子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ご飯にもパンにもあう!「お好み焼きソース」が中途半端に余ったときの意外な活用レシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

とろみのある甘さがやみつきになる、お好み焼きソース。マヨネーズとの相性も抜群で、家でお好み焼きをする際には欠かせないものですが、それ以外での出番がなかなかないのが勿体無いですよね。

そこで『kufura』では女性434人にアンケートを実施し、「お好み焼きソースの意外な活用レシピ」を聞いてみました。そこで判明したのは、“お好み焼きソース”ラバーズが実はかなりいるということ。ソース愛溢れるアレンジが続々と登場します。

ご飯派orトースト派!?

うなぎや焼き肉のタレでご飯が進む、というのと同じ発想で、お好み焼きソースを直接ご飯やトーストにかけて、お好み焼き気分を味わっている人が結構いる、という驚きの結果が出ました。目玉焼きや豚バラをのせるなど、アレンジも充実。

あなたはご飯にかける派、パンにかける派、どっちですか!?

ご飯×お好み焼きソース派

「ご飯にかけて食べる。普通に甘くて美味い」(30歳/学生・フリーター)

「炊き込みご飯の味付けで使います。コクがあって美味しいです」(36歳/総務・人事・事務)

「おにぎりに薄く塗る!」(43歳/コンサルタント)

「焼き飯です。ただし、しっとり派焼き飯です」(51歳/主婦)

「ご飯のうえに鰹節、青のり、マヨネーズ、ソースをかけるとお好み焼き風になり美味しい!」(31歳/総務・人事・事務)

「肉玉ライス。白ごはんの上にふりかけ、目玉焼き、肉をのせ、お好み焼きソースとマヨネーズをかけて完成です。ご飯なのにまるでお好み焼きの味がして不思議な感覚です」(21歳/学生・フリーター)

「ご飯に焼いた豚バラなどをのせて、お好み焼きソースやマヨネーズをかけてたべるのもオススメです」(16歳/学生・フリーター)

「天カスを温かいご飯にのせて、その上からお好み焼きソースをかけると美味しい!」(50歳/デザイン関係)

ソースの甘さで、ご飯が進むこと間違いなし! 炊き込みご飯の味付けで使うというのも新発想でした。色々な具材を入れても美味しく頂けそうです。

トースト×お好み焼きソース派

「食パンに塗って、お好み焼き風トーストにする」(23歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「食パンにチーズをのせ、マヨネーズとお好み焼きソースをかけて食べる。美味しいです」(41歳/その他)

「トーストした食パンに塗って食べたりします。鰹節、青のり、マヨネーズなども一緒にのせるとお好み焼きのようで更に美味しいです」(32歳/その他)

「食パンを1センチ角に切り、グラタン皿に盛ってとろけるチーズとお好み焼きソースをかけ、オーブンで焼いて食べると美味しいです」(60歳/その他)

「コッペパンに野菜やハムを挟んでかける」(48歳/総務・人事・事務)

トーストにソースのみ塗るシンプル派もいれば、マヨネーズや鰹節、青のりものせる本格派まで、どれもソース愛がひしひしと伝わってくるレシピが出揃いました。

えびせんべいやポテチに塗っても相性抜群!

「えびせんべいにお好み焼きソースとマヨネーズをつけて食べる! 何枚でも食べれてしまいます!」(28歳/総務・人事・事務)

「おせんべいにつけると甘辛い味が合って美味しいです」(19歳/学生・フリーター)

「ポテトチップスにつける」(34歳/主婦)

「スライスチーズに塗って、電子レンジで約1分。ソースチーズせんべい」(45歳/総務・人事・事務)

えびせんべい、おせんべい、ポテチなど、お好み焼きソースはお菓子との相性も抜群! スライスチーズで作るソースチーズせんべいも美味しそうですね。

ほかにも、「餃子の皮をピザのようにソースを塗って上にチーズなどのせて焼いて食べる」(30歳/営業・販売)という人もいました。

卵料理にかけて、いつもとは一味違う味に

「オムレツにかけるケチャップに少量混ぜると、少し酸味が抑えられて甘さが増す」(57歳/営業・販売)

