子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

おつまみ以外でも!「サラミ」で絶品、使い方無限大なアレンジレシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

おつまみとして人気の「サラミ」。ですが、“買ったはいいけれど、ずっと残ってしまいがち……”という人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回『kufura』では20代から50代の既婚女性262人に「サラミを使ったアレンジレシピ」を伺いました。早速、回答を見ていきましょう。

さっぱり+肉肉しさが旨い!サラダ

「サラミのシーザーサラダ。サラダの上に薄く切ったサラミを乗せるだけです。シーザーサラダのドレッシングと合って、とても美味しいです」(31歳/主婦)

「サラダ。サラミ・リンゴ・レタスを使う、彩りのきれいなサラダです。リンゴの甘酸っぱさとサラミのほどよい塩気が絶妙にマッチ」(45歳/その他)

「サラダの上のトッピングにします。薄くして千切りにすると、ベーコンビッツのようになるので」(39歳/主婦)

「大根とサラミのサラダ。大根は縦にマッチ棒状に切り、サラミも同様に切る。ボウルに入れ、オリーブ油大さじ1をからめ、レモン汁と塩、こしょう各少々を混ぜる」(38歳/その他)

「サラミはポテトサラダとスモークチーズと混ぜて食べると絶品! 塩加減とかもサラミが出してくれるので手間いらず!」(22歳/営業・販売)

「サラミを細かく刻んで、オリーブオイルとレモン汁であえて、ドレッシングにする」(35歳/総務・人事・事務)

サラミのほどよい塩気とコクは、サラダやドレッシングにベストマッチ! ベーコン感覚でシーザーサラダに入れたり、ハム感覚でポテトサラダに入れるレシピが票を多く集めました。

旨味がじんわりと溶け込む!スープ・シチュー

「野菜スープにベーコンのかわりに入れます。味がしっかりしているから、味わい深いおいしい野菜スープができます」(43歳/主婦)

「コンソメ野菜スープにウインナー代わりに入れます。旨みが凝縮しているので、スープに入れても味がぼやけることなくおいしいです」(35歳/主婦)

「ミネストローネやチャウダー風スープ、中華風のスープなどに細かく切って投入。少しでもアクセントになるので便利」(55歳/主婦)

「刻んでクリームシチューに入れると、程よい塩味でおいしいです」(54歳/その他)

「トマトシチューに入れます。夫の好物です」(52歳/主婦)

スープやシチューに入れると、サラミの旨味が溶け込んで格段に美味しく! 洋風・中華はもちろん、味噌汁などの和風にも合いそうです。

パン・ごはん・麺などなんでもOK!炭水化物

「ピザトースト。ピーマンはヘタと種を取り除き、3mmの輪切りにします。ケチャップ、マヨネーズ、すりおろしニンニク、ハーブミックス、黒こしょうを混ぜ合わせます。食パンに有塩バターを塗り、ピザソースを塗ったらサラミ、ピザ用チーズ、混ぜ合わせた具材をのせます。アルミホイルを敷いた天板にのせて、オーブントースターで5分ほど焼き完成です。サクサクしていておいしいです」(43歳/主婦)

「チャーハン。焼き豚の代わりに入れると、いつもと違った味わいになり、美味しいです」(27歳/営業・販売)

「お米、ミックスベジタブル、サラミ、ケチャップ、コンソメのもと等をいれて炊飯器で炊くと洋風パエリアのできあがり」(41歳/主婦)

「サラミのナポリタン。ウインナーの代わりに使うだけですがサラミの旨味と歯ごたえがたまらない、普通のナポリタンよりグッと深みのある味わいになります」(57歳/主婦)

「色々な野菜と一緒に細かく刻んで、お好み焼きに入れて洋風お好みにしたら美味しかった」(56歳/主婦)

「細かく刻んでお好み焼きのトッピングに。ピリっとした辛さがアクセントになる」(57歳/営業・販売)

ピザによく使われるサラミは、炭水化物との相性がGOOD! ピザトースト、パエリア、チャーハン、パスタ、お好み焼きなどにお肉の代わりとして使いましょう。サラミアレンジのバリエーションが無限に広がりそうですね。

熱々で旨ウマ!炒めもの

「細切りにして玉ねぎやキャベツなどと一緒に炒める、野菜炒め。手軽で美味しいです」(20歳/学生・フリーター)

「もやし炒め。塩コショウで味付け。野菜不足解消になります」(49歳/総務・人事・事務)

「じゃがいもと炒めてポテサラミ。塩胡椒で味付けすればジャーマンポテトのようになります」(34歳/その他)

「サラミとキャベツを、コンソメで味を調えた炒めものにします」(57歳/その他)

「片栗粉で溶かして八宝菜のようにすると、とろみも柔らかさもあっておいしい」(20歳/学生・フリーター)

サラミは、野菜炒めのお肉代わりとしても◎! サラミの凝縮された旨みが野菜を美味しく仕上げます。また、ジャガイモと合わせて炒めれば、ジャーマンポテト風にも。筆者もぜひ試してみたい一品です。

手軽にもう一品!卵焼き

「野菜オムレツの中にウィンナーの代わりに入れます。塩気もあるので味がパキッとしまってくれる! ピザに乗せるのに飽きた時に使います」(31歳/その他)

「卵焼き。小さく刻んで卵でとじます。燻製した厚切りベーコンを入れたみたいに美味しいです」(53歳/その他)

「サラミは卵焼きにいれるとイタリア風でおいしい」(49歳/主婦)

メイン料理がちょっと寂しいという時は、サラミを卵と合わせて、ササッともう一品作っちゃいましょう! トマトやチーズなどを入れたスパニッシュオムレツ風な卵焼きは、子どもにも喜ばれそうですね。

やっぱりお酒といただきたい!おつまみ

「サラミとキュウリをスライスして交互に挟みます。歯応えと塩見がマッチして、いいおつまみになります」(32歳/その他)

「サラミを刻んで茄子とチーズとフライパンで揚げる。ビールに合うおつまみが出来ます」(25歳/総務・人事・事務)

「春巻きの皮に、チーズと大場を巻いて揚げる」(39歳/その他)

「餃子の皮に、サラミとチーズをのせて焼く」(30歳/その他)

「海老やブロッコリーと一緒にアヒージョ。サラミを入れることで味もつき、彩りもよくなります」(23歳/その他)

「ハッシュポテト。細かく刻んで短冊切りにスライスしたジャガイモと多めの油でカリッと。ソーセージの時が多いですが、つまみで残ったサラミを使っても作ります」(51歳/その他)

お酒と相性抜群のサラミは、アレンジしてジューシーなおつまみに! 生野菜と合わせたサッパリ系からチーズやオリーブオイル、ニンニクなどといただくコッテリ系まで。ついつい箸が進んでしまいそうですね。食べ過ぎ&飲み過ぎには注意を!

 

いかがでしたか? 常温で保存ができ、長期保管も可能な「サラミ」。こんなに美味しそうなメニューができるなら、おうちにひとつ常備しておいても良いかもしれません。

家にサラミが余っている方は、ぜひ今回のアンケート調査を参考にアレンジレシピを楽しんでみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集