子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「カップ焼きそば」ちょい足しアレンジ…やみつき味変が続々!濃厚追いソース派、納豆派も!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

新年を迎え、慌ただしかった毎日にひと区切りついた頃。年の瀬やお正月にたくさんご馳走を食べた反動なのか、無性に“カップ焼きそばが食べたい!”と思ったこと、ありませんか? そこで、『kufura』では男女415人に「カップ焼きそばが美味しくなるちょい足しアレンジ」を尋ねました。

ど定番のマヨネーズが圧倒的人気!プラスαでより美味しく

「マヨネーズ。まろやかな風味になる」(男性/33歳/会社経営・役員)

「マヨネーズとからし。酸味と辛みがいい感じ」(男性/45歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「マヨネーズとニンニク!スパイシーで食欲モリモリ!」(男性/53歳/金融関係)

「マヨネーズとラー油。味にコクと辛みが加わってやみつきです」(男性/60歳/金融関係)

「マヨネーズと七味を加えると、コクが深くなる」(男性/50歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「からしマヨネーズと粉カツオ。マヨネーズの酸味、からしの風味、粉カツオの香りが食欲を増します」(女性/59歳/主婦)

アンケートに協力してくれた415人中、マヨネーズと答えた人は135人と圧倒的な支持を得ました。理由は「マヨネーズが麺と絡み、パサパサ感が消えて美味しくなる」(男性/37歳/営業・販売)、「旨味が増す」(女性/29歳/その他)、「味が変わって飽きない」(女性/29歳/総務・人事・事務)、「クリーミーな味になる」(男性/47歳/その他)などさまざま。お好みでからしやラー油、ニンニクなどをプラスすれば、バリエーションが広がりますね。

わさびやタバスコなど、ピリ辛調味料がアクセントに

「からしを加えると、大人の味になる」(女性/37歳/主婦)

「わさび。ピリッとして美味しくなる」(男性/47歳/その他)

「一味唐辛子の辛味で食欲が増す」(男性/31歳/その他)

「七味唐辛子。ほどよく辛くなり、食欲が増す」(男性/30歳/公務員)

「カレーパウダーで、ほんのりカレー風味の焼きそばに」(女性/49歳/学生・フリーター)

「タバスコを入れるとパンチが出る」(女性/24歳/営業・販売)

「食べるラー油。風味と辛味が入って美味しくなる」(男性/29歳/その他)

「山椒。ピリッとする」(男性/37歳/会社経営・役員)

「柚子胡椒。パンチが出る」(男性/59歳/企画・マーケティング)

「ブラックペッパーを適量入れると、ピリッとくる辛さがソースの味を引き立てる」(男性/69歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「酢と黒胡椒。さっぱりして風味がさわやか」(男性/42歳/その他)

「マジックソルトで味に深みが加わる」(男性/25歳/学生・フリーター)

「クレージーソルトの塩辛さがビールに合う」(男性/55歳/その他)

「コチジャン。味に深みが出る」(男性/77歳/その他)

定番のからしはもとより、わさび、山椒、タバスコ、ブラックペッパーといった辛み調味料を加えれば、パンチがきいた大人の味わいに。ビールがすすむことうけあいです。

バターや醤油など身近な調味料で味変!濃厚Wソース派も

「バターを加えると風味が口の中に広がり、洋風焼きそばみたいになって美味しい」(女性/70歳/主婦)

「バター醤油。バターの風味でまろやかになる」(女性/60歳/その他)

「マーガリンの塩気が焼きそばに合います」(男性/72歳/その他)

「醤油を入れると旨みが増す」(女性/54歳/主婦)

「ウスターソース。濃厚になる」(男性/57歳/営業・販売)

「オイスターソース。コクのある味わいになる」(男性/65歳/その他)

「オタフクソース。まろやかになる」(男性/58歳/研究・開発)

「オリーブオイル。食べることへの背徳感が薄れる」(男性/45歳/研究・開発)

「ごま油をかけると香ばしくなるし、麺がほぐれて食べやすい」(女性/63歳/金融関係)

「ガーリックパウダーをかけると、麺と絡んで食欲が倍増する」(男性/45歳/営業・販売)

バターを加えて洋風テイストにしたり、ごま油をかけて香ばしく仕上げたり、いつも使っている調味料をちょい足しするだけで、味の変化が楽しめます。添付のソースをかけた上に、さらにソースを加えるという“Wソース派”も目立ちました。濃厚な味わいが好評です。