「オムレツ。出来上がったオムレツに、マヨネーズとお好み焼きソースをかける。その上から鰹節をかける。一味違ったオムレツの味が楽しめる」(35歳/その他)

「卵焼きにマヨネーズと一緒にかける」(21歳/学生・フリーター)

「目玉焼きに天かすとお好み焼きソースをかけると、いつもと違う味が楽しめる」(31歳/総務・人事・事務)

「豚肉のキムチ炒めとチーズを薄焼き玉子で巻いて、お好み焼きソースをかけて食べます。キムチの辛味とチーズのコクとソースの甘味で美味しいです」(54歳/その他)

「野菜を炒めて卵でとじてソースをかけ、天かす、青のり、鰹節などをのせる。孫もいっぱい食べます」(61歳/その他)

「卵を薄く焼き、そこに炒めた千切りキャベツをのせ、ソースをかけて卵で包む」(52歳/主婦)

野菜と卵で作るお好み焼き風おかずは、簡単にできてボリューム満点。食べ盛りのお子さんたちにも喜ばれそうです。天カスを入れることで、より本格さが増して美味しくなりそうです。

揚げ物と相性よし!

「チキンナゲットのソースとしてつける。美味しいです」(29歳/金融関係)

「フライドポテトにかけて食べると、美味しくてどんどん食べてしまう」(19歳/学生・フリーター)

「フライドオニオンにソースとしてかける。香ばしくておいしい」(43歳/その他)

「残った唐揚げを細かく切って、マヨネーズ、お好み焼きソースと和えます。サンドイッチの具に合います」(57歳/営業・販売)

「天ぷらにつけて食べる」(45歳/主婦)

「魚のフライにマヨネーズとお好み焼きソースをつけると案外うまいです」(61歳/主婦)

「天ぷらの衣に混ぜて揚げる。つゆ無しでパクパク、ご飯に合う」(51歳/その他)

「チキンカツやとんかつのソースとして。すりごまを混ぜて使うと美味しい」(44歳/主婦)

ナゲットやフライドポテトのお供といえばケチャップやマスタードが定番ですが、お好み焼きソースが加わることで味の幅が広がりそうです。

ラーメン、餃子のタレ…その他こんなものにも

「ラーメンに入れるとコクが出て美味しい。味噌も醤油も合います」(32歳/主婦)

「お餅を焼いて食べる時につけるタレに使う。けっこう美味しい」(23歳/その他)

「豆腐につけると、けっこう美味しい」(48歳/主婦)

「餃子のタレとして使う。意外に合う」(30歳/総務・人事・事務)

少数派の回答でしたが、どれも意外だけど美味しそうな組み合わせばかりで、一度は試してみたいものです。

サラダのドレッシングに活用!

「刻んだキャベツを塩揉みし、お好み焼きソース少しとケチャップ、マヨネーズにタバスコを加えたソースで和えたコールスロー。本当に冷蔵庫に何もないときに作ります」(43歳/出版・マスコミ関係)

「ポテトサラダにちょい足し。味がしっかりする」(39歳/その他)

「ポテトサラダにかけて鰹節をプラスする」(51歳/その他)

「シーザードレッシングと合わせて、サラダにかける」(33歳/その他)

「切り干し大根を薄味で仕上げ、食べるときにお好み焼きソースをかけて、紅ショウガをトッピングして食べると焼きそば風でおいしく、ダイエットにも役立ちます」(64歳/その他)

「蒸し野菜にかける。結構美味しいし、野菜が沢山たべられます」(48歳/総務・人事・事務)

お好み焼きソースさえあれば、意外と味が決まる、とポテトサラダや蒸し野菜のドレッシングとして重宝している人も多いようです。マンネリになりがちなドレッシングの新たな救世主となる予感。

 

いかがでしたか。他にも、カレーやハンバーグ、ミートソースの隠し味に使うなど様々な活用レシピがありました。ぜひ冷蔵庫の片隅で眠っているお好み焼きソースを使って、いろんな料理に挑戦してみてください。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集