんのつけ汁にする方も少なくありません。トマト缶とめんつゆを混ぜるだけなら、手間もかからず、イタリアンな味付けを楽しめますね。

 

kufuraでもおなじみ料理研究家・沼津りえさんの「トマトの万能だれ」も、とっても簡単&絶品! 参考にしてみてくださいね。

酸味がさわやかな煮込み料理

「夏野菜たっぷりのラタトゥイユは、冷蔵庫で冷やしておけば、食欲のないときでもおいしく食べられる」(60歳/その他)

「野菜たっぷりラタトゥイユ。作り置きして、毎日の付け合わせにぴったり、また夏バテ効果もあり。スープにリメイクすることも可能、さっぱりして美味しい」(28歳/総務・人事・事務)

「トマト缶で白菜を煮る。好みで豆板醤を入れて煮詰めて冷やす」(57歳/主婦)

「サバの水煮の缶詰としょうがと一緒に煮るとさっぱりして、サバの臭みもなくおいしい」(24歳/その他)

夏野菜たっぷりの煮込み料理、ラタトゥイユに活用する人も。たくさん作り置きしておけば、お弁当や副菜に助かりそうですね。トマト缶を使えば、煮込み料理の味付けも簡単に決まりそう。

kufuraで連載中の【プロが教えるおうちイタリアン】では、ラタトゥイユの作り方を紹介! 夏野菜がゴロゴロ入ったラタトゥイユは、冷やしても美味しいですよ。

その他

「トマト缶と冷やしたコンソメスープを混ぜて、ご飯にかけてお茶漬け風に。新しい味でサッパリしておいしかった」(38歳/主婦)

「トマト缶適量をビールと混ぜて飲むと爽やかで意外においしい」(38歳/公務員)

その他には、トマトの冷製お茶漬けや、ビールとトマトジュースを混ぜ合わせたカクテル、レッドアイもトマト缶で……といった回答がありました。どれもハズレのない味のようです!

 

蓋を開ければすぐに使えるトマト缶は、なるべく手短に調理を済ませたくなる暑い日にはもってこいの食材。ご紹介したレシピを参考に、夏料理のレパートリーにうまく活用してみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集