紅ショウガや漬物でさっぱりと

「紅ショウガ。彩がよく、箸休めになる」(男性/67歳/その他)

「紅ショウガ、天かす、ソーセージを加えると、味がバラエティーにとんで本格的に」(男性/70歳/その他)

「紅ショウガと炒めたネギを入れると、味が絡んでうまい」(女性/51歳/主婦)

「ショウガをパラパラとふりかけて混ぜる。焼きそばのソース味に、ショウガの辛さがほどよく相性がいい」(女性/43歳/主婦)

「練りショウガを混ぜる。辛さと酸っぱさの融合が好きです」(男性/53歳/その他)

「白菜漬けを入れると、カップ焼きそばの味がマイルドになります」(女性/73歳/主婦)

「福神漬けをつけるとピリッとして美味しい」(男性/43歳/コンピュータ関連技術職)

「刻んだラッキョウを加えると、味がさわやかになる」(男性/78歳/研究・開発)

「キュウリの漬物。脂っこさを中和して、後味をさっぱりめにしてくれる」(男性/49歳/コンピュータ関連技術職)

焼きそばに紅ショウガは欠かせない存在。さっぱりして、味が引き締まるという声が多く寄せられました。刻んだラッキョウや、白菜やキュウリの漬物を入れてもいいですね。

風味豊かな海苔、旨味凝縮かつお節、揚げ玉の食感も人気

「青海苔。磯の風味が良い」(女性/40歳/主婦)

「海苔の佃煮。海藻の風味で美味しい」(女性/50歳/総務・人事・事務)

「焼き海苔を加えると香ばしくなる」(女性/70歳/主婦)

「味付け海苔を入れると美味しくなる」(女性/41歳/主婦)

「揚げ玉と野菜ふりかけ。歯ごたえが出て飽きない」(女性/53歳/その他)

「のりたまのふりかけ。風味が良くすごく美味しくなります」(男性/61歳/総務・人事・事務)

「かつお節を入れると、出汁の味がして上品な美味しさになる」(女性/34歳/主婦)

「かつお節。麺とよく絡み、旨味が格段にあがる」(女性/29歳/主婦)

「かつお節とマヨネーズとワサビ。ワサビはマスタードと違う辛さで結構良いです」(男性/44歳/会社経営・役員)

「塩焼きそばには、かつお節とワカメ。魚介系の旨味が加わり、より美味しくなる」(男性/45歳/その他)

おなじみの青海苔だけじゃなく、佃煮や焼き海苔など、磯の風味豊かな海苔も大人気。かつお節を加えれば、魚介の旨味で美味しさが格段にアップしますね。揚げ玉やふりかけを混ぜれば、歯ごたえある食感が楽しめます。

卵のアレンジいろいろ!納豆やキムチとも相性抜群!

「生卵を入れると、麺に卵が絡んでまろやかな味になる」(男性/59歳/その他)

「目玉焼きをのせる。秋田のB級グルメ“横手焼きそば”のようになって美味しいから」(女性/21歳/その他)

「卵の薄焼きをのせ、オムソバのようにする。味に変化が出るし、ソースの味の濃さをほどよく緩和してくれる」(女性/19歳/学生・フリーター)

「煮卵。焼きそばソースが煮卵とよく合い、おつな味に」(男性/59歳/その他)

「納豆を加えて、健康的な焼きそばに」(男性/72歳/金融関係)

「納豆とキムチ。納豆が麺とよく絡んで味がまろやかになる」(男性/54歳/コンピュータ関連技術職)

「キムチを入れる。辛味と白菜のサクサク感がいい」(女性/44歳/研究・開発)

「メンマ。コリコリ感がいい」(男性/49歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「チーズを加えると、まろやかさがソースとあって一段と美味しくなる」(男性/30歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「粉チーズをふりかけると、コクが出て美味しさが増す」(女性/45歳/その他)

「豆腐を入れるとまろやかになる」(男性/42歳/総務・人事・事務)

「おろしとろろ芋。ネバネバ食感とソースの味が絡み合い、まったりとした味わい」(男性/45歳/その他)

目玉焼きをのせて“横手焼きそば”風にしたり、オムソバ風に仕立てたり、卵のアレンジはいろいろ。納豆、キムチ、チーズといった発酵食品とも相性抜群です!

お肉やシーフードを加えてリッチに楽しむ

「焼き肉を入れると、豪華になって本格的に」(男性/72歳/その他)

「豚肉を加えると、本格的な風味が味わえる」(男性/45歳/コンピュータ関連技術職)

「ハムを混ぜると、肉が増した感じがする」(女性/46歳/主婦)

「ベーコンを加えるとジューシーになる」(男性/38歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「ウインナーを入れると、ソースに旨味が加わる」(男性/42歳/その他)

「ミミガー。食感がいい」(男性/21歳/その他)

「ソーセージを1本そのまま入れます。味の調和がよく、満腹感が増します」(男性/45歳/その他)

「ツナを入れると、魚介の旨味が加わる」(女性/35歳/総務・人事・事務)

「シーフードを加えて海鮮風に」(男性/30歳/営業・販売)

「干しエビを入れると風味が良くなる」(女性/60歳/主婦)

「じゃこを混ぜる。カルシウムたっぷりのおいしい栄養食」(男性/64歳/公務員)

「駄菓子のイカフライを入れると、食感がいい」(男性/60歳/公務員)

「塩焼きそばに明太子。パスタのようになる」(女性/41歳/その他)

「塩焼きそばには塩辛が合う」(男性/49歳/総務・人事・事務)

「とろろ昆布。取り除けなかった水分を吸い込んでくれて、焼きそば感が増す」(男性/50歳/学生・フリーター)

カップ焼きそばに焼き肉やシーフードを入れれば、グッと豪華な一皿に。ボリュームも増して、満足感がありますね。とはいえ、カップ焼きそばにそこまでは……という人は、ハムやツナ、干しエビなどを活用すれば、手軽にちょっと贅沢な味わいが楽しめますよ。駄菓子のイカフライを混ぜるというアイディアも面白いですね。

健康を気遣って、たっぷり野菜で栄養満点!

「野菜炒め。ボリューム感が増し、野菜がとれるので、栄養の偏りが多少改善されると思う」(男性/55歳/その他)

「キャベツ。野菜のシャキシャキ感を味わえる」(男性/26歳/コンピュータ関連技術職)

「キャベツやモヤシなど、炒めた野菜を混ぜると本格的になる」(男性/60歳/コンピュータ関連技術職)

「レンジでチンした千切りキャベツを混ぜて食べると、野菜取れてるなぁと感じる」(女性/66歳/主婦)

「細ネギをいっぱい入れます。とても香りが良く、健康的な感じがします」(男性/61歳/営業・販売)

「九条ネギを入れると美味しさが増す」(男性/64歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「生セロリでシャリシャリ感アップ」(男性/48歳/その他)

「オニオンスライス。歯ごたえが良くなる」(女性/64歳/総務・人事・事務)

栄養の偏りを考えて、野菜をふんだんに使うという健康志向派も多数。キャベツ、モヤシ、ネギなど、シャキシャキした歯ごたえが絶妙です。

インスタントコーヒーにウーロン茶!? 驚きの活用法

「ソース味のカップ焼きそばに、炒飯を入れる。即席そば飯になって美味しい」(女性/32歳/営業・販売)

「レトルトカレーは良く合う」(男性/37歳/営業・販売)

「インスタントコーヒー。カップ麺では味わえない、ソースを焼いたような香ばしさがする。ある意味本当の焼きそばに近づく」(男性/62歳/その他)

「お湯をウーロン茶にかえると、すっきりとした味わいになり、独特の臭みが消えます」(男性/38歳/コンピュータ関連技術職)

「柑橘類の果汁を加えると、さっぱりして美味しくなる」(男性/49歳/その他)

炭水化物×炭水化物の“即席そば飯”……禁断の美味しい組み合わせですね! カロリーは気になりますが、がっつり食べたいときには最高です。インスタントコーヒーは意外な気もしますが、香ばしさが増すのは納得。お湯ではなくウーロン茶を使うという発想も驚きです。柑橘系果汁でさわやかに仕立てるのも新鮮ですね。

 

いかがでしたか? マヨネーズやからしといったおなじみの調味料にひと工夫加えたり、インスタントコーヒーやウーロン茶を活用したり、試してみたくなるアイディアが満載でしたね。普通に食べても十分美味しいカップ焼きそばですが、ちょい足しで味の変化を楽しみながら、自分好みのアレンジを追求してみるのも一興です。

 

 文/杉森美絵

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。